身体によいといわれているヨガ
でも首ヘルニア対策には
かえって良くない影響をおよぼす可能性があるのをご存知ですか?

確かに腰痛や肩こりなど、身体の疲れやコリには効果があるといわれているヨガ。
でも、首ヘルニア対策として行うと、逆に症状が悪化する可能性も…。

ここでは首ヘルニアでお悩みの方に
その原因や治し方や日ごろできるケアについて、ご紹介していきます。
首ヘルニアを解消して、毎日の生活をイキイキしたものにしていきましょう!

運動は原則NG!

首ヘルニアを改善させるためには、運動は原則NGです。
首ヘルニアの原因は、頸椎の神経圧迫部分に強い炎症を起こしています。
そのため炎症近くの神経は通常よりも過敏になっていて、少しの刺激、
たとえば運動によっても過敏に反応し、悪化する可能性があるのです。

ヨガによって首周辺の筋肉をほぐしていけば、症状が改善する可能性もあります。
確かに多くの運動、スポーツの中でも、比較的運動量が少なく、
身体にかける負担は少ないといえますが、患部にとっては、
どんなに少ない運動や刺激でも、症状を悪化させてしまう可能性があるのです。

自分でできる首ヘルニアの対策は?

首ヘルニアの一番の対策は、「患部(首)に負担をかけないこと」です。
確かにヨガは、身体の疲れをとってくれたりして、
また、ヨガのインストラクターの方に「これは首ヘルニアに効果のあるポーズです」
なんていわれることもあるかもしれません。

でも、首ヘルニアの症状・治療方法は人によってさまざまで、
一様に「このポーズが効く」なんていうことはあり得ません。
「このポーズで首ヘルニアの症状が改善された!」という方は、
たまたま、自分にあったポーズだったのでしょう。
でもそれが、他の人にもあてはまることはあり得ないのです。

首ヘルニアの自分でできる一番の対策は、「首片腕まわりが痛む動作を極力控えること」です。
首ヘルニアは4カ月以上継続する場合を除き、自然に改善されることが多いので
無理な運動や動作を避けることが、重要になるのです。

テーピングも効果ある?

テーピングは首ヘルニアの治し方の方法の一つです。

首ヘルニアの原因の一つに骨のゆがみがありますが、
それを改善させる方法の一つがテーピングです。

首ヘルニアの治療に多く用いられるのは、キネシオテーピングというもので、
筋肉の動きをサポートし、首を本来の正しい姿勢に少しづつ矯正する働きをしてくれます。

その働きで骨の位置を正しく矯正してくれます。
長く時間はかかりますが、首ヘルニアの治し方の一つとして、テーピングは効果が期待できるやり方の一つです。

また、睡眠時にできる首ヘルニアの治し方は、枕の調整です。
市販の枕を購入する方法もありますが、首の状態は日々変わっていくので、
毎日調整することできる、タオルバスタオルで枕を作る方法をおすすめします。

寝ているときに身体に一番負担をかけるのは、背中、肩、首にかけて隙間がある状態の時です。
隙間は各部位に負担をかけて疲れや凝り、また首ヘルニアの症状を悪化させる原因にもなります。

せっかく疲れをとるための睡眠時間なので快適に過ごしたいですよね。
この時に何枚かのタオルで、背中から肩、そして肩から首の隙間を埋めていってください

なぜタオルを使うのかというと、タオル1枚の厚さ単位で高さを調整できるということ。
さらに複数枚使えば、ピラミッド上になって、さらに細かい調節が可能です。

枕のオーダーメイドなどで購入する方法もありますが、経済的事情もあります。
今すぐできる簡単なベスト枕を手に入れる方法として、「タオル枕」をおすすめします。

首の症状についてはこちらの記事もご参考に!

前兆にはどんな症状がある?

激しい運動やスポーツ、その他首に負担になることをしていないのに、
首の痛み違和感、または腕にしびれがあり、
そしてそれが数日続く場合は、首ヘルニアの前兆と考えてください。

首ヘルニアの前兆かどうか、見分けるポイントは、この何もしていない「安静時」という点です。

人間は通常は無意識に身体に負担や痛みのでない姿勢や体勢をとっています。
それにもかかわらず、異変を感じるということは、首ヘルニアの前兆と考えてください。
この時には、痛みや違和感の強弱も関係ありません。
弱い場合にも、異常があると判断してよいでしょう。

その場合は無理にマッサージしたり、動かしたりせず、極力安静に、
首に負担をかけない生活を心がけましよう。

首ヘルニアを発症してしまってからですと、長く負担のある生活が続いたり、
治療や通院が必要になる場合があります。
前兆を感じたら、無理をしない生活を心がけてください。

市販で買える首ヘルニアに効果的なものは?

首の痛みを今すぐ楽にしたい!そこで病院に行かなくても
ドラッグストアなどで簡単に購入することのできる市販薬やグッズをご紹介します。

サロンパスAは湿布タイプのすぐにつかえる市販薬です。

サリチル酸メチルという成分が炎症を沈めます。
また、血行を促進するビタミンEも含んでいます。

凝りや違和感が痛みに代わってきたら、バンテリンをおすすめします。

鎮痛消炎成分である、インドメタシンを配合しています。
痛みが出て間もない時には、冷感タイプ、痛みが和らいできたら、温感タイプを使用してください。

また、首筋専用の市販薬でボルタレンのACローションがあります。

ジクロフェナクトナトリウムは鎮痛消炎成分ですが、浸透性が高いので、
毛が多い部分でもスムーズに広がっていきます。

また、グッズとしては、レンジで温めて繰り返しつけるゆたぽんがあります。

40℃の熱で首・肩を温めてくれるので、お風呂につかっているかのような効果があります。

急な首の痛みや家でのリラックスに、これらの市販薬やグッズを使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 首ヘルニアの症状は人それぞれであり、患部に負担・刺激を与える運動はNG
  • ヨガは比較的刺激の少ない運動だが、首ヘルニアを悪化させる可能性がある
  • 自分でできる一番対策は、「負担をかけないこと」
  • 自分の身体にあった枕は首への負担を軽減させる

今回の内容をまとめるとこのようになります。

身体によいとされていたヨガも、刺激が原則NGな首ヘルニアには、
対策にならないばかりか、かえって悪化させる可能性もあるのです。
場合によっては「たまたま身体に合う」場合もありますが、基本的には避けた方がよさそうです。

首ヘルニアは患部に負担をかけないことが重要です。
その一つが枕選びですが、早めの専門医への受診も重要です。
特に長期的に続く場合は、自然治癒に頼らず、積極的な治療をうけましよう。