花粉症持ちの人が、果物アレルギーになる可能性が高いことを知っていますか?

この果物アレルギーは口の中が腫れ上がったり湿疹が出るなど、
厄介な症状を呈することが多いため、
うっかり口にすると大変なことになる可能性もあるのです。

今回は、花粉症と果物アレルギーの関係についてご説明します。

アレルギーはなぜ起こるのか

2015-11-16b-2

スギやシラカバ、ブタクサなどの花粉が体内に入ると、
鼻水や目のかゆみが起こる花粉症。

これは食物アレルギーやハウスダストアレルギーなどと同じ、アレルギー反応のひとつ。

アレルギー全般のメカニズムとしては、
花粉などのアレルゲンとなり得る物質が体内に初めて入った時、
それが身体には何も悪さをしないものでも、
免疫機能が間違ってその物質を敵と見なしてしまい、
その物質に対する抗体を作り出します。

そして、2回目以降にその物質が体内に入った時に、
前回できた抗体が過剰反応をしてしまい、
体に痒みや粘膜の腫れを引き起こさせる「ヒスタミン」という物質を作り出します。

このヒスタミンのせいで鼻水が出たり、蕁麻疹が出たり、
気管支が腫れて喘息発作を引き起こしたりするのです。


参照:楽天市場

そのヒスタミンの発生を抑えてくれる市販薬もあります。
病院で処方してもらうのが一番ですが、忙しくて病院へ行けない場合は
こういった市販薬で対処する方法もあります。
抗アレルギー錠クニヒロのお求めはこちら

関連記事
花粉症が皮膚炎を引き起こすってホント?花粉と皮膚の関係は?

「交差反応」って何?

では、なぜ身体にあるのは花粉の抗体なのに、
果物でアレルギーが起こるようになるのでしょうか。

それは、「交差反応」という反応のせいです。

この交差反応というのは簡単に言うと、
花粉にあるたんぱく質と構造が似たものでも
身体がアレルギー反応を起こしてしまうことを指します。
身体が、花粉と果物のたんぱく質を勘違いしてしまうということですね。

この果物アレルギーは、花粉症の抗体がある前提で発症するもののため
花粉症を発症してから果物アレルギーになるというケースが圧倒的に多いようです。

無害な花粉を有害な物質と勘違いし、
そしてその花粉自体と果物を勘違いし……と、
人の身体は案外、間違えることが多いものなのです。

もちろん、よくできている部分もたくさんありますが、
このような間違いがたくさん起こった上で人は進化してきました。

そう考えると、なんとも皮肉なものですね。

関連記事
花粉症にはカスピ海ヨーグルトが効く!って知ってますか?
目がかゆい、咳と鼻水も止まらない、これは花粉症ってホント?
花粉症には濡れタオルがすごい!手軽なお助けアイテム

バラ科の果物で交差反応を起こすのは、シラカバ花粉アレルギー

さて、肝心のバラ科の果物で起こるアレルギーの原因は、何の花粉症なのでしょうか。

答えは、シラカバ花粉アレルギー。
このシラカバ花粉と、バラ科の果物のたんぱく質が似ているため、交差反応が起こります。

シラカバの他、同種のハンノキ花粉でアレルギーを起こす人も同様です。

先ほどから「バラ科の果物」とだけ説明していますが、
このバラ科には日常に親しんでいる果物がかなり含まれます。

具体的に言うと、りんご、梨、イチゴ、モモ、さくらんぼ、プラム、
すももなどなど、挙げていけばキリがありません。
これらの果物全てに対し、アレルギーを起こす可能性があるのです。

この果物アレルギーは、口の中が腫れたり、喉が痒くなったり、
変な味がしたりなどの口腔アレルギー症候群を引き起こします。

これだけなら命に別状はありませんが、
アナフィラキシーショックが起こる可能性は0ではありませんので、
念のためシラカバ花粉症の人は、バラ科の果物は避けた方が良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
花粉症とバラ科の果物アレルギーの関連性などについて、ご説明しました。


このように、たくさんのシラカバ花粉症の人が、
バラ科の果物が食べられずに悲しい思いをしているようです。

イチゴ、さくらんぼ、モモにりんごなんて、
果物好きにはたまらなく美味しいものなのに、
思う存分食べられないというのは、本当につらいことでしょう。

メジャーな果物ゆえ、外食で出されることが多いものでもありますから、
それらを避けて通るのも大変ですね。

でも、口腔アレルギーの症状は
花粉症の症状に引けず劣らず厄介なものですから、
なるべく食べないに越したことはありません。

面倒でも、自分の口に入るものが問題ないかのチェックを怠らないようにして下さいね。