首の後ろに痛みを覚えたら脳梗塞になるサインの可能性アリ!?
首の後ろが痛いという症状が続く場合は念のために病院を受診しよう!

最近になって増えてきている若年性の脳梗塞に陥る可能性が高い人の特徴とは?

脳梗塞になるとどういう症状やリスクがあるのかを徹底的に解説します!
脳梗塞に陥りやすい人と首の後ろに感じる痛みとの関係性について。

急増する若年性脳梗塞とは

2015-06-02b

通常、脳梗塞と聞くと中高年の人に多いイメージを抱く人が大半だと思います。
最近では比較的、若い世代の人にも脳梗塞を発症する人が増えてきています。

20代から30代の若い世代が発症する脳梗塞のことを
若年性脳梗塞と呼びますが、
その多くは脳の血管の一部が詰まる事によって引き起こされています。

通常、人の身体の中には血管が張り巡らされており、
その中を血液が流れることによって全身に栄養酸素を供給しています。

しかし、食生活や生活習慣が乱れたりストレスを感じたりすると、
血管内を流れる血液がドロドロになって血流が悪化してしまいます。

また、ドロドロになった血液は血管の内壁にこびりついて血管を狭くしたり、
それが剥がれると血栓となって全身を巡っていきます。

この血栓が大きい場合、脳にある細い血管に到達すると
血管内で詰まってしまい、血液の流れを塞き止めてしまう事になります。

その結果、脳の中で血液循環が上手くいかず
脳梗塞を発症してしまうのです。

そのままにしていると脳細胞がドンドン破壊されていき、
場合によっては後遺症が残ってしまうケースも考えられるので注意が必要です。

ちなみに若い人が発症する若年性の脳梗塞の主な原因として
考えられているのは脂質コレステロールの多い食生活
睡眠不足のような生活習慣の乱れや日々の生活で感じているストレス等が挙げられます。

ストレスが与える影響についてはこちらの記事をご参考に♪

上記に挙げた食生活の乱れや栄養の偏りなどに心当たりのある人は
体の酸化防止や脳の活性化を促すビタミンEなどが含まれた
青汁やサプリなどを食事に取り入れておくとよいでしょう。

食生活自体を全て変更するのはなかなか抵抗もあり大変なものです。
なのでサプリなどを加える方法が気軽にできて人気なようです。
健康だけでなく美容にも効果があるのでお得ですしね

首の後ろに痛みを感じたら要注意!?

最近では若い人の間でも若年性の脳梗塞を発症する人が増えてきています。
その兆候としてよく見受けられるのが首の後ろの痛みです。

脳梗塞を発症した人の中には、
症状が現れる直前に首の後ろが痛いという感覚に陥った人が数多く居ます。

中には首こりの症状と判断して大げさに考えない人も居ますが、
首の後ろに痛みを覚えたら脳梗塞のサインかもしれないので注意が必要です。

実をいうと若年性の脳梗塞に陥ってしまった人の中には、
激しい運動や動作によって首の後ろを打ったり
捻ってしまったことがキッカケで脳梗塞を発症した人も居ます。

若年性脳梗塞の原因でもっとも多いのが脳動脈の解離です。
脳動脈解離は脳の動脈の内壁が何らかの原因によって剥がれてしまい、
血管から剥がれてしまった内壁が血管を詰まらせて脳梗塞を引き起こしてしまうのです。

激しい運動や動作をすると血管の内壁を剥離させてしまう事があるので、
これが若い人の間で脳梗塞が増えてしまった主な要因だと考えられています。

首の後ろの痛みはほとんどの人が首のコリだと判断してしまうため、
気付かない内に症状が進んでしまうケースが大半を占めています。

そのため、もし首の後ろに少しでも違和感痛みを覚えたら
すぐにでも病院を受診するのがオススメです。

まずはストレッチなどで改善されないか様子をみてみるのも良いですよ♪

首の後ろの痛みについてはこちらの記事でも詳しく紹介しています(*^^*)

脳梗塞の兆候を感じた場合の対処法

2015-06-02c

脳梗塞の兆候を感じた場合は一刻も早く病院を受診して
適切な検査や治療を受ける事が大切です。

脳梗塞の兆候としては代表的なものとして首の後ろが痛い、
原因不明の頭痛、めまいや突然視界の片側が見えにくくなる、
物が二重に見える、相手の話す言葉の意味が理解できなくなる、
ろれつが回らなかったり上手く言葉が出てこなくなるなどの症状が挙げられます。

また、そのほかにも手足がしびれたり動かし難くなる、
足がもつれて転んだり、何も無いところで転ぶ、
一度に2つ以上のことが出来なくなる、物忘れが酷いなどの症状が
2つ以上現れたら脳梗塞の疑いがあるので注意が必要です。

もしもこれらの脳梗塞の兆候を感じたら、
なるべく頭を動かさないようにして病院へ行き、
医師の診察を受けることが大切です。

ちなみに若年性脳梗塞の死亡率については大体、
15%ほどだと言われているので何よりも早期発見が命を救う為の鍵となります。