肌が荒れたり髪が荒れたりするのはその理由の多くが
アルカリ性に偏るからとも言われています。

その為、疲れ果てた髪の若返りのためにはシャンプー後に
弱酸性のクエン酸のヘアスプレー等を使うと良いと言われています。
手作りのヘアスプレーですっきり爽やかサラサラの髪になりましょう。

髪が傷む理由

2016-04-28b

髪が傷む理由は複数あります。
ヘアカラーやパーマ、海やプール、
更にはブラッシングや洗髪さえも実は髪を傷める要因となります。

なぜかというととても単純な理由です。
それは髪を刺激するからです。

どんなものでも刺激すれば少しずつその組織は削れてしまいます。
再生する肌などとは違い、
髪を守っているキューティクルは一度破壊されると元に戻らないと言われています。

そのため、刺激を掛け続ければ髪は傷むのです。
また、アルカリ性に偏ってしまっても傷みます。
髪はタンパク質と脂質と水分とメラミンで出来ています。

その内実に8割以上がタンパク質です。
これらの組織の上をキューティクルがウロコ状に覆って守っているというのが髪の状態です。

そしてこのキューティクルの成分もタンパク質です。
アルカリ性の物はタンパク質の結合を切断してバラバラにしてしまう性質があります。
肌や髪がアルカリ性に偏るとタンパク質の崩壊が始まって髪や地肌が傷んでしまうのです。

クエン酸とは

では、クエン酸とは具体的に何なのでしょうか?

クエン酸は梅干しやお酢、
レモンやオレンジなどの柑橘類などに多く含まれる成分で人体にとって大切な成分です。

人体がエネルギーを生成する場合クエン酸サイクルという仕組みを使っています。
クエン酸サイクルという名前からも分かる通り、
このエネルギー生成の仕組みはまず最初にクエン酸から始まります。

つまり人体にクエン酸が不足するとエネルギーの生成が上手く行かなくなるのです。
また、疲労物質である乳酸を分解してエネルギーに還元出来るのも
このクエン酸サイクルなので、クエン酸が足りないと疲労が溜まり続けるという事になります。

要するにクエン酸は体内に摂取する事でも美容や健康に効果のある成分と言えるのです。
ただし今回のように髪のケアとして考える場合はまた違った意味合いがあります。
頭髪にとってはクエン酸が身体に安全な弱酸性物質である事が需要なのです。

髪を大切にするとアルカリ性に偏る

市販のシャンプーの多くが界面活性剤を使っているという事は知っている方も多いと思います。

界面活性剤は油を分解する強力な力を持っています。
食器洗い洗剤に界面活性剤が入っているので油汚れが綺麗に落ちますよね。

もちろんこれは汚れを綺麗に落としてくれるという事でもあるのですが、
その余波として髪や地肌も傷めてしまいます。

そのため、髪を大事にしようとする方の多くは石鹸水を利用して髪を洗っています。
問題はこの石鹸水がアルカリ性であるという事です。

アルカリ性の石鹸で髪や地肌を洗うと当然髪や地肌はアルカリ性に偏ります。
アルカリ性はタンパク質を破壊するので放置すると髪が傷んでしまう事になってしまいます。

それを防止するのに石鹸水のシャンプーの後に
クエン酸のリンスやヘアスプレーを使うのです。
中には石鹸水も使わずにお湯だけで髪を洗う方もいらっしゃるようですが、
この方達もクエン酸リンスを使っているようです。


肌も髪も弱酸性に保つと健康な状態に維持出来るという事なのです。

簡単クエン酸のヘアスプレーの作り方

それでは最後に、髪を若返らせてサラサラにしてくれる
ヘアスプレーの作り方を説明しましょう。

【材料】

精製水
150ml
クエン酸
大さじ1杯
グリセリン
小さじ1杯
精油(好みで)
数滴
スプレーボトル
1本

【作り方】

  1. グリセリンと精油を混ぜる
  2. スプレーボトルに精製水30mlとクエン酸を入れて混ぜる
  3. 1.で作った液体もボトルに入れて混ぜる
  4. 最後に残った精製水120mlを入れて混ぜたら完成!

まずは精製水を150ml程用意します。
精製水はとてもお手頃価格でて新居t¥れることができます。

見た目はこんな感じですね、わからない場合はネットでも売っています。

他に必要なのはクエン酸大さじ1杯、グリセリン小さじ1杯、精油(好みで)を数滴です。

グリセリンと精油をあらかじめよく混ぜておき、
スプレーボトルに精製水30mlとクエン酸を入れてシェイクして混ぜます。

そこへ混ぜておいたグリセリンと精油を入れてまたよくシェイクして、
最後に残りの精製水を入れて混ぜます。
これで出来上がりです。


このように実際に自作して使っている人も結構居るようです。

精油は髪から香るので自分の身体や気分に合った物を使ってみましょう。
シャンプー後の髪にさっと吹き付けてアルカリ性に偏った髪を弱酸性に保ち、
髪の若返りを体験してみてください。