赤ちゃんのカサカサ肌、見ているととってもかわいそう。
何とかしてあげたいですよね。

でも、大人の化粧品を使ってのいいのかしら?
と疑問に思う事はありませんか?

ここでは、乳幼児のカサカサ肌におすすめな、ベビーオイルの使い方をご紹介します。

ベビーオイルって何でできてるの?

2015-10-07b

ベビーオイルは、油分の膜をはることでお肌の水分の蒸発を防ぎ、
赤ちゃんのカサカサ乾燥肌にも効果的です。

使用されているオイルは大きく分けて2つ。
ひとつは【鉱物油】もうひとつは【植物油】です。

【鉱物油】とは石油を精製してつくられたオイルです。
石油と聴くとなんだか体に悪い、刺激が強いような気がしますが、
しっかりと分留精製し、不純物は取り除かれています。
私たちが使っている多くの化粧品にも使われており、その安全性は確認されています。

あの有名なワセリンも鉱物油の一種なんですよ。
鉱物油は、無色・無臭で何より酸化変質しないことが利点です。

酸化とは、酸素と触れることによってそのものが変質劣化し、
酸化臭の原因にもなる現象です。

【植物油】は植物の種子や実から採られるオイルです。
有名なものでは、ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどがあるでしょう。

こちらは、その植物が本来持っているビタミンやミネラルを
豊富に含んでいるため、栄養価の高いオイルとなります。

また、分子が細かいため肌への浸透性にも優れています。
ただこちらは鉱物油に比べると酸化しやすいため、
早めに使いきることや、直射日光の当たらない涼しい場所で保管するなどの注意が必要です。

関連記事
ココナッツオイルをワセリンの代わりに使って上手にスキンケア♪
クレンジングに最適なキャリアオイルはホホバオイル!って本当?

まずはスタンダードに全身の保湿!

乳幼児のカサカサ肌対策としておすすめなのが、
沐浴、入浴後に使うことです。

体温が上がっているため水分が蒸発しやすいので
体を拭いたらすぐにベビーオイルを使いましょう。

使い方は簡単です。
まず、両手にとって手をこすり合わせます。

こうすることによって
ベビーオイルを手になじませることができますしママの手も温まります。
冷たい手では赤ちゃんがびっくりしてしまいますよね。

ベビーオイルが手になじんだら、
赤ちゃんの体をそっとなでるように触りましょう。

この時、無理にベビーオイルを伸ばそうとしたり、
刷り込もうとしてゴシゴシこすってしまうと、
敏感な乳幼児のお肌を傷つけかねないので注意しましょうね。

関連記事
妊娠線を作らない方法3つ教えちゃいます!

赤ちゃんとママとのふれあいにや便秘解消にも!

赤ちゃんのマッサージにもベビーオイルは大活躍です。
最近では、ベビーマッサージが流行っていて教室も沢山ありますよね。

ベビーマッサージは、赤ちゃんとママもしくはパパが、
肌と肌を合わせることによりスキンシップ効果もあります。

ママやパパの手でマッサージすることは、
赤ちゃんの脳や感性を刺激して発育の手助けにもなるんですよ。

また、乳幼児の便秘にも効果があります。
おなかをマッサージしてあげることで、排便を促します。

ベビーオイルを使うことで、お肌への摩擦による刺激が少なくなります。

便秘解消には、綿棒浣腸も効果的。
方法は、大人用綿棒の先ほぐして柔らかくします。

そこにベビーオイルをつけて、
赤ちゃんの肛門から2cmくらいまで押し入れて、やさしくぐるぐると刺激しましょう。

直腸を刺激することによって、便秘が解消されるでしょう。

関連記事
カレンデュラオイルは水疱瘡にも効果的!!
シアバターにスイートアーモンドオイルをINして敏感肌にも優しく!
アルガンオイルで炎症も、炎症でできた傷跡も治るって凄い!

おむつ替えや耳・鼻のお掃除にも!

乳幼児のカサカサ肌のケアやマッサージにも優秀なベビーオイルですが、
それだけではありません。
赤ちゃん耳やお鼻のお掃除にも使えるんですよ。

方法は簡単。
赤ちゃん用綿棒の先にベビーオイルをつけて、やさしくお掃除するだけ。
耳は、優しく外側を引っ張りながら耳の穴のふちをクルクルとふき取りましょう。

鼻も同じく、ベビーオイルをつけた綿棒を入れて、優しくくるくるふき取ります。
ベビーオイルを使うことによって、
肌への刺激を和らげるだけではなく、粘膜の乾燥も防げます。

いずれも、綿棒があまり奥まで入りすぎないように気をつけましょう。

おむつを替える時にうんちをふき取るとき場合は無理にゴシゴシこすらずに、
ベビーオイルをつけて汚れを浮かしてからふき取ると、
肌への負担がなくなり、カサカサ肌も解消できます。

まとめ

2015-10-07c

乳幼児にとってベビーオイルは、
カサカサ肌の対策だけじゃなく、体のお掃除やスキンシップ、
そして便秘解消にまでも使えるすぐれものでした。
これを活用しない手はありませんね。


参照:楽天市場

ネットで「ベビーオイル」と検索するとたくさん出てくることからもわかるように、
今は様々なメーカーから様々な種類のベビーオイルが発売されてます。

いきなり大容量の物を購入せず、
赤ちゃんのお肌の様子や、好みなどを確かめながら選ぶのが良いでしょう。

ジョンソン ベビーオイル(無香料)のお求めはこちら

また、使用前にパッチテストをすると、より一層安心して使えますね。
※パッチテスト…赤ちゃんのお肌に100円玉程度の大きさでオイルを塗って、
10~15分肌の変化、様子を見ます。

ベビーオイルを有効活用して、
赤ちゃんと楽しい毎日を過ごしたいですね!