アレグラ』という名前を知っていますか?

CMなどで何だろう、と思っていた人も多いかもしれませんが、花粉症の薬です。
ヒノキ花粉をはじめ、花粉症の症状を
副作用を少なく緩和してくれるので最近注目されているのです。

アレグラについて詳しくみていきましょう。

ヒノキ花粉はいつごろ流行する?

2016-01-16b-2

年も明けるとどんどん花粉が飛び始めるイメージがありますが、
ヒノキ花粉はどれくらいから飛び始めるのでしょうか?

ヒノキ花粉は、その地域によっても少し違いますが基本的には
3〜4月だと思っておいてください。
ただし、関東では少し早く2月ごろから飛び始めるので
早めに花粉対策をしておくようにしましょう。

花粉症=鼻づまり、くしゃみ、
目がかゆいという症状を一緒くたに考えている人もいますが、
実はそのアレルギーのある花粉によって症状が少し違います。

ヒノキ花粉症の場合には、
目がかゆい・鼻のむずむず・鼻水となりますが、
その中でも目がかゆい症状が強く出ることが多いです。

日本人に多いスギ花粉の場合は、似たような症状でも
くしゃみの症状が強く出るので、症状の違いを覚えておくと
自分の花粉症がどのタイプなのかわかりますよ。

ヒノキ花粉対策にアレグラ?

では、目のかゆみをはじめ、
生活するのにもなかなかつらいヒノキ花粉症にはどんな対策が良いのでしょうか?

今注目されている対策が、『アレグラ』です。


参照:楽天市場

CMなどでもよく目にすることが多いですが、
副作用が少ないという特徴をもつ抗ヒスタミン薬です。

市販薬のイメージが強くありますが、
病院などでも処方されることが多い薬です。

アレグラは、その主な成分にフェキソフェナジン塩酸塩を使っています。
フェキソフェナジン塩酸塩というのは、
ヒスタミンの受容体の働きを抑えるという働きをします。

そもそも花粉症などのアレルギーは
ヒスタミンによって引き起こされるため
このヒスタミンを抑えることが症状の緩和につながるという仕組みになっているのです。
アレグラのお求めはこちら

アレグラの効果と副作用は?

アレグラという薬についてもう少し詳しくみていきましょう。
アレグラは、ヒノキ花粉はもちろんのこと
スギなどの花粉症にも効果が期待できます。

これはすでにご紹介した通り、
フェキソフェナジン塩酸塩がアレルギーの原因ともなる
ヒスタミンの働きを抑えてくれるからです。

そのため、花粉症だけではなく、
ハウスダストなどの1年中のアレルギー性鼻炎などにも効果があるとされています。

また、蕁麻疹やアトピーなどの皮膚の薬としても使われています。
そのため、皮膚科で処方される薬としても目にすることがあるのです。

こうした効果のあるアレグラですが、
その最大の特徴は副作用が少ないということ。
従来の効きが良い花粉症対策薬は効果はあるものの、
眠気などの副作用が強いことが多く常用するにはと思っている人も多かったはずです。

そのため、そういった副作用が少なく
かつ効果の期待も出来るアレグラに注目が集まっているのです。
もちろん絶対眠気が出ないというわけではないですが、
明らかに眠気の副作用は低くなっていますよ。

アレグラ以外のヒノキ花粉対策は?

アレグラなどの花粉症対策薬を花粉のシーズンが来る
2週間前ぐらいから飲むということがひとつの対策ですが、
それ以外の対策法についてもご紹介していきます。

外出を控える
もちろん仕事や買い物など
絶対に外出しなければいけないものもありますが、
花粉がピークの時期には無駄な外出を控えるというのが
最大の花粉対策となります。
少しでも外にでれば、花粉を全身に纏うことになるため
どうしても症状が出てしまいますよね。
なので、花粉の時期には無駄な外出をしないようにしましょう。

外出対策
外出する際には、花粉を吸わないような服装を心がけるようにしましょう。

マスク、メガネはもちろんのこと帽子をかぶる、
花粉がつきにくい素材の服を着るなどしましょう。

マスクは花粉やウイルスを99%カットできるような
ブロック率の高いものを選びましょう。

部屋干し
花粉が飛ぶような時期になると、
洗濯物を干すにはいいと思う時期が多くなります。
ですが、ヒノキ花粉に悩んでいるのであれば
基本花粉のシーズンは洗濯物は、部屋干しにするようにしましょう。

手洗い
意外と思うかもしれませんが、手洗いは花粉症対策となります。
家に入る前に、服などについた花粉を
一生懸命払い落す人は多いですが、
手にも思っている以上に花粉がついています。
その手で色々なところを触れば
花粉が家全体についてしまうことになるので、
必ず外から帰ったらしっかりと手首まで手を洗うようにしましょう。

まとめ

Hipster girl blowing confetti from hands

ヒノキ花粉は、大体3〜4月にピークとなる花粉です。
この時期に花粉症の目がかゆい症状が強く出る場合にはヒノキ花粉症です。

ヒノキ花粉症の対策として今注目されているので、アレグラという薬。
副作用が少ないため、花粉症薬で今まで眠気などに悩まされていた人には特におすすめの花粉症の薬ですね。

大体花粉症シーズン2週間前ぐらいから飲むと効果が出やすいので、
ヒノキ花粉に悩んでいる人はぜひ試してみてくださいね。