日焼けサロンという言葉は聞いたことがあるでしょう。
しかし、実際にやったことがある人は少ないのではないでしょうか。
日焼けサロンってどんなところなの?日焼けをするのってどういう仕組みなの?

日焼けサロンに行かなくても日焼けってできるの?
日焼けサロンで使っているジェルって?これらの疑問に答えていきます。

日焼けの仕組みとは

まず、日焼けとはどういったものなのでしょうか。
日焼けとは表皮が日光によって火傷した状態を日焼けと言います。
また、表皮とは肌の一番上の皮膚のことを言います。

では、それを踏まえて日焼けの仕組みを知っていきましょう。
日焼けは皮膚の一番下の基底層にある細胞の「メラノサイト」が作る「メラニン色素」が深く関係しているのです。

日焼けの原因が紫外線であることは知っている方も多いでしょう。
皮膚が紫外線を浴びるとまず、角質層が紫外線を反射して、体内に入り込む量を少なくしようと頑張ります。

その角質層をくぐり抜けて内部に入ってきた紫外線に対しては、
「メラノサイト」が「メラニン色素」をつくり出して紫外線を吸収し、真皮への侵入を防御します。

直射日光を浴びた皮膚の内部では、「メラノサイト」がめいいっぱい働いて、
「メラニン色素」が増大し、皮膚の中に沈着して肌の色が次第に濃くなるというのが日焼けの仕組みです。

日焼けサロンとはどのような場所なのか

日焼けサロンとはどのような場所なのでしょうか。

日焼けサロンとは日焼けを自らしたいという方が通うところです。
日焼けマシーンという日焼け専用マシーンがあり、
そのマシーンに自分にあった時間入っていると日焼けができるというものです。
簡単に確実に日焼けできるので便利です。

しかし、日焼けサロンに行かなくても庭などで簡単に日焼けすることも可能です。
天サロというのですが、水着などを着用してジェルを塗り時間を測りながら
紫外線を浴びることによってお金をかけることなく日焼けできます。

初めて日焼けサロンに行った人のコメントを掲載しておきます。

綺麗に日焼けするには

初めて日焼けに挑戦するという方へ。
綺麗に日焼けする方法を紹介します。

綺麗に焼くにはサンオイルというジェルを塗ることで綺麗に焼くことができます。
また、ジェルを塗っただけで完璧ということではなく時間も重要になってきます。

  • 時間をかけてゆっくり焼くこと
  • 最初は日焼け時間を短くすること
  • SPFの低い日焼け止めを使用すること

1日で一気に焼こうとはせず何日かかけて少しずつ焼くことで綺麗に焼くことができます。
肌が慣れるまでは紫外線が多い午前10時から午後3時までの間はやめておきましょう。

また、肌に負担がかかると綺麗に焼くことができないので最初は短く、
だんだんと長くといった感じで時間調節していきましょう。
いきなりジェルを使うのは肌にかなりの負担がかかってしまうのでSPFの低い日焼け止めを塗ってから焼いてみましょう。

日焼けをしたことのある人の感想を掲載しておきます。

ジェルって?

先ほどから記載してきましたがジェルとはどういったものなのでしょうか。

ジェルとは別名サンオイルとも言います。
ジェルは日焼けするのに欠かせないアイテムです。
日焼けする際に塗って日焼けの色合いを濃くする役目もあります。

ジェルは簡単に手に入れることができます。
今ではオンラインショッピングなどでも販売しているので
濃く日焼けしてみたいという方は試してみてはいかがでしょうか。

また、ジェルにも様々な種類がありどれを使ったらいいかわからないという方もいると思うので
今回はオススメのジェルを紹介した動画を掲載しておきます。

まとめ

日焼けしたいからといっていきなり何時間も日焼けマシーンに入ったり
ジェルをいきなりつけたりしては肌に悪影響を及ぼしたりで逆効果になってします。

なので、だんだんと時間を増やしていったりジェルを塗る範囲を広げてみたりしましょう。
日焼けサロンに行かなくとも日焼けは自宅でも簡単にできるのでまずは自宅で試してみるのもいいでしょう。

また、ジェルを購入して試しに使ってみるのもいいかと思います。
自分でできる範囲でやってみてくださいね。