乾燥肌で化粧乗りが悪い、
もしくは乾燥肌のせいでアトピーになるという方達がいます。

実際、そういった方達の中には
生まれつき乾燥肌体質の方もいるのですが、
実はその内の多くの人が、
生活習慣や間違ったお手入れによって肌の状態を悪くしているのです。

また、殆どの場合乾燥肌は改善する事が出来るのです。

乾燥肌とは?

2015-11-25b

乾燥肌とは肌の角質部分に保有している水分量が
極端に少ない肌の事を指します。

普通は肌の乾燥は皮脂による肌バリアによって防がれていますが、
この肌バリアが機能していないか、
体内の水分量が足りていない状態だと乾燥肌になりやすくなります。

乾燥肌になると肌が乾いてかさかさになり、
白く粉をふいたように見えるようになります。

これは水分を失った角質層がめくれたり
剥がれかけて引っ掛かっている状態で、
こうなると角質層の接合が弱くなって肌のキメが悪くなり、
いわゆる化粧ノリが悪い状態になる訳です。

また、皮脂の分泌が少なくなる事で起こる乾燥肌の場合、
肌が痒くなったり、アレルギー物質に反応して湿疹や吹き出物が出来たり、
かぶれたような状態になったり、
角質が毛穴の蓋になってニキビになったりという事が起こり始めます。

生まれつきの乾燥肌とは

生まれつきの乾燥肌とは遺伝性の資質で、
肌のバリア機能を司る遺伝子の中の
フィラグリンという遺伝子に異常がある場合に起こります。

この遺伝子異常の確率は、
アトピー患者の内の3人に1人とされています。

つまりアトピー患者でも全員が生まれつきの乾燥肌では無いという事です。

また、生まれつきの乾燥肌の方でも治療によって
改善していく事は出来るという事なので、
生まれつきだからどうしようもないと諦める必要はありません。

生まれつきの乾燥肌でも今の医療技術で十分改善は出来るのです。
更に生まれつき乾燥肌の人でも重度でない場合は、
生活習慣や食生活などによって肌の状態を良く保つ事で
自然に改善されていて、乾燥肌として発症しない場合もあるようです。

このように生まれつき乾燥肌の人は少なく、
また改善可能であると言う事を分かっていると、
解決方法を探す事もよりたやすくなるので
自分の状態をきちんと知っておく事も大切です。

乾燥肌を改善する

それでは乾燥肌を改善するにはどうしたら良いのでしょうか。
まず一番大切なのは肌の保湿に必要な栄養をきちんと摂る事と
ターンオーバーを促す為にしっかりとした睡眠を取る事です。

栄養が不足していると肌を作る材料が足りずに肌の状態が悪くなり
それが乾燥肌に繋がります。

そして栄養が足りていてもターンオーバーが出来ていなければ
新しい細胞が作られません。

ターンオーバーとはいわゆる肌の新陳代謝の事で、
これが盛んになるのが22時から2時の間の睡眠時間とされているのです。

つまりこの時間に良い睡眠が取れていないと、
健康な肌に生まれ変わり続ける事が出来なくなってしまうという事です。

そして水分補給も大切です。
特に乾燥しやすい時期は、こまめに水分補給をしましょう。

身体は水分が少なくなると身体の表面の水分をまず利用します。
この為、最初に水不足になるのは肌という事になるのです。

また、正しいスキンケアも知っておきましょう。
肌を清潔に保ちつつ、出来るだけ刺激を与えないようにするのが
肌にうるおいを保つコツです。

洗顔でも逆に乾燥させてしまわないようにお湯や冷水は避け、
洗顔後は保湿液などで保湿してください。

潤いのある肌の為に

2015-11-25c

乾燥肌改善の為の方法はおおまかに言うと、
ちゃんと食べて湿度を保ってよく寝るという事が一番と言えるでしょう。
ネット上では色々分かりやすい改善方法が呟かれていたりします。


このような正統派から、


このような日常の何気ない習慣の改善など教わる事も多いですね。

特に冬場は空気が乾燥するので肌から水分が奪われてしまって
ただでさえ乾燥肌の人が辛い思いをする時期となっています。

冬場こそは無理をして徹夜などせずに、
また付き合いでも夜遅くに暴飲暴食も避け、
規則正しい生活を送る習慣を付けましょう。

とは言え、冬場はなにかとお付き合いが多い時期ですが、
少なくともお酒を飲み過ぎるのは避けましょう。

アルコールは水分を大量に奪います。
夏場には熱中症予防で経口補水液を飲んでいた人も多いと思いますが、
その習慣を冬にも持ち越して、水分補給に務めるのも効果があると思います。