女性はいつまでも美しくありたいものです。
ですが、年齢とともに体特に肌にはそれがあらわれるもの。
そのひとつとしてシミがありますよね。

でも、ほおにぼやっとしたシミが出来てしまっていることありませんか?
それは肝斑というシミなのです。
肝斑はなぜ出来てしまうのでしょうか?

また、肝斑を消すことはできるのでしょうか?

肝斑とは?

2016-01-31b

肝斑とはいったいどういうものなのでしょうか?
肝斑はシミの一種です。

特徴としては、顔のほおあたりに出来て左右対称同じ形・同じ大きさで出来ることです。

そのため、出来たら肝斑だとすぐにわかりやすいと思います。
肝斑は、しっかりと形がなくもやっと出来ることが多いので他のしみとは判別しやすいです。

肝斑は、30〜40代ごろの女性や妊娠出産をした女性に多く見られるのも特徴です。
また、日本人の皮膚はこの肝斑ができやすいので、30代になって肝斑に悩まされる人は多いです。

肝斑の原因は?

では、肝斑が出来てしまう原因は一体なんなのでしょうか?
他のしみ同様に紫外線による原因もありますが、
肝斑の場合はホルモンやストレスが大きく関係しているとされています。

妊娠出産をした女性に肝斑がみられるというのもその理由で、
女性ホルモンのバランスが大きく関係しています。

このバランスが関係しているということもあり、
妊娠出産だけではなく更年期が始まったタイミングで肝斑が増えるということもわかっています。

さらに、ストレスも肝斑に大きく原因しています。
ストレスはホルモンバランスに大きな影響を与えます。

ホルモンの分泌によって、
肌の表面にあるメラノサイトがシミの原因となるメラニンを発生させてしまうのです。

肝斑は美容液で消える?


参照:http://item.rakuten.co.jp/

肝斑はしみとは違い広い範囲にぼやっと出来るため
レーザー治療ではなかなか消すことが出来ません。

そのため、それ以外の方法で肝斑を消す方法を知らなければいけません。
普段から肝斑を改善する方法として効果的なのが美容液を使用することです。

ですが、どんな美容液でもよいわけではありません。
美容液には、トラネキサム酸・ハイドロキノン・トレチノイン、
アルブチン・コウジ酸が配合されているものを選ぶようにしましょう。

これらの成分は、薬として処方されることも多く、
しみの原因となるメラニンを還元してくれ、
肌の代謝を高め肝斑が沈着しないようにしてくれるのです。

特にトラネキサム酸が肝斑には効果的なので、
市販の美容液にもトラネキサム酸が配合されているものを毎日使用することが大切なのです。
イーピーエッセンスの詳細はこちら

肝斑を改善させるための生活習慣

肝斑は生活習慣でも改善させることができます。
特に妊娠出産などで出来てしまった肝斑は、
出来た後なくなることもありますが
生活習慣次第では沈着してしまうこともあるので注意が必要。

では、どのような生活習慣をする必要があるのでしょうか?

肝斑を改善させる生活習慣

紫外線対策
ホルモンバランスとの関係が強く考えられる肝斑ではありますが、
紫外線にも注意が必要です。
紫外線によってもメラニンが出来るためそれが肝斑になりかねません。
曇りの日だとしても日焼け止めなどを塗って日焼け対策をするようにしましょう。

睡眠時間
肝斑は沈着しなければ、肌の代謝とともに薄くなっていきます。
肌の代謝というのは基本的に28日周期で古い細胞から
新しい細胞へと生まれかわります。

この代謝が活発に行われるのは、夜の10時から深夜2時の間。
成長ホルモンなどが活発になるこの時間に起きていれば、
代謝が悪くなるため肌の代謝が悪くなり古い細胞が色素沈着を起こしてしまうことも。

なので、少なくとも夜の11〜12時の間には眠りに入るようにしましょう。

ストレス
ストレスが肝斑の原因となるように、ストレスを緩和させることも大切。
ストレスを受けないようにするのが一番ですが、
仕事・家事・育児などストレスを感じる環境はどうしてもあります。

そんな時、ストレスをうまく緩和させることが重要なのです。
ストレス発散になることを見つけるのももちろんですが、
リラックスできる時間や空間を作るようにするのもひとつです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

また、ビタミンCはストレスを緩和させてくれるので、
意識的にビタミンCを摂取するようにしてくださいね。
サプリでも簡単に摂取できるので続けて飲むことが大切です。
ビタミンCサプリの詳細はこちら

まとめ

肝斑は顔の印象を一気に老けさせてしまうものだからこそ、
出来ればなりたくないものです。

ですが、ホルモンの関係などでどうしても出来てしまうことがあります。
しっかりとケアを行えば、薄くなっていくものだからこそ
効果的な美容液を使用したり
生活習慣を改めたりなどして肝斑の対策を行うようにしましょう。