肌が弱いと、お化粧どころか日頃のスキンケアも出来ない><
と、悩まれている方も居るのでは?

スキンケアにワセリンを使われている方も多いと思いますが、
ココナッツオイルに変えることで、
ワンランク上のスキンケアが出来る事を知っていますか?

ワセリンって何?

2015-04-30-2b

ワセリンは石油から作られた炭化水素類の混合物から
色素等の不純物を取り除いて生成された物のことを言います。

こちらのような精製度の高いワセリンを皮膚に塗ることで、皮膚表面に油の膜を張り、
角質層の水分の蒸発が防げます。

水分の蒸発を防ぐことで、肌の乾燥予防の効果が得られます。
また、外的刺激から皮膚をまもると云う働きがあるので、
鎮痛・消炎・痛痒の軟膏剤の基剤(薬効成分はないが、薬剤の濃度を整えたりする成分)として使われます。

ワセリンについてはこちらの記事もご参考に♪

美髪・美肌に効果のあるココナッツオイル

ココナッツオイル
ココヤシから作られる椰子油(ヤシユ)の事を言います。
ココヤシの果実(ココナッツ)の
巨大な種の中にある胚乳から、油出精製されます。

ココナッツオイルと言えば、ダイエットに高い効果がある事や
アルツハイマー型認知症に効果がある事から、注目をあびています。

参照:楽天市場
実はそんなココナッツオイルには、
他に美髪・美肌にも効果があるんですよ。

ココナッツオイルには、抗酸化作用という、
酸化を抑制する作用があります。
この抗酸化作用が肌の乾燥を防いで、
しわの予防や改善に効果をもたらしてくれます。

また、髪に使う事で髪にうるおいを与えて、艶やかで柔らかい髪にしてくれます。

ココナッツオイルのお求めはこちら

こちらの記事でもココナッツオイルについて詳しく説明しています(*^^*)

ココナッツオイルの使い方

ここでは、お勧めの使用方法を説明します。

スキンケア

まず、洗顔をします。
(肌に不要な刺激を与えない為に、洗顔後にタオルでごしごし顔を拭かずに、
タオルを肌にあてて水分を吸い取らせるようにタオルを使って下さい)

目の周りにココナッツオイルを塗ります。
量は片目に米粒分くらいです。
(目の周りのしわだけでなく、クマにも効果があります)

顔全体に、ココナッツオイルと塗ります。
量は一円玉大です。
乾燥していると思う場所は、優しく円を描くようにマッサージして下さい。

最期に唇を優しくマッサージします。
(元来が食用ですので、口に入っても大丈夫です。
唇のひび割れにも効果がありますよ。)

ボディケア

入浴後(シャワー後でもOK)は肌が柔らかくなって、
ココナッツオイルの成分を良く吸収してくれます。

乾燥が気になる場所や痒みを感じる場所は必ず塗るようにします。
量は腕で大匙一杯足は大匙二杯

胴体部分は大匙一杯が基本の量ですが、
自分の体型に合わせて、量は調整して下さい。

塗り終わったら15分程で吸収されますので、
その間は湯ざめしないように浴室に居たり、
バスローブを着るなどして、
身体に塗ったココナッツオイルで家具などを汚さないように注意して下さい。

※入浴剤代わりに浴槽に約30gのココナッツオイルを入れて、
週に1~2回入浴するのも、肌の乾燥の改善に効果があります。

入浴後に身体にココナッツオイルを塗るのは、
ちょっと面倒かなと思う人はこちらがお勧めです。

ヘアケア

ココナッツオイルを湯煎で溶かしておきます。
電子レンジだと、ココナッツオイルの成分が壊れる可能性があるので、湯煎がお勧めです。

量は髪の長さによって違いますので、
普段自分が使うコンディショニングヘアパックの量を基準にして
たっぷり目に用意して下さい。

ココナッツオイルを髪全体に付けます。

頭皮ケアも出来ますので、
頭皮にもすりこむようにマッサージしても良いです。
髪全体になじませるのに、櫛を使うと馴染こませやすいです。

髪をシャワーキャップ等で覆う。

最低でも2時間は覆っておきます。
覆っている時間が長ければ長い程効果が期待できますので、
時間に余裕があるなら一晩くらいそのままにしておくと、髪が見違えるように変わります。

髪に付いているココナッツオイルをしっかり落とします。
2~3回、洗ってべたつきが感じられないようにします。

コンディショニング等は不要です。
(ココナッツオイルがコンディショナーになります)

最後に、髪を乾かす。
自然乾燥でも、ドライヤーを使用してもいいです。

こちらの動画でもココナッツオイルの活用法を紹介してくれていますよ(*^^*)

まとめ

Lip balm

私は肌が弱くて、アレルギー性皮膚炎に悩まされる日々で、
お化粧どころかスキンケアも殆ど出来ない状態です。

医師から処方されるワセリン乾燥予防に付けるくらいでしたが
ココナッツオイルの事を知って試しに使ってみました。

入浴剤代わりに使うと、夜痒みで悩まされなくなったり
腫れて痛みに悩まされていた唇の炎症も治まってきました。

一番症状がひどいのが、実は頭皮なのですが、
ココナッツオイルで頭皮のマッサージをするようになってからは症状が改善されてきました。

まだまだ、痒いし痛みにも悩まされていますが、
それでも症状が軽くなってきているのが自分でも分かりますので
ココナッツオイルをこれからも使って行こうと思います。

アレルギー肌トラブルで悩まれている方は、
一度試されてみては如何でしょうか?