今のデスクワークはそのほとんどがコンピュータを使う物になり、
ほぼ同じ姿勢で強い光を出す画面を見つめ続けるという仕事を
毎日行うようになっています。

その為、増えて来ているのが首こりです。
首がずっと緊張し続ける事によって、その筋肉が凝ってしまい、
それが頭痛にまで及んでいる人が増えているのです。

これを解消する最も手軽で有効な方法がエレキバンによるコリの解消です。

首こりとはどういう物?

2015-06-08b

首こり肩こりは似ているようで少し違います。
首こりを感じる人の多くは、
首筋から首の付け根にコリを感じていると思います。

一方で肩こりを感じる人の多くは
肩甲骨周辺にコリを感じているのではないでしょうか。

昔は肩こりが多く、今は首こりが多く見受けられるのは、姿勢の問題だと思われます。

昔は書き物の為に机にかぶさる形で作業をしていました。
この時に緊張する筋肉は下がった頭を支える肩です。

しかし、今はコンピュータの画面を見つめている為、
正面を向いた状態での緊張を強いられます。
このため、首の筋肉が緊張して凝るという訳です。

ではなぜ筋肉が緊張すると痛みがあるのでしょうか。
筋肉が長時間緊張を強いられると、それが強張りになります。

こわばっている筋肉は動く為に大きな力を必要とします。
凝っている部位を動かすと痛いのは、その負担が痛みとして感じられるからです。

また、筋肉の間には神経血管が通っています。
普段は筋肉はポンプのような役割をして、血の流れを助けています。

しかし、筋肉が強張ってしまうと、
そこで血管は半ば栓をされたような状態になります。
神経も同じで、これらが慢性的な痛みや痺れの原因となるのです。

首こりについてはこちらの記事も参考にしてみてください(*^^*)

コリは運動で治してはダメなのか?

コリは運動で解す物であり、肩こりは揉んで治す物、
そう思っている人は多いでしょう。

しかしそれは、凝らないようにする為の方法であり、
凝ってしまった部分の治し方ではありません。

首が凝って痛い、という場合、それは大きな負担によって
首の筋肉が悲鳴を上げている状態です。

運動や揉むという行為は、
その負担を更に上乗せするという事に他なりません。

一時的に血管が拡張して血流が回復して気持ち良くなっても
すぐにまた状態が戻ってしまうのが意味の無い証拠です。

実の所、意味がないどころか、悪化させている場合すらあるのです。
傷んだ血管や筋肉に運動や揉む事で大きな負担を掛け、
却って血管や神経、筋肉を傷付けてしまう可能性があります。

揉んだりストレッチをした後に、
その部分が酷く痛くなった事はありませんか?
それは傷が出来てしまったという事です。
危険なので、決して素人判断で行わないようにしてください。

こちらの動画では整体院の方が簡単にできる
首こり解消ストレッチを説明してくれていますので
参考にしてみてくださいね(*^^*)

整体院の方が教えてくれるものなら安心して
ストレッチをおこなえますよね。

エレキバンの効用

エレキバン磁気を発する作用によって血流を良くすると言われています。

参照:楽天市場
なぜ磁気で血流が良くなるのでしょう?
これについての詳しい仕組みはまだよく分かっていませんが、
物質の多くには磁性があり、磁気を帯びています。

それは血液の中の物質も同様で、
その磁気を帯びた成分にエレキバンの磁気が作用して
停滞していた血液が動きを生じる為に
血流が良くなるのではないかと考えられます。

そもそも血管は筋肉に完全に押しつぶされている訳ではなく
細々ながら流れがあります。

これが完全に押しつぶされていたら
その部分は壊死するはずですから大変です。

この流れが悪い状態の為、
筋肉が緊張状態で作り出す物質などの廃棄が上手く行かず
筋肉のコリが解消されないと考えられます。

つまりエレキバンは磁気で血管内を掻き回している訳です。
私達がコーンスープの缶からコーンが出てこない時に
缶を振るのと同じような事だと思えば良いかもしれません。

ピップ エレキバンのお求めはこちら


みなさんここぞというときにエレキバンを活用しているようですね(*^^*)

首こりを避ける為に

2015-06-08c

首こりは酷くなると後頭部などの痛みや頭痛を伴うようになります。
これは血流が上手く流れてない事、神経が圧迫されている事、
更には大事な神経が集中している首の骨部分にも
首の筋肉のコリの影響が出ている可能性もあります。

こんな風になるともう仕事もままならなくなってしまいます。
エレキバンで解消するというのはもちろん大切なのですが、
それ以上に首の筋肉を凝った状態にしない事が大切です。

それには首の筋肉を長時間緊張状態にしない必要があります。
同じ姿勢で仕事をする場合、途中途中で軽く運動をするようにしましょう。

運動と言っても激しいものは必要ありません。
筋肉の緊張を解すのが目的ですからむしろ激しい物は害になります。

軽く肩を上げ下げする事、ゆっくりを首を動かす事、
出来れば、首をリラックスさせるために
首に巻く枕のような物があると良いかもしれません。

その際はくれぐれもそのまま寝てしまわないようにご注意くださいね。