食べ物が溢れている今の時代だからこそ、
胃に何かしら不調を感じる人は少なくありません。

胃に関する病気は様々あります。
胃潰瘍や胃がん、そして機能性胃腸症です。

機能性胃腸症は病院で診察を受けていなくとも、
意外にその症状を持っている人は多いです。

今回は機能性胃腸症についてや、
食事で気を付けることをご説明していきます。

機能性胃腸症って?

2015-07-05b

機能性胃腸症とは、以前までは慢性胃炎とも呼ばれていた病気です。
胃もたれや胃に痛みを感じる場合、まずは胃潰瘍胃がんが疑われます。

その際、内視鏡で検査しますが潰瘍でもなくがんでもない場合に
機能性胃腸症となります。

機能性胃腸症の症状とは?

胃潰瘍や胃がんの症状に似ているので、
それに勘違いされやすいのが機能性胃腸症の特徴でもあります。

食べた後、胃がもたれた感じがする、
またはちょっとしか食べていないけれどお腹が苦しくて食べられないなどの症状です。

それ以外にも、食事をしたしないには関係なく胃の痛みを感じたり
胃が妬けるような感覚になったりも機能性胃腸症の症状になります。

こういった症状が発展して、
不眠ストレスを感じるなどにもなることがあります。

機能性胃腸症についてはこちらの記事もご参考に(*^^*)

なんで機能性胃腸症になってしまうの?

機能性胃腸症になってしまう原因は、胃の働きが正常でないことです。
胃の働きが正常でないというのは、
胃の動きが悪かったり胃がかたくなっていたりなどのことを言います。

また、胃から出る胃酸を受けやすい状態になっていることや
ピロリ菌による炎症も原因となります。

機能性胃腸症の時は、こういった胃への刺激を
脳が敏感に感じ取っているから胃への不快感を感じやすくなるのです。

こちらの動画では簡潔でわかりやすく機能性胃腸症について説明されています(*^^*)

症状を悪化させないために食事で気を付けることとは?

機能性胃腸症になってしまった場合、食事で気を付けるべきポイントがあります。

また併せて、胃腸を元気にさせる食事を普段から食べるようにして
機能性胃腸症にならないようにしておくことが必要です。

食事で気を付けるべきポイント

機能性胃腸症になってしまった場合に
気を付けるべき点は、その食べる量です。

機能性胃腸症であるということは、
つまり胃腸の機能が正常に働いていないということ。

だからこそ、量を食べ過ぎてしまうと胃腸に負担をかけてしまい
胃もたれなどを引き起こしてしまうのです。

なので、毎食の量は少ないなと思うぐらいがベスト。
それによって次の食事がお腹が空いた状態で食べることができるのです。

機能性胃腸症になった時に食べるもの

機能性胃腸症になってしまった場合、
胃腸がうまく働いていないので
出来るだけ消化の良い食べ物を選ぶということが大切です。

だからこそおすすめなのが、おかゆです。

おかゆは消化が良いので、風邪の時でも食べられるようなものですよね。
おかゆはただ消化が良いだけではなく、
胃をあたためてくれるという働きもあります。

一度の量は少なめ、はじめの内はただお米を煮るだけにしておき、
段々と調子が良くなってきたと感じたらそこに
野菜などをプラスして栄養を摂るようにしてください。

ジュースクレンズに使われるような
野菜や果物のコールドプレスジューススムージー
流動食のようなものなので、胃に優しいのではないでしょうか?

ジュースクレンズについてはこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

胃を元気にしてくれる食べ物

機能性胃腸症にならないために、
普段から胃を元気に丈夫にしておくことが重要。

消化酵素が豊富に含まれている、やまいもや大根、
かぶなどは胃を元気にさせてくれる食べ物の代表です。

またキャベジンでも有名なキャベツに含まれるビタミンU
ビタミンUは胃粘膜を再生させてくれるので、キャベツもおすすめな食べ物です。

またじゃがいもには胃の炎症をおさえてくれる働きがあるので、
じゃがいもも胃には効果的な食べ物といえます。

まとめ

2015-07-05c

機能性胃腸症になると、食べることによって胃に痛みをともないます。

症状が重くなるほど、食べるのがつらくなりますし
何より胃の痛みは他の作業にも集中できなくなってしまうからこそ、
機能性胃腸症になったらまずは病院で診察を受けるようにしましょう。

薬を処方してもらい、食事を意識することで
機能性胃腸症は改善していきます。