子供の代表的な夏風邪の一つヘルパンギーナですが、
同時に蕁麻疹が出る事もあります。

普段蕁麻疹とは無縁の子でも、
出る事がある為に思わず慌ててしまいます。

ですが、どうして蕁麻疹が出るのかメカニズムを知れば、
慌てずに対処することが出来ますよ。

ヘルパンギーナという病気

2015-07-03b

毎年7月頃にピークを迎える代表的な夏風邪で、
4歳以下の子供で特に1歳代の乳幼児に流行します。

特徴的な症状としては
高熱と喉の奥に赤く囲まれた小さな水泡が現われます。

2〜4日の潜伏期間を経て、突然発熱して喉の痛みが出ます。
同時に喉の粘膜が赤く腫れ、
口の中(特に軟口蓋から口蓋弓にかけて)直径1~2mmの赤く囲まれた水泡が出来ます。

水泡はやがて破れて、浅い潰瘍を形成して痛みを伴います。
熱は2〜4日程で解熱して、
その後口の中にある水泡や潰瘍等の粘膜疹も消失します。

発熱時に熱性けいれんを起こしたり、水泡による口腔内の痛みの為に
拒食や哺乳障害による脱水症状に注意が必要です。

ヘルパンギーナの治療方法

ヘルパンギーナはエンテロウイルス群によるウイルス感染症です。
残念ながら、現在のところ予防となる抗ウイルス剤やワクチンはありません。

その為、予防接種等もありません。
ですので、ヘルパンギーナの治療は
症状に合わせて治療する対象療法が基本になります。

ヘルパンギーナは高熱が出やすいので、
一番に安静にして過ごす事が大事です。

高熱と口内に出来ている水泡や喉の痛みにより、
思うように水分が取れずに脱水症状にならないように水分補給を行います。

口内の水泡や喉の炎症により、
酸味のある果物のジュースなどは痛みが強く子供が嫌がる可能性があります。

その場合は、イオン飲料や湯さましなど、
刺激の少ない飲み物をこまめに与えます。

普通は2~3日程度で熱は下がりますが、
熱が長期間にわたって下がらない場合は、
髄膜炎等の合併症を併発している事がありますので、
必ず病院の診察を受けて下さい。

こちらの記事でもヘルパンギーナについて詳しく説明しています(*^^*)

どうして蕁麻疹が出るの?

ヘルパンギーナを発症している時に、同時に蕁麻疹が出る事があります。
思わず、ヘルパンギーナの症状の一つか、
もしかしたらもっと深刻な状態では?と心配してしまいます。

蕁麻疹はヘルパンギーナによる直接的な症状でも、
深刻な状態でもありません。
(病気で苦しむ子供にとっては、ヘルパンギーナの症状でツライ上に
蕁麻疹による痒みが加わるので深刻ですが)

実際は、ヘルパンギーナにかかった為に、
体調を崩して免疫力が落ちた為に起こります。

また、ヘルパンギーナが治った直後に免疫機能が活性化して、
免疫機能が過剰に反応して蕁麻疹が出る場合もあります。

蕁麻疹は強い搔痒感(かきむしりたくなるような痒み)を伴いますので、
蕁麻疹が出たら医師に相談して、蕁麻疹の薬を出して貰って下さい。

蕁麻疹の原因や対処法についてはこちらの動画も参考にしてみてください(*^^*)

蕁麻疹について

蕁麻疹が出て慌てないように、蕁麻疹に付いての説明をします。
蕁麻疹は20種類以上の原因があると言われていて、原因の特定が出来ません。

皮膚の表面が虫さされのように、
ぷっくりと盛り上がり痒みを伴います(膨疹)。
次第に大きくなって、中心部から平らになります。

膨疹は沢山出ますが、一つ一つの膨疹はおおよそ2時間程で消えます。
痒い為に患部を掻くと、その刺激で新しい蕁麻疹が出て広がりますので、
医師から蕁麻疹の薬を処方して貰いましょう。

早く治療を開始すればするほど、
鎮静化しますので蕁麻疹が出来たらすぐに病院に受診されて下さい。

こちらの記事もご参考に♪

大人がかかると症状が重くなる

子供がかかる病気の印象があるヘルパンギーナですが、大人も勿論かかります。

大人は免疫力も体力も子供より強い為に、感染しても中々発症しませんが、
一旦発症すると39度を超える高熱が出る等、子供に比べて重い症状が出ます。

大人の場合は、疲労など体調が不調な時に発症しやすいので、
体調管理をしっかりして発症しないように自己管理を行って下さい。

まとめ

2015-07-03c

ヘルパンギーナが発症るするのは、多くは1歳代の乳幼児です。
まだ自分で体の不調を訴える事が出来ない年齢ですので、
子供の様子をしっかり観察して病院では医師に説明できるようにしたい物です。

誰でもかかるポピュラーな病気ではありますが、
わずかとはいえ髄膜炎などの合併症を伴う場合がありますので、
完全に体調が回復するまでは十分に注意がしてあげて下さい。