くせ毛の方は毎朝鏡を見てどうにかして欲しい!
と思っているのではないでしょうか。

まっすぐサラサラな髪に憧れる事もありますよね。
石鹸シャンプートリートメントをすると良いと良く聞きますが、
くせ毛には治せるくせ毛と治せないくせ毛があるという事を知っていますか?

くせ毛の治し方を調べてみました。

くせ毛ってなに?

2016-06-25b

まず敵を倒すには相手を知る事という訳で、
くせ毛がどういう理由からくせ毛なのかという事を知っておく必要があります。

まず遺伝的なくせ毛という物があります。
これはもうほとんど治らないくせ毛ですね。

遺伝的くせ毛の1つは毛根がまっすぐでない事からくせ毛になっている物です。
毛根が斜めになっているので最初から曲がって生えてきている訳です。

もう1つのタイプがタンパク質の結合がズレて繋がっている為にくせ毛になってしまっている物です。

次に後天的なくせ毛です。
後天的なくせ毛は治る可能性が高いくせ毛です。

後天的なくせ毛の1つは髪を構成する成分が不均等になっている物です。
髪の毛は柔らかいタンパク質と固いタンパク質が組み合わさって作られていますが、
これが不均等になっているとくせ毛になります。

湿度でくせ毛度が変わりやすいのがこのタイプのくせ毛です。
もう1つが頭皮が荒れている場合です。
頭皮が荒れて毛根が元々まっすぐだったのに詰まってしまったり
歪んでしまっている場合などは頭皮の状態が落ち着けばくせ毛が改善される可能性が高いと言えます。

くせ毛に良い石鹸シャンプーって?

巷では石鹸シャンプーがくせ毛に良いと言われています。
これは頭皮が荒れている方のくせ毛に効果があるという事だと考えられます。


この方の呟きの通りですね。
普通のシャンプーのほとんどには界面活性剤などの添加物が入っています。
肌が敏感な方はこれらの添加物に肌が強く反応して炎症を起こしてしまい、
頭皮が荒れてしまうのです。

髪を洗った後にシャンプーを完全に洗い流してしまえばそうでもないのですが、
なかなかそうもいきません。

よくシャンプーの香りがすると言いますが、
あれはつまりシャンプーの成分が残っているという事なのです。

肌が荒れれば毛穴の状態も悪くなり、
生える向きも不均等、そうなると髪の栄養も偏って
髪の成分も不均等になってウネウネし始めてしまいます。

石鹸シャンプーは洗浄力は強いまま肌に優しいので良いという訳です。
ただし、石鹸シャンプーも洗い残しが多いとやっぱり良くないので注意が必要な事と、
アルカリ性なのでタンパク質を溶かしてしまう為髪に良くないという本末転倒な部分があります。

そこで石鹸シャンプーの後にクエン酸で作ったリンスで
トリートメントする事で髪の状態を良く保てるという事です。

髪を健康にしてくせ毛を治す

頭皮に問題はなくても後天的にくせ毛になる方に考えられるのが
髪に必要な栄養が足りてなくて髪の生成が上手く行っていないという場合です。
食生活が偏っている事が考えられます。


こんな症状もあるようです。
それでは髪の毛に必要な栄養素は何でしょうか?

一番に考えられるのはタンパク質です。
なにしろ髪の毛の成分のほとんどはタンパク質で出来ています。

そしてビタミンです。
ビタミンは基本的に身体の新陳代謝のバックアップを行う栄養素で、
これが足りないとたちまち新陳代謝が滞ってしまいます。

次に亜鉛です。
亜鉛は髪に大事な成分と言われていて抜け毛を抑制すると言われています。

更にオメガ3脂肪酸です。
オメガ3脂肪酸は髪の乾燥や頭皮の乾燥を防ぐ役割をします。
具体的に食品で言うと、卵、ナッツ類、海草類、青魚などが良いようです。

くせ毛が治った人は何で治ったの?

2016-06-25c

くせ毛が治ったという方の口コミを探してみました。


この方によると洗い流さないトリートメントの「TSUBAKI」が良いとの事です。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

他に探してみたら同じような意見の方がいらっしゃいました。


もちろんその方の髪の状態にもよりますが、効果があるという方が結構多いようです。

また、最近はくせ毛専用のシャンプーやトリートメントもあり、
それぞれ効果が出ている方も見掛けます。

くせ毛のタイプは人によって様々なので、
何よりも自分に合った治し方を見つけるのが一番でしょう。

自分のくせ毛がどのタイプかを掴んで、
効果がありそうな方法を試してみてください。

根本的に治す方法は効果が出るまで数ヶ月単位で時間が掛かるので、
すぐに諦める事なく、根気よく続ける事も大切です。

TSUBAKI オイルパーフェクションのお求めはこちら