肩こりで悩む人多いのですが、要注意なのが首こり。
首こりが重病に繋がっていたりするんです。

早めに対処しないと超危険!な事態になっているかも。

首こりから起こるいろんな症状や病気について、詳しく説明します。

吐き気があった時はもしかして危ない事になっているかもって、
早めに対処出来るようにしてくださいね。

首こりってなぜなるの?

2015-03-12-02b

欧米人に比べて日本人って、肩こりを経験している人が多いんだそうです。

それに欧米には肩こりって言葉はないんだとか。
日本人の場合、90%以上の人が経験しているっていうのに!

首こりも一緒です。
それって悲しいかな欧米人に比べると
日本人の体型って・・・頭でっかちだからなんです。

頭の大きさは約 5kg もあるのに、この大きさに比べて身体が小さい。
頭を直接支えているのは首なので、その首の負担がとっても大きいんです。
だから筋肉疲労を起こしやすいんですね。

それに姿勢が悪くて猫背の人が多いんです。
猫背になると頭が前に出てバランスが悪くなるので、
首周りの筋肉が緊張して、血液の循環が悪くなってしまいます。

血液の循環が悪くなると、筋肉に酸素が運ばれにくくなったり、
老廃物を追い出したり出来なくなって、筋肉が硬くなってしまうので、
首こりになってしまうって訳です。

でも猫背だけが原因ではありませんよ。
パソコンなどを同じ体勢で何時間もしていたり、
首を冷やしてしまっていたり、
昔に事故などで首を痛めてしまった経験があったりしても、起こりやすくなります。

デスクワークなど長時間同じ姿勢で作業される場合は
このような姿勢矯正のグッズを使用するようにしましょう。

最近では沢山種類が出ていますし、非常に簡単に購入することができます。
姿勢が変わって猫背が改善されれば自然と首こりや肩こりもなくなります。

首こりで起きる症状や病気って?

2015-03-12-02c

首こりによって引き起こされる症状は、吐き気だけではありません。

硬くなった筋肉が首の周りの血管を圧迫して、
脳へ酸素が運ばれにくくなってしまいます。

この結果頭痛がしたり、イライラが続いたり、めまいを起こしたり、
集中力が低下したりするんです。

これらは不定愁訴って呼ばれていて、
原因がはっきりしない事が多いんですが、
首こりが原因だったりする事もあるようです。

でも怖いのが、脳への血流が悪くなって、
脳梗塞などを起こしてしまうかも知れない事です。

それに実際は凝っているんじゃなくて、
首が硬くなって曲げにくかったり痛くなったりする、
首こりと間違えやすい症状の病気があるんです。

髄膜炎では首が痛くなり板のように突っ張ってる感じがして、
うつむく事が出来なくなります。

くも膜下出血でも首筋が凝ったような感じがするようです。
脳の病気は一刻を争うものがたくさんあります。
たかが首こりと侮ってはいけません。

吐き気はなぜ起きる?

気分が悪い時に、吐いてしまう事が出来ればスッキリするのに、
吐けなくてモヤモヤしているのって余計に辛いですよね。

この吐き気ってなぜ起きるか知っていますか?妊娠したら?

まあそれもありますが、普通に食べ過ぎや飲み過ぎ
それに乗り物酔いでも起こりますよね。

病気では、胃炎自立神経失調でも起こりますが、
やっぱり怖いのが脳の病気です。

吐き気は、脳の延髄という部分にある、
嘔吐中枢が刺激されると起こるんです。

これは脳の中の圧が高くなる頭蓋内圧亢進でも、
刺激されるので、さっき書いた脳梗塞髄膜炎
くも膜下出血脳腫瘍なんかでも吐き気はおきます。

不定愁訴からくる吐き気だったら、
首のまわりをほぐしてみると良くなるかもしれないけど、
脳の病気の時はほぐしたくらいでは治りません。


疲れなどから来る場合でも、はっきりとした原因がわからないので
困ってしまいますよね(*_*)

吐き気と一緒にしびれなどがあった時には、
早く対処してとりあえず病院へ急いで!

首こりはこちらの記事でも詳しく説明しています(*^^*)

首こりを侮らないで、おかしいと気付いたら即病院!

首こりの原因や首こりで起こる病気、
吐き気が起こる訳などを説明してきましたがどうでしょうか。

ただの首こりだって思っていたのに、吐き気が出てきた時には、
放っておかずに早めの対処が必要だってわかってもらえましたか?

吐き気は嘔吐より軽い状態です。
嘔吐が続くようになると
病気によっては、超ヤバい事態になっていますので、
吐き気の段階で急いで病院へ行ってくださいね。

それから、首こりは猫背にならないように姿勢を正すとか、
同じ体勢を長時間取らないとか、首を冷やさないようにする事で、
悪化しないように出来ます。

肩こりと同様、1 日に何回かストレッチや体操をすると、
予防や改善も出来ちゃうんです。

脳への血流が悪くならないように、頑張ってストレッチしましょう。