肌断食を知っていますか?
普段のメイクやスキンケアをやめて肌本来の働きを取り戻すのが肌断食の目的です。

いきなりすべてのスキンケアを完全に断つのは不安な人もいますよね。
そんな人におすすめの方法もあります。

肌断食をすると肌はどんな状態になるの?
実行中起こる肌トラブルにはどう対処したらいいの?
肌断食についてあなたの疑問にお答えします。

肌を休ませてリセットする肌断食

スキンケアやメイクをやめて肌を休ませ、リセットすることを肌断食と言います。
美しい肌を手に入れたいと考えるあまり栄養を過剰に与えたり、肌を摩擦して傷つけたり…。
肌の持つ働きを回復させ、健康な肌を手に入れる目的で行うのが肌断食です。

肌断食は、一切の化粧品を使わない方法と、
最小限のスキンケアとメイクはOKなやり方があります。
スキンケアをしないなんて大丈夫?と思ってしまいますよね。
肌断食をすると次のような肌トラブルから解放されます。

  • メイクやスキンケア用品に含まれる界面活性剤の刺激でバリア機能が破壊される
  • 化粧品に含まれる防腐剤によって雑菌が繁殖しやすい肌環境になる
  • 洗顔のし過ぎや摩擦による乾燥や肌荒れ

肌断食をすると肌本来の保湿機能が回復し、水分と油分のバランスがよくなりニキビができにくくなります。

肌呼吸を妨げるメイクを控えることで新陳代謝が正常化し、毛穴が引き締まってきめ細かい肌に。
刺激ストレス強い肌を手に入れることができるのです。

スキンケアやメイクを完全に断つ肌断食では徐々に化粧品を減らしていき最後は水洗顔のみにします。
メイクがどうしても必要な人は、夜メイクを落としたあと何もつけない夜だけ肌断食をする方法も。
いきなりスキンケアとメイクをやめるのに抵抗がある人は、週末だけ使用を中止する方法がおすすめです。

肌断食中の肌の状態とNG行為

肌断食をしても効果を感じにくい人もいるようです。
それは普段あまりメイクをしない人や最低限のスキンケアしかしていなかった人。
肌に変化が現れるまで数週間かかることもあります。

毎日のメイクや過剰なスキンケアを行っていた場合は肌への負担も大きく、
一時的な悪化(好転反応)が見られることも。
肌本来の働きを取り戻すまでに数年を要することもあるようです。
肌断食は継続することが大事なんですね。

肌断食初日からいきなりスキンケアすべてをやめるのはNG行為。
クレンジング、洗顔料の順にストップし、次にクリーム、乳液、美容液、
そして、最後に化粧水をやめます。

段階を踏むことで何もつけない状態に少しずつ慣らしていきましょう。
どうしてもメイクが必要な人は純石けんで落ちる程度ならOKとされています。

肌断食をすると肌表面がザラザラして手触りが悪くなったり、乾燥してシワが目立ってきます。
化粧品でごまかされていた肌がむき出しになった状態です。
ピーリングをすればきれいになるのではと考える人もいるようですがこれもNG行為。

角栓が多く出る場合もあります。
肌荒れを起こしているように見えますが、肌断食を行っているとお肌の不要物である角栓が剥がれ落ちてくる場合もあります。
その際、無理矢理擦って取るのは、お肌に負担がかかりますので、自然に剥がれ落ちるまで、待ちましょう。

肌への負担が大きく、さらなるダメージにつながるのでやめましょう。

肌断食中、微弱電流を使用して肌に有効な成分を浸透させるイオン導入を使用して
ビタミンC誘導体を導入するのが効果的という話もありますが、実際に使用した人の感想は劇的な変化はなかったが効果は感じたとのことでした。

肌に良い成分だから、どんな人でもたっぷりと使っていいかというと、
その点は注意が必要です。
皮脂のコントロールに働きかけるため、もともと肌がドライぎみの人は皮脂量が減って肌が乾燥し、刺激に敏感になってしまうことがあります。

肌断食中の乾燥の対処法

肌断食を始めると、ニキビができやすかった場所や鼻の脇、
人では顔中がうろこ状になったという声があります。

かゆみを伴う人もいてはがしたくなる衝動を抑えるのが大変だったようです。
肌の乾燥には保湿が有効ですが、肌断食中はスキンケアできませんよね。

肌断食中どうしても保湿したいときは、白色ワセリンの使用が推奨されています。

白色ワセリンは香料・防腐剤無添加の肌に優しい保湿剤。
皮膚表面を保湿してくれます。
白色ワセリンは薬局やドラッグストアで購入可能です。

基底細胞に働きかけ内側から保湿する
ヘパリン類似物質(ヒルドイド)には抗炎症作用血行促進効果があります。

ヘパリン類似物質が乾燥肌に効果的なのは、弱まってしまった保湿力とバリア機能を取り戻し、新陳代謝を促す作用があると考えられているためです。
また、炎症を抑える効能も期待できるため、乾燥によって荒れてしまった肌の修復を早めるとされています。

ヒルドイドは皮膚科へ行くと処方してもらえる薬で、市販の類似薬より安くつくのでおすすめです。
いずれも肌断食中は乾燥がひどくかゆみ炎症がある部分に塗るのが基本の使い方です。

肌断食をしている間は、生活習慣にも気をつけたいですね。
生活習慣の乱れは肌のターンオーバーを乱します。
質の良い睡眠適度な運動バランスの良い食生活を心がけ規則正しい生活を送りましょう。

まとめ

  • 肌断食は肌を休ませ、本来の機能を取り戻す目的で行う
  • 肌断食の効果の合わられ方は人それぞれで、継続することが大切
  • 乾燥によるかゆみや炎症は白色ワセリンやヘパリン類似物質で対応する

肌断食のやり方やNG行為、かゆみや炎症が起きたときの対処法についてまとめましたが参考になりましたか?

スキンケアやメイクをやめることで肌本来の働きを取り戻す目的で行う肌断食。
使う化粧品を徐々に減らしていき、段階を踏んで少しずつ慣らしていくのが成功の秘訣です。

毎日が無理な人は夜だけ肌断食や週末肌断食をする手もあります。
肌が無防備な状態になるため乾燥によるかゆみや炎症が起こることも。

そんなときは白色ワセリンやヘパリン類似物質(ヒルドイド)で対応しましょう。
肌断食中は生活習慣の見直しをし、肌のターンオーバーを促すのもポイントです。