機能性胃腸症は臓器自体には異常が見られないのに
胃腸が機能異常に陥る病気です。

その為、治療も、薬による治療よりも生活改善に
主眼が置かれたものになります。

この病気の性質上腫瘍や炎症のように
はっきりと治ったと断言出来る証左が無く、
長期間症状が出ない事で仮に完治とみなすしかありません。
その為、どうしても治療期間は長くなりがちなのです。

機能性胃腸症とは

2015-07-28b

具体的に機能性胃腸症とはどういう病気なのでしょうか?
症状的には胃もたれや胃の痛み、食欲不振など、
胃潰瘍などが疑われるような症状が発生します。

しかし、胃カメラなどで検査をしてみると
潰瘍はもちろん癌などもなく、炎症も起こしていない

しかし、症状は確かに起こっているという病気です。
具体的には症状が6ヶ月前から続いていて、
3ヶ月以内にも症状が出ている事が条件になります。

この病気は、まだはっきり全容が解明されたとは言えませんが、
精神的ストレスや身体的なストレスによって
自律神経に異常が発生した事が原因とされています。

誤解が生じるといけないのですが、
原因が目に見える形で無いからと言って、
患者さんの気のせいで起こっている病気ではありません。

実際に胃の収縮異常や拡張機能障害知覚障害が発生しているのです。
また、この病気の原因となるストレスは、必ずしも本人が自覚しているとは限りません。

機能性胃腸症の治療とは

機能性胃腸症の治療は主に対症療法と、
ストレスの原因を取り除く事の両面から行われます。

処方される薬はいくつかのパターンがありますが、
消化管運動機能改善薬と言って、
胃腸の機能を健全な状態に近づける薬、
胃酸分泌抑制薬と言って、胃酸の分泌を抑えて、
胃に刺激を与えないようにする薬、
抗不安剤と言って、精神的なストレスを抑える薬です。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

市販でも、こういったストレスに効くというサプリがあります。
ラフマエキスという成分にリラックス効果があり、心が落ち着くのだとか。
寝つきもよくなるとの口コミもあるので、ぐっすり眠れないとか、
イライラしやすいとか、日々ストレスを感じている場合は飲んでみて改善を期待しましょう!
アンチストレス詳細はこちら

その一方で、医師との信頼関係が築けている場合には
プラセボ薬で約半数の患者さんが症状が改善したという記録があります。

プラセボ薬というのは、
本当は治療に効果のない栄養剤などを処方して飲んでもらう治療で、
この事からも、患者さんにいかに安心感を与えるかという事が
治療の重要な部分になる事が分かります。

ストレスの改善の難しさ

精神的ストレスにせよ、身体的なストレスにせよ、
本人が認識している場合はまだ改善の余地があります。

生活を改善して、ストレスから患者さんを開放すれば良いのです。
しかし本人が気付いていないものや、
無意識にその事を考えるのを避けている場合は、
その状態を改善するのはとても難しいでしょう。

また、身体的ストレスの原因が仕事である場合、
ストレスがあるからと仕事を辞める訳にもいきません。

実際には睡眠時間を増やしたり、
食事の仕方を胃腸に負担の少ないやり方に改善するなど
改善が明快な部分からやっていくしかありません。

ただし、対症療法として使用した抗不安剤などによって
ストレスが和らいで症状が改善したという患者さんの報告はよく目にします。

薬によるサポートは全く無駄という事は無いのです。
そしてなにより一番は、信頼して治療を任せられる
病院の先生を見付ける事なのです。

機能性胃腸症のコミュニティ

2015-07-28c

機能性胃腸症のような病気の場合、
肉体的な物ではなく精神的なものだと思うと、
患者さんは更に不安に思ってしまいます。

いつまで治療に掛かるのか、もう治らないのではないか?
そんな思いがどうしても湧き上がってしまうのです。

これを避ける為には、
同じ病気の患者さん同士で相談し合えるコミュニティが必要なのではないかと思えます。

実際に完治した人や、治療が効いて生活に支障が無くなった人など、
どういう治療をして治ったかという話を聞くと、自分もその方法で治るかも?と思えます。

そう思った分だけ治療の効果が上がるという訳です。
この病気の予防としては、
自律神経をコントロールをしているのは脳なので、
脳に負荷を掛けるとこのような自律神経の失調が起こり始めます。

これには強い光を見続けるパソコンの作業や、同じ動作を続ける肉体労働、
また、紫外線を長時間浴び続ける仕事や、
クーラーに長時間あたり続ける仕事なども当てはまるのです。

一説には機能性胃腸症は、胃腸の病気では
一番患者さんが多いのではないかと言われる病気です。

ストレス社会の現代では誰でも罹る可能性のある病気です
脳に負担をかけすぎ無いようにゆとりのある毎日を心がけましょう。