花粉症は目や鼻だけで発症するものと思われがちですが、
実はのどが炎症を起こしている人が結構います。

のどかゆいというのは苦しいものです。
咳が止まらなかったり、イガイガしたり、
何分内側の事なのでかきむしる事も出来ません。

なぜ喉に花粉症が発症するのでしょうか?

花粉症でのどがかゆい理由

2015-05-09b

単純に言ってしまえば、
アレルゲンである花粉が喉の粘膜に接触して炎症を起こしたという事です。


https://twitter.com/kumaaanzu/status/786370411638296576?lang=ja
みなさん喉の異常で花粉の登場に気づく模様ですね(*_*)

ですが、その理由は実は色々とあります。
鼻が鼻水で詰まっているので口呼吸をするしかなくなり、
その為口に花粉が入り込んだ、
またはアレルゲンを含んだ鼻水が喉に入り込み、
それが元で炎症を起こした、
原因の花粉と近似のアレルゲンを持つ、
果物や豆乳などでアレルギー反応が出てしまった、などです。

また、口呼吸をする事で、
喉が慢性的に乾いた状態になってしまい、
尚更炎症を起こしやすい状態になっているという事もあります。

この場合はウイルスなどにも感染しやすくなるので注意が必要です。
まず一番大事なのは湿度です。

加湿器などでお部屋が乾燥しないようにしましょう。
花粉症自体もそうですが、こまめな掃除も大切ですね。

のどのかゆみを止めるには

まず鼻水はなるべく外に出す事、
そして喉の乾燥を防ぐ事が大事になります。

ですが、具体的にかゆみを止めるとなると、やはり薬を使うしかありません。
ただ、花粉症の薬は、症状が出る直前から飲み始めないとあまり効果がなく、
症状が激しくなってしまってからはあまり意味がない事があります。

とりあえず、今花粉症用の薬を処方されている場合は、
それを飲み続ける事が大切です。

途中で止めてしまうと効果がなくなる事があるからです。
薬のような劇的な効果はなくても
穏やかに改善してくれる物にハーブティーがあります。

調べてみると花粉症用にブレンドしたハーブティーがありますので、
その中から炎症を抑えたり、ヒスタミンを抑えたりする物を探せば良いと思います。

あと、病院で処方してくれるお薬になりますが、
ノイロトロピンという物があります。

これは注射で処方される事が多い薬です。
この薬は炎症を止めるのではなく、痛みやかゆみを抑える効果があります。

そのくせ身体に負担がほとんどなく、副作用もぼぼなく、
他の薬と併用も出来るという便利な薬です。

ただ、この薬は効くと、
ごく自然に痛みやかゆみを感じなくなるというすぐれものながら、
効く人と効かない人がはっきり分かれる薬でもあります。

とりあえずお医者さんに相談してみましょう。

花粉症の症状については、こちらの記事もご参考に♪

ほとんどの人の花粉症が治る舌下免疫療法

2014年末から花粉症という元を断つ為の治療法が始まりました。
実を言うと、免疫療法自体は注射という形で昔からありました。

ただ、これは長期治療で何年も続けなくてはいけないのに
病院に通って痛い思いをし続けなければならないので
それに代わる治療としてこの舌下免疫療法が考えられたのです。

この方法なら痛い思いもせずに自宅で治療出来ます。
時間は掛かりますが、効果は大小あり、
約80%の人に現れるとあって、期待の治療とされています。

研究はかなり以前からされていたのですが、
許可が出るまでに時間が掛かってしまい、
やっと2014年に保険適用治療となったのです。

ただし、この治療は
花粉シーズンの3ヶ月以上前から行う必要があるので冬まで待つ必要があります。

舌下免疫療法についての書籍もあるので
詳しく知りたい場合は読んでみてくださいね。
この治療で多くの人が花粉症の苦しみから開放されると良いですね。

喉のイガイガの苦しみ

2015-05-09c

のどがイガイガしてかゆいと空咳が止まらなくなります。
これは本当に苦しいですよね。

花粉症の薬や長期治療の薬などはどうでも良く、
今この時に対処出来る物が欲しい時だってあります。

こんな時はお茶やのど飴で対処されている方が多いと思います。
喉の乾燥によって粘膜が乾いて炎症が起こっている場合には
飴よりはお茶の方が良いでしょう。

ただお茶の刺激でも辛いという場合もありますから、
その場合は出来れば刺激の少ない白湯などが良いでしょう。

お茶には抗酸化作用がありますので、
お茶もちゃんと効果がありますが、
刺激が辛い時は避けた方が良いでしょう。

また、炎症を沈める効果があるとされる、
ハチミツ大根なども良いとされています。

白湯に少しハチミツを入れて飲むと良いかもしれませんね。
白湯は人肌より少しあったかいぐらいの温度が良いので
ハチミツを入れる場合は冷ますより先に入れて溶かしておきましょう。