部屋にいたら鼻が急に詰まった…。
風邪でもアレルギーでもないのに?なんで?
それってエアコンの使い過ぎが原因かもしれません。

暑い夏などは特にエアコンを使って快適に過ごしたいですよね。
でも身体を冷やしすぎると、鼻づまりを引き起こす原因になるのです。

でも、エアコンを切るわけにはいかないしどうすればいいの?
今回は、エアコンをはじめとして様々な原因から引き起こされる鼻づまりの仕組みとその対策をご紹介しています。

これを読めばイライラのもとになる鼻づまりから解放されるかも?

湿度をあげるとなぜ鼻づまりが解消されるの?

つらい鼻づまりを治すには湿度をあげると解消されます。
その理由としては、2つの鼻づまりの原因から考えてみましょう。

一つ目の理由は花粉やウイルスなどが湿度をあげることによって、減少するからです。
花粉やウイルスが多いと感じた時には鼻の中の空気の通り道を狭くして、通りにくくするのです。

湿度をあげるとこれらの悪さをする物質が減っていくので、
鼻の通り道が広がって鼻詰まりが解消されるのです。

また、もう一つは、周りの温度が低いと人間の身体は体温を上げようと血流が活発になります。
そのため、血管が膨れて鼻の穴の中も通り道が狭くなってしまうのです。
湿度を含んだ空気は暖かさをともなっているので、血管も元にもどり、鼻詰まりが解消されます。

お風呂に入ったときに鼻詰まりが解消されるのもこれが理由です。

平日はドラッグストアに行く時間も限られるし…。
そんなときには加湿器をつかったり、
お風呂に入ったりして湿度をコントロールすることで、鼻づまり解消が期待できるのです!

逆に湿度が高いと鼻が詰まるのはなぜ?

反対に湿度が低いと鼻が詰まりやすくなるのは、
さきほど書いたこと(湿度UPで鼻づまり解消)と反対の条件であるということに加えて、
乾燥すると鼻水がいっぱいでてしまうからです。

乾燥して鼻水がいっぱいでる?どういうこと?

鼻から吸い込んだ空気は「気温37度、湿度100%」の状態にされて体内に送り込まれます。
その湿度を上げるのに一役買っているのが鼻水です。乾燥した空気には、
たくさんの鼻水を使って「湿度100%」にあげなければならないのですね。

そのため、鼻水がいっぱい鼻の中でつくられて、それが鼻づまりの原因にもなるのです。

室内なら湿度を上げられますが、外出先ならどうしたらよいの?
その場合は、マスクをして、マスク内の空気の湿度をアップしましょう。

メガネをかけた方が、マスクをしているとたまにメガネが曇りますよね。
これって、口から吐き出された空気に湿度がたっぷりと含まれているからなんです。
マスクをした状態で、鼻から吸って口から出す呼吸をすれば、湿度をアップさせることができるのです。

鼻水が出る・鼻が詰まる仕組み

鼻水は体内に入る空気の湿度を上げるために出ています。
そのため、空気が乾燥していると身体は体内に入る空気の湿度を保つために、
鼻水をいっぱい出すのですね。

また、鼻水にはもう一つ役目があって、
鼻から体内に悪いものが入ってこないようにするために、体外に出す働きも兼ねています。
くしゃみも同じ原理ですね。花粉や空気中のごみが多いと鼻水も増えていくわけです。

また、鼻がつまる原因は鼻水が多いことも原因になりますが、
もともと鼻は左右の鼻が交互に詰まっています。

身体に空気が入りすぎないように、左右の鼻の穴の奥が交代でわざと腫れることによって、
鼻を詰まらせて空気の量をコントロールしているのです。

鼻の穴が2つある理由がわかりましたね。
また鼻水が出ていたりしているわけではないのになぜか、
片方だけ鼻が詰まっていると感じることはありませんか?

それってこれが原因なのですね。
鼻水や鼻づまりにはマイナスなイメージを抱きがちですが、身体を守る大事な仕事をしてくれていたのですね。

エアコンで鼻がつまる2つの原因

エアコンで鼻が詰まる原因は2つ考えられます。

1つは冷やし過ぎによる血管の拡張
先ほども少し触れましたが、急激に気温が下がったりすると
身体は体温をUPさせようとして、血流をよくします。

それは血管の拡張を引き起こすので、
鼻の穴の中の血管も膨らんで、空気の通り道が狭くなってしまうのですね。

2つ目はエアコンが排出している空気にあります。
エアコンは室内の空気を循環させて温めるので、室内のチリほこりを巻き起こします。
それが体内に入らないようにするために人間の身体は鼻の穴狭くするので、
鼻づまりの原因にもなります。

また、エアコン自体がカビを繁殖させてしまったりしていると最悪です。
カビもほこりと同じように鼻づまりの原因にもなるので、注意が必要です。

鼻づまりについてはこちらの記事もご参考に!

エアコンでの鼻づまりの対処法は?

定期的なエアコンのメンテナンスが必要です。
仕事などで疲れて帰ってきて、ゆっくり休んだりしているときに、
身体をリラックスさせるためのエアコンが、ストレスのもとになる鼻づまりを引き起こしてはイヤですよね。

女性一人でエアコンを掃除したり、フィルターの掃除をするのは難しいと思うので、
力持ちの男性に頼むか、本格的なエアコン掃除を業者に頼むとよいでしょう。

こちらの動画も参考にしてみてくださいね(*^^*)
『エアコンを自分で掃除する!』

鼻づまりに効果的な市販薬は?

鼻づまりに効果的な市販薬をご紹介します。
毎日働いて忙しい方にとってもアマゾンなどでも買うことができる商品を選んでみました。

ナザール

霧状の粒子が鼻のすみずみまで行き渡ります。
ナファゾリン塩酸塩が、鼻の中の血管の収縮を抑えて、
鼻づまりを抑えてくれることが期待できます。
容器内に鼻水などが逆流することはないので、清潔に使えます。

ハッカ油

いろいろなことに使えるハッカ油。
使い方は、マスクにハッカ油を1プッシュするだけ。
花粉症などにも抜群の効果があります。

天然成分由来なので、安心して使えます。

ブリーズライト

強制的に鼻の穴の中の通り道を広げることでおなじみの商品。
実に90%の人が鼻づまりが解消されたということ。

あまり人前にでることは難しいですが…。
就寝時には効果抜群です!

日頃からできる湿度やエアコンでの鼻づまりの予防法は?

鼻づまりは日頃のストレスや食生活でも起こりやすくなります。
ストレスを適度に解消し、食生活もバランスのよい食事を心がけましょう。

また、冷えには要注意ですね。特にエアコンの温度は28度前後に設定し、
体温の急激な低下を防ぎましょう。

職場でエアコンの温度を管理できない、彼氏が暑がるので温度を上げられない、
といった方はマスクをして鼻だけでも、体温が下がらないようにしましょう。
さらに鼻に余分な悪いものの侵入を防いでくれるので、よいと思います。

まとめ

  • 鼻詰まりは入浴や湿度を上げることで解消される
  • 逆に乾燥していると鼻が詰まりやすくなる
  • 鼻水が出る、鼻がつまるというのは実は身体を守るシステム
  • エアコンの冷やし過ぎ、エアコンによる空気汚れは鼻づまりを引き起こす
  • どうしても早く鼻づまりを治したい!という方は市販薬も活用しましょう!

つらくてストレスの原因にもなる鼻づまり。
でも今回ご紹介したことを少しづつ実践していただければ、解消されそうな気がしませんか?
これでみなさんもイライラから解放されすっきりとした毎日を送れるようにと願っています!