首が前に飛び出した体勢で癖が付いてしまっている、
いわゆる首猫背という状態になると、
その無理な体勢のためにいびきをかきやすい体質となってしまいます。

そんな状態を改善する為には首猫背の状態から関節や筋肉を開放する運動が必要です。
簡単に作ったり手軽に購入出来るグッズで首猫背を改善していびきを改善しましょう。

首猫背って?

2016-05-29b

猫背というのは良く聞きますが、
首猫背と言うのは割と最近聞くようになったのではないでしょうか。

もしかしたら聞いた事がない、
初耳という方もいらっしゃるかもしれません。
実は猫背にはこの首猫背と腰猫背という2種類があり、
首猫背の方は普段顎が胸より前に出ている姿勢となっている方の事を言います。

この姿勢というのはなかなか自分では分からないものなので、
友達などに写真を撮ってもらうと良いかもしれません。
この首猫背は別名ストレートネックと言って、
首の頚椎部分がまっすぐになっている状態の事です。

まっすぐなのに猫背?と思うかもしれませんが
この頚椎がゆるくカーブを描いている状態が正常な状態で、
それで首と顎が引っ込み身体がまっすぐになるのです。

また、このカーブが首に掛かる衝撃を逃がしてもいるので
これがまっすぐだと首や頭に常に負担が掛かっている状態になってしまいます。

写真以外の判別方法として、
背中を壁に付けた時に身体をまっすぐに伸ばしても無理をしないと
後頭部が壁に当たらない方はこの首猫背と思って良いでしょう。

原因としては長年の姿勢の悪さや視力が悪くて前かがみになりやすいなどの
生活習慣の積み重ねというのが多いようです。

首猫背だといびきをかく?

顎や首に歪みがあると寝ている時に
鼻呼吸が出来なくなり口呼吸になってしまうようです。
そしてまっすぐ仰向けで寝ると気道が塞がってしまうため呼吸が苦しくなり、
いびきをかいてしまいます。

そう、実はいびきは呼吸困難になって必死で息をしようとしている状態なのです。
首猫背である、枕が合ってない、太っている、などは上を向いて眠ると自然に
息が詰まりいびきをかくようになってしまう場合が多いと言われています。

いびきは本人には分からないので一緒に寝ている方に
教えてもらわないと気付かないままという事もあります。
最近はいびきを記録するアプリなどもありますので、
気になる方はそれらを使って自分で確かめてみるのも良いかもしれません。

首猫背改善の矯正グッズで簡単ストレッチ

巷には首猫背矯正用のグッズも結構あるようです。
専用の枕などでいびきも改善出来るとも言われています。

こちらの枕は真ん中がくぼんでいて両端に高さがありますので、
コロンと横向き寝になるようにサポートしてくれます。
仰向けより横向けは気道が塞がりにくく、いびきをかきにくいと言われていますね。

でもわざわざ買わなくても手軽に家庭にある物で作れる物を利用する事も出来ます。
そんなグッズの作り方を説明します。

まずはバスタオルを用意します。
これを縦に半分に折り、更に横に半分に折ります。
これをぎゅうぎゅうにきつく巻き込んで行きます。
きっちり巻き込めたら両端をヒモで縛り、解けないようにしましょう。

これで手作りの首猫背矯正枕の出来上がりです。
それではこれで簡単なストレッチを行ってみましょう。

この枕を首の下に入れて、うなずく動作、
そして横に首を振る動作をそれぞれゆっくりと繰り返し
寝る前などに両方を10セットぐらい行うと良いようです。
動画がありますので、こちらを観るとより分かりやすいかと思います。

注意として枕を使って違和感が大きい方は使うのを止めましょう。
また、子供さんが使うのは危ないので使わないようにしてください。
首に強い負担が掛かるのは危険なので
おっかなびっくり及び腰ぐらいでやるのが良いでしょう。

首猫背になりやすい環境

2016-05-29c

今は勉強や仕事のほとんどが机で行うものばかりです。
それ以外でもスマホをいじっている時は下を向いていたり、
更にそれをベッドの上で体育座りでやってしまったりと、
背骨や首の骨には常に下向きに負担が掛かっていると言って良いでしょう。

私達は滅多に上を見上げる事をしません。
下を向いて生活するという社会の環境が出来上がってしまっているのです。

ですからたまには星を探してみたり、花火大会で花火を見上げたり、
雲を見上げて色々な形を探してみたり、
そんな事を楽しむ時間を作ると、首の筋肉や関節も骨休めが出来るのではないでしょうか。

気持ちも身体もそういったゆとりによってほっと出来るのかもしれません。
お仕事ばっかりバリバリやってしまっていては身体も気持ちも疲れすぎてしまいます。
ちょっとブレイクタイムが必要ですね。