咽頭結膜熱、通称プール熱。
お子さんをお持ちの方なら、きっとご存知かと思います。

このプール熱、プール授業がある夏に流行するものだと思っていませんか?
実は、それだけではないのです。

プール熱という名前のせいで、夏という印象が強いですが、
気を付けないと、も感染しやすい病気です。

今回は、そんな咽頭結膜熱について、詳しくご説明します。

咽頭結膜熱の症状

2015-08-09b

咽頭結膜熱はウイルス感染によって起こる病気で、
その名前からわかる通り、喉と目の結膜が腫れ、39℃~40℃ほどの高熱が出ます。

腹痛や下痢などを併発することもあり、
体力の無い子供にとっては、とてもつらい症状です。

しかも、この咽頭結膜熱を引き起こすウイルス、アデノウイルスは
免疫が付きにくく、一度罹った人でも、何度でも感染するのが怖いところと言えます。

咽頭結膜熱の症状は、体力がある大人なら数日でおさまりますが、
子供や老人、妊婦さんなどは、長引いてしまうと、
脱水症状や合併症が起こり、入院などすることになる場合もあります。

そんなことになっては、患者本人も、看病する家族も大変です。
そうならないように、咽頭結膜熱についてよく知り、
予防を心がけるに越したことはないでしょう。

咽頭性結膜熱に対する誤解

アデノウイルスは、体液を通して感染しやすいため、
一昔前は感染者と同じプールに入った子供たちに次々と伝染する、
プール授業がある時期に流行しやすかった病気です。

しかし、最近ではプール内の衛生管理も優れたものとなり、
プールから感染するケースは少なくなりました。
そのため、「プール熱」という呼称をやめるべき、という声もあるほどです。

このように、現代では、咽頭結膜熱はプール授業がある季節だけ
気を付けていれば良いというものでは無くなりました。
アデノウイルスの感染の危険は一年中あるということを、覚えておいた方が良いでしょう。

秋の咽頭結膜熱とその予防

一説によると、秋になって夏の遊び疲れが残り、
夏風邪の心配が無くなったところで、衛生管理が杜撰になったり、
気が緩んでアデノウイルスに感染することがあるとのことです。

秋になると、残暑と夜の冷えという、激しい気温差が生じますので、
身体が未熟な子供は夏より抵抗力が弱り、ウイルスに負けてしまいやすくなります。

これも、アデノウイルスが秋にも感染しやすい理由の一つです。

このアデノウイルスによる咽頭結膜熱を予防するためには、
一般的な風邪予防策と同じく、うがい・手洗いの徹底が大切です。
うがい薬を使用して、しっかりと殺菌しましょう。

また、お子さんが感染してしまった場合には、他の家族に感染しないような配慮をしましょう。

まず、感染者本人と他の家族の接触を避けるために別室に隔離し、
食事の準備や看病など、その子への対応は、抵抗力の強い大人が行います。

通常はお母さんが行うことが多いでしょうが、
妊娠中や身体が弱っている状態なら、お父さんにお任せした方が安心です。

また、タオルやコップなど、体液が付きやすいものを
感染した人と他の家族で共用しないようにしたり、
糞便からも感染しますから、トイレ掃除をまめに行うなどする必要があります。

まとめ

2015-08-09c

このように、咽頭結膜熱は、
夏だけではなく、にも感染しやすいということを、覚えておくと良いでしょう。

咽頭結膜熱は、一時的に高熱に苦しむ病気ですが、
数日で回復することから、あまり危険視されないことが多いようです。
ですが、これはそんなに甘く見てはいけない病気なのです。

適切な処置を行い、ゆっくり休養をとれば重症化せずに済みますが、
処置が遅れたり、たまたま身体が弱っている時に感染すると、
下痢や嘔吐のせいで重篤な脱水症状を起こしたり、
肺炎などの合併症に罹ってしまう心配があります。

そんな状態を避けるためには、ウイルスの特性や感染しやすい季節、
感染経路などを事前にしっかり学習して、感染拡大を防ぎ、
感染したとしても病気を重篤化させないようにするのが安心ですね。