愛煙家にとって、お酒を飲むときに欠かせないのがタバコです。
煙草を燻らせながら呑む一杯は最高に美味しいのですが、
困ったことに煙草を吸うと二日酔いが酷くなります。

禁煙すれば二日酔い予防に効果大だけど、
お酒に煙草は欠かせないのなら、プチ禁煙はいかがですか?

二日酔いはどうして起こるの?

2015-04-17-1b

お酒を飲むと、お酒の主成分であるエタノールが、
体内でアルコール脱水素酵素によりアセトアルデヒトに分解されます。

アセトアルデヒトはさらにアセドアルデヒト脱水素酵素によって酢酸に分解されて
最終的に水と二酸化炭素に分解され体外に排出されます。

お酒を分解する過程の物質である、
アセドアルデヒトは非常に強い毒素を持っています。

お酒(アルコール)を分解する代謝機能は人種や個人で差があるため、
個々人によって分解出来るアルコール量は違います。

有害な物質であるアセトアルデヒトの量が、
分解出来る量を超えて体内にある場合は、
分解出来なかったアセドアルデヒトによる中毒症状が出ます。

飲酒後の頭痛吐き気めまい等の二日酔いは、
この分解出来なかったアセドアルデヒトの中毒症状から起こっている訳です。

こちらの記事でも二日酔いについて詳しく説明しています(*^^*)

喫煙は二日酔いの原因

煙草には、有害物質であるアセドアルデヒトが含まれています。
二日酔いの原因になる、アセトアルデヒトと同じものですから、
勿論二日酔いの要因になります。

お酒を飲むことで、体内にはアルコールを分解する途中で
大量のアセドアルデヒトが作られます。

その上に、喫煙でタバコのアセドアルデヒトを体内に入れるのですから、
二日酔いの原因が増える訳です。

また、二日酔いの予防に効果があるビタミンCは、
煙草を吸うと壊れてしてしまいます。

二日酔いや悪酔いの予防にと、ビタミンCを沢山取ろうと思って
おつまみを食べても、煙草を吸うと効果が期待出来なくなります。

お酒を飲む前の、喫煙から二日酔いに関係する

二日酔いの原因であるアセドアルデヒトは、体内で分解されて排出されます。
ですので、一定時間をあけて喫煙をすれば
体内にアセドアルデヒトは存在しない状態になります。

逆に言えば、体内からアセドアルデヒトが排出される前に煙草を吸うと、
体内のアセドアルデヒトは蓄積されていく訳です。

その為、ヘビースモーカーの方などは、飲酒時にのみ禁煙をしても、
二日酔い予防の効果は、あまり期待できません。

つまり、二日酔いの予防をするのなら、
お酒を飲む日は飲酒の前から禁煙しておく必要があるわけです。

また、飲酒時にのみ禁煙するよりも、
飲酒前に禁煙をしていて飲酒時には煙草を吸うほうが、
二日酔いは軽く済みます。

どうしても、お酒を飲むときには煙草を吸いたいのなら、
美味しい一杯、美味しい一服を想像しながら、
お酒を飲むまで今日は煙草を我慢する、プチ禁煙をされてはいかがでしょうか?


このように、禁煙の効果を実感している方もいますよ♪

そのほかの二日酔いの原因

有害物質のアセドアルデヒトを分解して、
体外に排出する為に、体内の水分を多く使います。

お酒を飲むと、トイレが近くなるのは、そのためです。
そのため、お酒と云う水分を入れている以上に
体内の水分が消費されてしまい、脱水症状を起こす事があります。

飲酒後に喉が異常に渇くのは、脱水状態に陥っているからです。
脱水状態になると、めまい頭痛吐き気がするなど、二日酔いの時の症状と同じです。

脱水症状を予防することで、二日酔いや悪酔いの予防になりますので、
お酒を飲む時は一緒にウーロン茶などを飲んで、
給水を意識的に行うとかなりの効果が望めます。

まとめ

2015-04-17-1c

折角の楽しいお酒も、二日酔いとセットでは楽しさも半減します。
二日酔い予防の為に、禁煙なんてと思うかも知れませんが、
半日ほど煙草を我慢した後の一服は、とても煙草が美味しく感じられます。

メリハリを利かせたほうが、
美味しい一服、美味しい一杯をより楽しむ事が出来ます。
同時に、二日酔い予防にもなりますので、
お酒を飲む日はプチ禁煙をしてみては如何でしょうか?

それでも二日酔いになってしまった場合はこういったサプリがオススメですよ。

一日3本を目安に飲み、アセトアルデヒドを分解し症状を和らげてくれます。
小包装になっているので小分けにして持ち運びやすいのが嬉しいですね。