子供は大人よりもすごく汗をかきます。
寝汗もたくさんかきます。

その原因と、健康問題あり?
なんていうときの寝汗のかきかた、
寝汗がすごいときでも、
起こさずにできる対処法と寝汗を減らす方法と、
対策に便利なグッズを紹介します!

なんでそんなにも寝汗をかくの?

tiny feet

大人にとっては適温、
もしくはひんやりするくらいなのに
少し遊んだだけで、髪の毛が濡れるほど汗をかいている!
そんな子供の姿、わりとよく見ませんか?

子供は新陳代謝が活発です。
体温も高めです。

そして、体内も水分量も大人と比べると多いですよね。
汗をかきやすい条件が揃っているところに加えて
体温調節もまだまだうまくできません。

大人も子供も、眠っている時は体温を下げようとします。
体温を下げるために汗は出てくるもの。
子供はもともとが高めなので、自然と汗の量も多くなるんです。

そう考えると、寝ている時のパジャマや寝具、
大人にとっては快適なお部屋の温度が
子供にとっては暑いことが多いのかもしれません。

こんな寝汗にはご用心

「子供って汗かくもんね!」
とおおらかな目で見てばかりもいられませんよ。
心配な寝汗もあるんです。

  • 汗の量が普段と比べて格段に多い
  • サラッとしていなく、べたついた汗
  • 顔が赤い
  • 苦しそうな呼吸をしていて、熱がある

これらが見受けられる時は、
病気のサインの場合もあるので様子をよく見て、
心配なときは診察を受けてくださいね。

寝汗をかきやすくなるときは子供だけではなく、
大人も含め、ストレスから自律神経が乱れていることも多いです。

引っ越したときや、保育園や幼稚園に通い始めたとき
いつもそばにいる家族が、
一時的にでも離れてしまったとき・・・。

うまく言えないだけで、ちょっとした環境の変化があると、
子供も不安を抱えて生活します。

子供の前で夫婦喧嘩をした日は、
いつもはしない夜泣きをしたりする、
といった話もよく耳にします。

心の内を上手に明かせない分、
体調に現れるのも子供の特徴と言えるでしょう。

病的なことだけではなく、
寝汗をそのままにしておくことはあせもや、
寝冷えからくる風邪につながりやすいものです。

やっと寝付いた子供を、
なるべく起こさないようにできる対処法をこのあと紹介します!

寝ている子供を起こさずにできる対処法

眠りにつくときはママの抱っこが必須という赤ちゃんにいいのが
寝付くまで背中と肌着の間にガーゼハンカチを1枚入れておきます。

抱っこのときもかなり汗をかくので、
肌着が湿るのをこれで防ぎます。
布団に置く前にすっと抜いてしまいましょう。

頭は汗腺が多いため、汗の量も増えやすいです。
乳幼児の頃は枕ではなく、
普通サイズのタオルを4つ折りにしたものを
枕として代用するといいとも言われています。

こうすると起きるたびに交換・洗濯がしやすいですから、
衛生的で安心ですね。

敷き布団には、あらかじめバスタオルを敷いておくと、
寝汗が気になったときも交換が楽チンですよ。
これはそこそこ大きくなったお子さんにも使えます。

肩周りの冷えは風邪を引きやすくしますから、
パジャマは薄手のもので、
襟ぐりがあまり開いていないものを綿素材を選ぶといいですよ。

赤ちゃんの衣類が
びしょびしょに濡れてしまったときのためにも、
前開きで開け閉めできるものが数枚あると、
寝たまま脱がせて隣に広げて置けて、
赤ちゃんを移動させるだけで済むので便利です。

寝汗対策になるもの

ケーキを買うときについてくる、
小さな保冷剤はかなり使えます。

暑がって寝つきの悪いときには、アイスノンも有効ですよ。


保冷剤やアイスノンが枕元にあるだけで、
周りの空気も若干ひんやりします。

タオルで巻いたりしても、
同じ箇所が冷たくなってくると体から離してしまいますが、
直接肌に触れていなくても、
あると違った!という話を友人が言っていたことがあります。

そして、子供に欠かせない肌着は、
袖のあるものを着せるとワキの汗を吸収してくれるので、
接触性皮膚炎を防ぐ効果があります。

布団を剥がしても蹴っ飛ばしても大丈夫なように、
薄手のパジャマの上から腹巻をしておくと、風邪を引きにくくなりますよ。

夏場にたくさん発売される、
冷感のある素材のタオルや敷きパッドも、
暑がりの子供は好む子もいますし、
特別なものを用意しなくても、
洗いたてのタオルのいい香りは子供をリラックスさせるようです。

食べ物でも改善策があるようです。
参考にしてみてくださいね!

まとめ

2016-11-19c

世の中のお母さんは、
家事や仕事に追われながらも子供が快適に過ごせるように、
と朝から晩まで頭を悩ませていることと思います。

子供がしっかりたっぷり寝てくれる時間があると
その時間は忙しいお母さんのリフレッシュタイムにもなります。

何よりも気持ちよく眠ることは、
子供にとっても心と体を育む上で、
大切な時間となると私は信じています。

寝汗が出ることは悪いことではないのですが、
それぞれに好みの布地や香りがあると思うので、
子供が喜ぶ素材を選ぶのも大切なことだと思います。

頭や顔など吹きやすいところの寝汗は、
ポンポンと拭ってあげると快適さも増すそうです。