首の後ろが痛いと感じて、肩こりかも?と思っていたけれど、
ある日突然鼻血が出てそれがいつまでも止まらない。

そんな症状が出た人は、高血圧の可能性があります。
高血圧症は本人にはほとんど自覚がなく、
それでいながら放置すると大きな病の元となるやっかいな症状です。

一度病院で診察をしてもらってお医者さんに相談しましょう。

首の後ろが痛い

2015-05-25b

首の後ろの痛みが酷い場合、
考えられるのは高血圧による肩こりです。
高血圧症で首筋の血行が悪くなって
肩こりで首の後ろが痛いという事がよくあるからです。

血液の流れが悪い事によるコリによって、
高血圧症の人は首の後ろが酷く痛むという症状が出やすいらしいのです。

とは言え、肩のコリは誰にでもある事で、
例えば悪い姿勢で長時間過ごす人などにも同じような症状が出ますし、
首の後ろが痛いから高血圧だ、という事にはなりません。

ただし、高血圧症の人が
首の後ろが痛くなる肩こりを起こしやすいのは確かなので、
首の後ろがずっと痛かったりした時には、血圧を測ってみると良いかもしれません。

高血圧症は自覚症状がないので、発見がしにくいのですが、
そういったちょっとした事で自覚出来れば、
早く対処が出来て、大病になる前に治療する事が出来ます。

鼻血が出る

鼻血によって心配される病気はいくつかありますが、
普通にたまたま鼻血が出てすぐ止まった、
という場合ならあまり心配する事はありません。

しかし、これが何度も繰り返したり、
なかなか止まらずに大量に出血したという場合には注意が必要です。

何度も鼻血が出るという場合には、
白血病や、特発性血小板減少性紫斑病という病気が疑われます。

どちらも危険な病気なので、もし何度も鼻血が続くようなら
病院で詳しい診察を受けてください。

何度も鼻血が出たりはしないけど、
たまたま出た鼻血が大量出血してしまってびっくりした。

という場合には高血圧症が疑われます。
高血圧症は段々血管が硬化してもろくなっていく病気です。

そのせいで鼻血が出やすくなる事もあります。
そして、高血圧症の特徴として、出血すると大量出血になってしまうのです。

同じように血管がもろくなる病気に動脈硬化症があります。
どちらにせよ、おかしいと思ったら病院に行くべきでしょう。


高血圧と鼻血が関係しているとは初めて知りました。
筆者の私は生まれてこのかた鼻血が出たことないのは低血圧だから…?

首の後ろの痛みについてはこちらの記事もご参考に♪

サイレントキラーと呼ばれる高血圧症

高血圧と聞くと、知り合いの人もそう言ってたなと思う人もいるかもしれません。

なにしろ、治療を受けている人だけでも約781万人もいるとされているからです。

それだけ多くの人が罹っている病だと、
そう大した事ではないように思うかもしれませんが、
高血圧症は自覚症状がほとんどないまま密かに進行して、
血管がボロボロになっていき、
動脈硬化心筋梗塞、脳卒中の原因となる恐ろしい病なのです。

その為、高血圧症はサイレントキラーと呼ばれているぐらい
恐れられている病気なのです。

高血圧症は、いわば常に血管に圧力をかけ続けている状態です。
例えば途中まで膨らませた風船より、
ぱんぱんに膨らませた風船の方が割れやすいというのは分かると思います。

この負荷により、血管は徐々に蝕まれていくのです。
また、心臓や血管などの他にも
毛細血管に囲まれた脳や腎臓に重大なダメージが起きる場合もあります。

2002年までの腎不全の原因の第3位は、高血圧などによる腎硬化症となっています。

首の痛みはこちらの記事も参考にしてみてください(*^^*)

心配しすぎなぐらいが丁度いい

2015-05-25c

首の後ろが痛いとか鼻血とかで
病院へ行くなんて恥ずかしいと思うかもしれません。

しかし、検査してみなければ分からない事は沢山あります。
それに血圧だけなら、病院にいかなくても、
最近は銀行の待合室などにも血圧計が設置してあったりしますよね。

ああいった所を利用したりして、気軽に測る事も大切です。
とは言え、血圧は常に変動していますので、1度高かったからと言っても、
必ずしも高血圧とは言えない所があります。

気持ちが落ち着いてリラックスした状態
測るようにされているのはその為です。


参照:楽天市場

リラックスして測定するには自宅が一番です。
比較的安価で血圧測定器が販売されているので
こういったもので毎日血圧を測って記録しておくといいかもしれませんね。
オムロン 血圧測定器のお求めはこちら

1回測って血圧が高かったから高血圧かも?と
病院に行って大丈夫だったとなると、それもまた恥ずかしいと思うかもしれません。

しかし、病院の看護士さんに顔を覚えられるぐらいが
むしろ丁度いいかもしれませんよ。

よく言われる事に、病院にまったく行ったことがない
健康そのものだった人がいきなり亡くなられて、
いつも病院に行っていたお年寄りが長生きをしているという事があります。

少々心配しすぎなぐらいが健康に長生きするコツなのかもしれません。