胃腸炎で消化器系がダウンすると何も食べられなくなって、
どんどん体力が削られていきます。

そんな時に重宝するのが甘酒です。
本来の甘酒の甘味はブドウ糖100%で出来ています。

ブドウ糖は体力が落ちている時に使われる点滴の中身です。
つまり甘酒を飲む事で、点滴をした時のように体力を回復出来るのです。

甘酒は健康食

2015-04-10-1b

甘酒はお酒ではありません。
実は甘酒には2種類あって、お米と麹で作るのが正式な甘酒です。

もう一種類が酒粕とお砂糖で作る物で、
こちらの甘酒は本来の甘酒より効能が落ちてしまいます。
とは言え、全くダメという訳ではありません。

元々、日本では甘酒は夏バテ防止に飲まれていました。
その証拠に俳句では甘酒は夏の季語となっています。

胃腸が弱る夏の時期に、滋養強壮の為に飲まれていた物なのです。
甘酒には酒と名前が入っていても、アルコール分はほとんどありません。

その為小さな子どもにも安心して飲ませる事が出来ます。
また、逆にお酒の悪酔いを防止するとして、
江戸時代はお酒を飲む前に甘酒を飲むのは、武士の作法でもありました。


https://twitter.com/mele_25/status/751011544759037957?lang=ja
甘酒をを栄養補給代わりに飲む方もいるんですね(*^^*)
確かに、サプリよりも吸収が早そう(゚O゚)

更に甘酒は麹を使う発酵食品でもあります。
麹菌は活性酸素毒性を排除する力が強く、
その上、多くの酵素を生み出します。

たんぱく分解酵素であるプロテアーゼや、脂肪分解酵素リパーゼなどです。
その性質から麹菌は酵素の宝庫であるとさえ言われているのです。

人間にとって酵素は生きる為に必須の栄養素です。
様々な意味で甘酒は究極の健康食なのです。

胃腸炎の時の食事

胃腸炎はとても苦しい病気です。
固形物を消化できなくなり、激しい時には吐き出したりします。

そうすると今度は胃酸によって胃の入り口が焼かれてしまい、
更に状態が悪くなるという、負のループに入り込んでしまいます。

食事が完全に出来なくなると病院で点滴を打ってもらったり、
流動食で胃腸の回復を計ったりという状態になります。

実は口から物を食べると言うのはとても重要な事で、
ずっと点滴だけでは胃腸は逆に弱ってしまうのです。

その為少しずつでも流動食を摂るようにするのですが、
流動食ではあまり栄養を摂る事が出来ないので、思うように回復出来ません。

甘酒はもとより液体ですからそのままでも流動食であり、
滋養に優れ、体を作るために必要な酵素を多量に含んでいます。

このため、体に直接入れる点滴よりも、甘酒の方が優れているとさえ言えます。

ある程度回復したら甘酒を良く噛んで飲んでください。
これだけでかなりの体力回復になるはずです。

胃腸炎についてはこちらの記事もご参考に♪

甘酒の作り方

甘酒は昔は日本の家庭で普通に作っていた食品です。
割りと簡単に出来るので自作してみるのも楽しいと思います。
なにより自家製甘酒というのはちょっと嬉しいですよね。

【作り方】

  1. もち米を水に漬けて1時間程水を吸わせる

  2. 炊飯器でお粥を炊く時の設定で、1のもち米でお粥を作る

  3. 炊きあがったら氷か冷水で冷ます

    中心部まで指を入れて、ちょっと熱めのお風呂ぐらいな感じにします。

  4. 3に麹を揉みほぐして入れる

  5. 布巾を掛けて炊飯器の蓋を閉めずに保温

この手順で8時間から10時間
夜寝る前に仕込んでおけば朝に出来てます。

この手軽さから昔は一夜酒と呼ばれていたようです。
ちなみにもち米じゃなくてうるち米でも出来るそうです。

注意点として、温度が60℃を越えると、
麹菌が死んでしまうので、それだけは気を付けてください。

作るのがめんどくさいあなたは…

自家製甘酒作ってみたいけどめんどくさいし、そもそも甘酒を飲むのは苦手…
そんなあなたはサプリメントで摂取するといいですよ(*^^*)

水なしで噛んで食べられるほどおいしい酒粕のサプリです。
作る手間も省けますし、カバンに入れて持ち歩けるので気がついた時に飲めるのが嬉しいですね。

甘酒が苦手なあなたも、これで手軽に胃腸炎予防ができますね!

こちらの記事でも甘酒の効果について詳しく説明しています(*^^*)

昔の人々の知恵

2015-04-10-1c

昔は薬もあまり発達してなく、栄養状態もあまり良くなかった事から、
子どもが幼くて死んでしまう事が多かったのです。

その為、甘酒を子どもに飲ませてその健康を祈りました。
麹菌を作り、それを元に甘酒を作り、成分分析などしなくても、
昔の人はそれが栄養的に優れた食品だと気付いて利用しました。

体力を無くした人に甘酒を飲ませるなどして、その回復を計ったのです。
日本食の梅干しや納豆、豆腐など、
昔の人々はたくさんの健康食を自分達で見つけ出して、
健康な生活の為に努力をして来ました。

手探り状態で試行錯誤を繰り返して、
たくさんの物を生み出した昔の人たちに、私達は感謝をしなくてはならないでしょう。

彼らの見出した物の価値は、
私達は後から分析する事によって、やっと知る事が出来ましたが、
そんな事をしなくても、昔の人達は長い時間の経験で、
ちゃんとその価値を知っていたのです。

ちなみに甘酒は時間が経つと発酵が進んでしまいますが、
それも米酢なので食用利用が出来るそうです。

凄いですね!!