肌の状態が悪くなっている場合に角質培養という肌の状態を回復させる方法があります。

この角質培養ではその途中にモサが発生して気になってしまう期間があります。
そこでモサ期間を早めに乗り切るにはビタミンc誘導体が有効とされています。

角質培養を気持ちよく成功させる為にビタミンc誘導体を利用してみましょう。

角質培養とは

2016-07-02b

日常の中ではあまり聞くことの無い角質培養という単語ですが、
これは手入れをしすぎて逆に状態が悪くなった肌の状態を戻す為の方法です。

お化粧や肌のお手入れであまりにも肌をいじってしまった為、
皮膚が硬くなったり敏感肌や乾燥肌になってしまった場合、肌を一度リセットする必要があります。

これは要するに作り上げた肌の層をもう一度作り直すという事で、
そういう意味での培養という訳です。
この角質培養を行うのはある意味簡単です。

ほとんどのお手入れをしなければ良いだけだからです。
お化粧も無し、もちろんクレンジングも無し、
洗顔も最低限、ただし保湿は必要なので化粧水や保湿クリームは使いましょう。


こういう方法もあるみたいですよ。
この角質培養の途中、気になるのがモサです。
モサというのは角栓の上に飛び出たヒラヒラとした物で
本人としてはかなり気になる物となります。

角質培養で失敗する方の多くはこのモサが気になって
つい、抜いたりこすったりして取ろうとしてしまったという方だと言われています。

モサとは

モサは角質培養を行うと必ず出て来ると言っていい物で、
角栓が溢れ出しているといった感じの物です。
角質がそのまま育っている証拠のような物なのです。
このモサが出ているという事は角質培養が順調に行っているという事だと思って良いでしょう。

しかし、このモサが気になってこすったり、
毛抜きとかで抜いたりすると肌に刺激を与えてしまうとまた肌の状態が荒れてしまいます。

更に良い兆しとは言え、角栓が溜まっていて
肌の状態が戻りきっていないのですからニキビも増える時期でもあります。

角質培養の初期の難関がこのモサとニキビへの対処だと言われているのです。
この時にやるべき事は保湿をきちんと行う事と刺激物や脂物などの摂取を避ける事です。

保湿によって肌バリア機能を保持する事でニキビを防ぎ、
刺激物や脂物などはニキビを誘発する元を控える事でニキビに対策しましょう。

ただしモサについては放置しておく他ありません。
角質培養が進んで肌が健康な状態に戻り、
新陳代謝が健全に行われるようになるとこのモサも徐々に無くなっていきます。

角質培養とビタミンc誘導体

まずビタミンc誘導体という物が何なのかという事なのですが、
ビタミンc誘導体とは簡単に言えば皮膚から吸収しやすくしたビタミンcと考えれば良いでしょう。

ビタミンcはきれいな肌を作る為に無くてはならない成分ですが、
その成分の補充方法として食物として摂取する以外に
美容用品として肌に塗布して肌から直接吸収させる方法があります。

この時、普通のビタミンcをそのまま吸収させるのは難しいので
肌から吸収しやすいように作られたのがこのビタミンc誘導体なのです。


参照:楽天市場

ビタミンc誘導体には色々な種類があって、
化粧水や乳液やクリームなどに配合されています。
このような原液もございます。

角質培養で最も大変なのは肌の保湿を維持する事と順調に健康な肌を作る事です。
ビタミンc誘導体は角質培養の肝心の部分である
健康な肌を作る事に大きな威力を発揮します。

その為角質培養の時にビタミンc誘導体を併用する事で
短い期間で成功しやすくなるとされているのです。

ビタミンc誘導体のお求めはこちら

肌は大事な顔を守っている

2016-07-02c

角質培養における最も根本的な話として
なんで手を掛ける程肌の状態が悪くなるのかという事があります。
一生懸命にやったお手入れやお化粧のせいで
肌が荒れてしまうという事が不思議に思える方もいるのではないでしょうか。
それは肌にとって刺激は全て攻撃と捉えられるからなのです。


こういう事なんですね。
顔というのは私達からすれば他人に見せる一番の自己主張ポイントですが、
身体自身からすれば多くの感覚器官や食物を摂取する器官が集まった大事な部分です。

つまりここに攻撃を受けて安々と壊れてしまうようでは困る場所という事になります。
そこで度々攻撃を受けているならそれに対して
衝撃を通さない強固な肌にすれば良いという事で防御を固めてしまうのですね。

角質培養というのはそんな不安に苛まれた肌に
安心感を与える為の方法と言っても良いでしょう。
ぜひ優しい気持ちで自分の肌と接してみてください。