冷や汗が出たり、顔面蒼白になったりした場合、
何か病気が起きているかもしれないと疑う必要があります。

「きっと、ただ疲れが溜まっているだけだろう」と思い込んで、これらを軽く考えてしまうと、
やばい病気を見逃してしまうかもしれませんよ。

では、冷や汗や顔面蒼白の症状は、どんなことが原因になっているのでしょうか。
そして、病気が原因でこれらの症状が起きている場合、どんな病気が隠されている可能性があるのでしょうか。

これらのことについてお話しすると共に、冷や汗を止める方法・防ぐ方法についても触れていきます。

冷や汗や顔面蒼白の症状を引き起こす病気とは?

病気が原因で冷や汗や顔面蒼白の症状が起きた場合、
次のような病気を発症している可能性が高いと言えます。

  • うつ病
  • メニエール病
  • 脳貧血
  • 心筋梗塞

では、それぞれの病気について、
詳しくお話していきます。

うつ病

過度なストレスが続くと、脳内にある神経伝達物質が急激に減ってしまいます。
それにより、生きるための活力エネルギーが、脳から心身に向けてうまく行き届かなくなります。

その結果、体がエネルギー不足となり、少し動いただけでも冷や汗をかいたり、
顔面蒼白になったりしてしまうのです。

メニエール病

過労睡眠不足ストレスが続くと、
耳の中の内耳という部分にリンパ液が過剰に溜まるようになります。

その結果、平衡感覚が乱れ、めまいと共に、
冷や汗や顔面蒼白の症状を繰り返し起こすようになります。

このような症状を起こす病気が、メニエール病です。
メニエール病は、冷や汗や顔面蒼白だけでなく、「ぐるぐる回転するような激しいめまい」の症状が特徴です。

脳貧血

立ちっぱなしの姿勢や長期の寝たきり生活、急激な血圧低下により、
脳が酸欠状態を起こすことで発症するのが、脳貧血です。

貧血と違い、血液中の赤血球の減少によって原因で起きるわけではありません。
又、症状は比較的すぐに治まりますが、人によっては失神してしまうケースもあります。

心筋梗塞

冷や汗や顔面蒼白の症状を起こす病気の中で、最も命に関わるものが心筋梗塞です。
心臓機能の低下により、血液の量が減って、体の末端まで血液が行き渡らなくなります。

その結果、末端部分の血管が収縮し、それと共に汗腺までも収縮し始めます。
それによって汗が無理矢理絞り出される形となり、冷や汗や顔面蒼白の症状に繋がるのです。

そもそもなぜ冷や汗というものが出るのか?

冷や汗は、交感神経が急激に優位になり、汗腺が過剰反応してしまうことで起こります。

交感神経が急激に優位になると、血管が収縮し始め、血液の循環が悪くなります。
それによって、血液が全身にうまく行き渡らなくなり、皮膚が冷たくなってしまいます。

その状態でかく汗のことを「冷や汗」と呼びます。
つまり、冷や汗の大元の原因は、交感神経が急激に優位になってしまうことであると言えます。

言い換えれば、「緊張もしくは興奮状態が高まっている状態」です。
そのため、日頃からストレスプレッシャーの多い生活をしていたりすると、
冷や汗をかきやすくなると言えるでしょう。

又、極度の緊張症である人も、
交感神経が高まりやすいため、冷や汗をかきやすい傾向があります。

こちらの記事でも冷や汗について詳しく説明しています。

冷や汗を止めるためにはどうしたらいい?

冷や汗は、病気が原因で出るもの以外であれば、意識的に止めることができます。

冷や汗は、緊張・興奮によって交感神経が急激に優位になることで出てしまうものでしたね。
だとすれば、交感神経が昂らない状態を作るように意識し、その状態を維持すれば良いのです。

自分自身が「緊張してきた」「興奮してきた」と感じたら、意識的にリラックス状態を作りましょう。

具体的な方法としては、「ゆっくりと深呼吸をする」という方法がオススメです。

まずは、10〜15秒くらいの時間をかけて、じわじわと息を吐きましょう。
そうすることによって、心身の力が抜け、リラックス状態になり始めます。

そして、ゆっくり息を吸ったら、吸った時の2〜3倍の時間をかけて息を吐く…ということを繰り返します。
数分間これをを行ううちに、自律神経のバランスが取れるようになり、冷や汗が止まってきます。

リラックス状態を作り、自律神経のバランスを整えるための呼吸のやり方を紹介した動画です。

手から冷や汗が出るのを防ぐには、テサラン!

冷や汗で手がびっしょり…そんな状態をすばやく改善するには、
クリームタイプの制汗アイテム、テサランがオススメです。

テサランは、手に冷や汗が出た時、通常のハンドクリームと同じように、
手に塗るだけのアイテムです。

塗った後は、サーッと汗が引いていき、手がサラサラになりますよ!
汗を止めるだけでなく、汗によるイヤな臭いも防いでくれるので、1本で2度嬉しいアイテムです。

では、テサランを実際に使った人の口コミを見ていきましょう。

  • 手汗対策商品は一通り試しましたがこの制汗クリームは気に入ってます。さらっと慣れて伸びがよくて経済的にも嬉しい。

テサランは、手汗を防ぐアイテムの中では、かなりの人気を誇っていることがわかります。
又、伸びが良く、さらさらした質感なので、ハンドクリームにありがちな「ベタベタ感」がないのも嬉しいポイントのようですね。

まとめ

  • 命や生活に支障が出るような病気が原因で、冷や汗や顔面蒼白の症状が起きることもある
  • 冷や汗は、交感神経が急激に優位になることが原因で出る
  • 冷や汗をかかないようにするためには、意識的にリラックスする

冷や汗や顔面蒼白の症状が起きた場合、「やばい病気」が潜んでいる可能性もあります。

その場合、放置すると、後で大ごとになってしまいます。
症状が長く続いてしまう場合は早めに病院へ行きましょう。

又、病気でなくとも、緊張や興奮で交感神経が急激に優位になると、
冷や汗が止まらなくなることもあります。

このような状態に悩まされたら、ゆっくり深呼吸をするなどして、
意識的にリラックス状態を作ってみてください。