スキンケアに高い効果があるホホバオイルは、uvケアにも効果があります。
ですが、間違った使い方をしては、逆に日焼けを助ける事になるかも知れません。

正しい、使い方で紫外線対策を行うことが大切です。

紫外線はお肌を老化させますー光老化ー

2015-06-03b

光に含まれる紫外線が原因で起こる肌の老化を光老化と言います。
これは、UV-A(紫外線A波)により起こります。

UV-Aは、地表に届く紫外線の95%を占めています。
UV-A自体のエネルギーは弱いのですが、
量が多く肌への浸透力が高い為に深刻な影響を肌に与えます。

UV-Aを大量に浴びると、張りや弾力を生むコラーゲン
ヒアルロン酸、エラスチンを作り出す繊維芽細胞を傷つけます。

その為に、大量の紫外線を浴びると肌は弾力を失い、
しわやタルミといった肌の老化現象が起こります。

また、UV-Aは、メラニン色素の合成を促し、シミが出来ます。
このように、紫外線によって起こる肌のシミやシワ、たるみを光老化と言います。

日焼けや紫外線に関してはこちらの記事もご参考に♪

「光老化」には紫外線対策が大切

光老化は、良く日に当たる人がなり易いです。
戸外で働いたり、アウトドアを好む人は要注意です。

また、あまり日に当たっていないと思っていても、顔や首、
手等は日焼けしやすいので、他の部分よりも老けたように感じやすくなります。

室内で過ごす時間が長いので大丈夫と思っていても、
UV-Aは波長が長い為に
雲やガラスを通り抜けてしまいますので、室内に居ても曇り空でも、
それどころか雨の日でも、実は紫外線は肌に悪影響を与えています。

紫外線は肌にとても負担を掛けてしまいますし、
老化(老けて見える)原因にもなります。

ですが、逆に紫外線の対策をしっかり出来れば、
若々しい肌を保つ事も出来ると言えます。

その為には、紫外線対策の日焼け予防が大切になります。

日焼け予防ーSPFとPA-

日本で紫外線が一番多いのは、日照時間が長い5月~7月頃です。

一日の中では午前10時~午後2時一番紫外線が強い時間帯ですので、
この時期と時間帯に外に出る時には、十分な紫外線対策をする必要があります。

効果的な方法としては、日傘・帽子・手袋・ストール、
サングラス(目から紫外線が入る為)等、紫外線を直接浴びないようにします。

その次に効果的なものが、日焼け止め(サンスクリーン)です。
日焼け止めには、紫外線の防護力によってランクがあります。

日焼け止めに書かれている「SPF」と「PA」とは、防ぐ紫外線の種類です。
「SPF」肌を赤くするサンバーンを起こすUV-Aを防ぎ、
「PA」は肌を老化させるサンタンを起こすUV-Aを防ぎます。

ホホバオイルを上手に使って、日焼け予防

ホホバオイルは強力な殺菌作用があり、
人の皮脂に近い成分であることから、
肌の弱い方やアトピー性皮膚炎の方にも安心して使用できます。

ホホバオイルは日焼けに効果があると言われますが、
出来るならば日焼けはしない方が、肌の老化を防止出来ます。

ですので、日焼けをする前(外出前)に、ホホバオイルは使用します。

ホホバオイル単体でも効果があると言われる方も居ますが、
逆にホホバオイルを付けても日焼けをしたと云う方もいます。

ホホバオイルには、日焼けをして傷ついた肌を修復する作用はありますが、
日焼けを防止する力はそれ程高くありません。

ですので、日焼け止めを塗る前に下地として
ホホバオイルを塗るほうが、高い日焼け効果が望めます。

また、日焼け止めをしても、完全には紫外線を防止することは出来ません。
ですが、ホホバオイルを予め肌に塗っておくことで、
日焼けによる肌のダメージも軽減出来ます。

下地として使って効果がUPするなら、
いっそのことホホバオイルの日焼け止めを塗っちゃいましょう!
↓こちらの動画でホホバオイルを使った
日焼け止めクリームの作り方を説明していますので参考にしてみてください。

こちらの記事でもホホバオイルについて詳しく説明しています(*^^*)

まとめ

2015-06-03c

私は、肌が弱くアトピー性皮膚炎の為に、日焼けはしたくなくても、
日焼け止めクリームの刺激で、肌の状態が悪化してしまうので、日焼け止めが使えません。

私のように肌が弱くてuvケアをしたくても
市販の日焼け止めが使えない方は、
手作りの日焼け止めを使われては如何でしょうか?