鼻の奥が炎症を起こす副鼻腔炎ですが、
それほど生活に支障の出る症状では無いため放置している人も少なくないようです。

忙しいからという理由が多いようですが、中にはどんな治療をされるかわからなくて怖いという人も。

この機会に、副鼻腔炎の治療はどんなことが行われるか、どんなを飲むのか知っておきましょう。

副鼻腔炎の主な治療は

副鼻腔炎には急性と慢性があり、慢性副鼻腔炎は別名「蓄膿症」という名前で知られていますね。

これは鼻の奥にある空洞、副鼻腔が風邪などによって細菌・ウイルス感染を起こし、
炎症を起こしている状態です。

副鼻腔炎は、急性~慢性でもごく軽いうちにすぐに病院にかかれば、
通院して鼻水や膿を吸引して薬を吹き付けるほか、抗生物質の投与で完治させることができます。

抗生物質を飲む期間は、急性なら一週間程度、慢性の場合は三カ月くらいかかることもあるそうです。

ですが、それよりも重い場合は手術という選択が取られることもあります。
副鼻腔炎が進むと「鼻茸」というポリープができ、溜まった膿が出てきにくくなります。

また、鼻茸は無くても、もともとの鼻の造りのせいで膿が出にくくなることも。

これらがある場合は、内視鏡で切除して膿の排出を良くし、それから薬による治療を行います。
手術する場合は、数日~一週間程度の入院が必要になります。

薬はどんなものを飲む?市販薬なら漢方薬を

病院では、炎症の大元となっている細菌を抑えるための抗生物質と、
鼻水や痰の切れを良くする薬、痛みや熱がある場合は解熱鎮痛剤が出されます。

また、炎症が強く出ている場合はステロイド薬が出されることもあるようです。
市販薬で蓄膿症に効果があるものでは、
漢方薬の「辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)」「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」「荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)」などがあります。

辛夷清肺湯」は、小林製薬の「チクナイン」にも含まれる漢方薬で、膿の排出を促す働きがあります。
小青竜湯」は、炎症を抑え、体内の水分バランスを整えて鼻水の量を正常にします。
荊芥連翹湯」は熱や腫れを発散させ、膿を出しやすくして副鼻腔炎になりにくい体質に導きます。

これらのお薬はドラッグストアや漢方薬局で取り扱っています。
念のため、購入前に薬剤師に相談して下さいね。

授乳中の副鼻腔炎は薬は避けた方が良い

赤ちゃんに授乳している間に副鼻腔炎になってしまった場合は、薬を飲んで良いものか考えてしまいますよね。

原則的に、授乳中はおっぱいに薬の成分が強く出やすくなるため、
薬の服用は避けた方が良いと言われています。
それは、病院で出される抗生物質も、薬局で買う漢方薬も同じです。

授乳中の副鼻腔炎の治療としては、機械で膿を吸い出したり洗浄するような、
薬を使わない方法を取られることが多いようです。

ですから、薬は飲めなくても耳鼻科を尋ねてみることをおすすめします。
きっと、薬を使わない治療法などを提案してくれるはずです。

副鼻腔炎についてはこちらの記事もご参考に!

予防や自分でできる対処法は

副鼻腔炎は、鼻風邪や花粉症などの鼻水が出る病気から進行して起こるケースがほとんどです。
予防のためには、これらの病気を退けることが一番でしょう。

万が一鼻風邪や花粉症で鼻水がたくさん出る事態になったら、
なるべく早く病院へ行って鼻水を抑える処置を取ると同時に、
片方ずつ優しく鼻をかむ、鼻すすりをしないなどを徹底して治すようにして下さい。

鼻を勢いよくかんだりすすったりすると、
鼻水が細菌ごと副鼻腔に流れ込んで炎症を起こすきっかけになります。
ですから鼻水だけをゆっくり出すように、優しくかむようにしましょう。

また、インド式では「鼻うがい」という方法で鼻をきれいに保つ習慣があります。

日本でも鼻うがい用の器具や洗浄液が発売されていて、かなり手に入りやすくなりました。

こちらの動画に詳しい方法が紹介されています。

興味のある方は、試してみて下さいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
副鼻腔炎の治療やお薬についてご説明しました。

急性副鼻腔炎になると、嗅覚が無くなってとても不便な生活を送ることになります。
それを忙しいからと放っておいてしまうと慢性化して、いつしか嗅覚が無いことにも慣れてしまいがちです。

でも、急性副鼻腔炎のうちなら一週間で治るものが、
慢性化すると数カ月もかかることが珍しくありません。

治療期間が長いということは、お金も通院回数もかさんでしまうということですから、
なるべく早く治した方が良いに決まっています。

現在副鼻腔炎の自覚がある人は、生活にそれほど支障が無くても、なるべく早く病院に行くようにして下さいね。