エクステって髪の毛を自由に変える事が出来て便利だけど、急に外したい!
って思っても自分で外せなかったらちょっと不便じゃないですか?
ケラチンを使う超音波エクステの外し方は、美容院に行く方が良いけど、実は自分でも外せちゃう!
外し方を知っていると、美容院に行けない時とかに便利なので、是非知ってくださいね。

エクステについて詳しく知ってる?

2015-03-19-01b
髪の毛を切り過ぎ「しまった!」って思っても、
「切った毛をつける訳にもいかない」なんて、
仕方なく伸びるまで待つしかなかったのは一昔前。

エクステが登場してからは、
髪の毛の長さなんて自由自在、オシャレの必需品かもしれませんよね。
そんなエクステの基本をちょっとおさらいしておきましょう。

エクステはつけ毛だけど、
ウィッグとは違って、地毛とわからないくらい自然な物。
シャンプーも出来るし、1ヶ月から2ヶ月は持つようになってます。

つけ毛部分の装着の仕方は、

  • 取れにくいけど取りつけに手間がかかる編み込み式
  • コストが安いけど地毛が痛みやすい金属チップ式
  • 装着部が目立たないけどコストが高い超音波式
  • 髪のダメージが少ないけど長持ちしないシリコンキャップ式

など、いくつか種類があるんです。
装着のメリットやデメリットだけでなく、
痛んできたら外さなくてはいけないので、外す時の事を考えて選びましょう。

ヘアケアについては、こちらの記事をご参考に♪

超音波式で使われるケラチンって知ってる?

エクステにいくつか種類がある事をさっき紹介しましたが
最近は超音波式を勧める美容院が多いんだそうです。


有名人もケラチンエクステを使用している人も多いからか、
このように気になっている方もたくさんいるようです(*^^*)
どんなエクステなのでしょうか???

ケラチンエクステは目立ちにくいだけじゃなく、
シャンプーや乾燥が簡単に出来て楽だし、
美容師の人にとっても手間がかからない所が良いとこです。

そして、この超音波式エクステで
接着剤として使われているのが、ケラチンなんです。
1本300円程から高いと800円程になるので、
40~50本程つけるって考えたらちょっとお高くなっちゃうんですが、
ケラチンっていうのは、髪の毛の主成分になっているたんぱく質
髪の毛だけじゃなくって、
爪とか皮膚の角質層なんかもケラチンで出来ているのです。

そんな身体の中にある成分と同じ物を接着剤として使うんだから、
髪の毛に負担がかからなくて痛みにくいって聞くと、なるほど!って納得出来ちゃいますよね。

ケラチンエクステを自分で外す方法は?

超音波式エクステは、
つけ毛の先端にケラチンがチップのようについていて、
超音波を当てると溶けて髪の毛がくっつきます。
もし外したくなった時は、美容院に行くと取り外し専用の液を使います。

エクステをしてもらったお店で取り外しをお願いすると、
安いお値段でしてもらえる場合もあるけど、
違う店で取りつけしたものなら外すのにも結構なお値段がかかってしまう事も。

髪の毛には専用の取り外し液の方が髪の痛みも少なくていいけど、
お金がかかってしまう事や、急に外したくなった時とか、
美容院へ行きにくい時は、思いきって自分で外しちゃいましょう。
ケラチンなら除光液で外せます。

コットンにマニキュアの除光液を多めに浸み込ませ、ゆっくり揉みほぐしましょう。
柔らかくなってくると外れます。
除光液は肌にはあまりよくないので、使い捨ての手袋をはめてね。

でも超音波エクステの接着剤がケラチンじゃない時は、
除光液では外せず悲惨な事になっちゃう場合もあります。
エクステをする時に、美容師さんに接着剤が何かちゃんと聞いておきましょう。

エクステを外すなら美容院が無難!でも自分で外せない事もない!

2015-03-19-01c

髪をロングにしたいと思ったらエクステして、
やっぱりショートが良かったって思ったら外せばOKっていうのは、
とっても便利で魅力的なものですよね。

でも若い頃なら気にしなくても、
年をとってくると髪の毛を大事にしていないと、
薄毛になったり白髪が増えたりする原因になっちゃいます。

ケラチンエクステは髪の毛と同じ成分の接着剤で負担は少ないから、
ちょっとお値段が高くてもお勧めです。

外したくなった時は、
お値段的に問題なければプロに任せるのが一番!
でもお金が・・・という時は、除光液で頑張りましょう。
友達にお願いするのも良いかもしれないですね。

ペンチで接着部をカチカチ挟めば、
早く柔らかくなって外れやすくなりますよ。
ただ、除光液が髪の毛に良いものではないので、
頻繁に使うのは止めた方が無難です( ; _ ; )/~~~