乾燥する時期に保湿として使用する人が多いワセリン

ワセリンは乾燥肌で悩む人からすればとても便利なものですが、
肌荒れにも効果があるって本当なのでしょうか。
しかも、化粧下地代わりにすれば肌荒れから守ってくれるという噂も!

今回は肌荒れとワセリンの関係について調べてみました。

ワセリンってなに?どんな効能があるの?

Woman holding a pot of moisturising cream

まず、ワセリンそのものについてお話します。

ワセリンは、石油からできる「炭化水素類」の混合物を脱色して精製したもので、
1つで顔からかかとまで全身に使えるのがポイントです。

ワセリンを付けることによって、薄い保護膜ができます。
この保護膜が、様々な刺激から肌を守ってくれるのです。

例えば、乾燥対策として。
一般的に1番知られているワセリンの使い方がこれです。


全身に使えるので、ハンドクリームとして、リップクリームとして
かかとやひじなどの乾燥しやすい部分に塗るのもおすすめ!

また、花粉症にも効くと言われています。
これは、外出前に鼻の穴の入り口にワセリンを塗ってから出掛けるというもの。


ワセリンがフィルターとなって花粉の侵入を防いでくれるんです。

「ワセリン」を化粧下地にすると肌荒れが良くなるの?

ワセリンを塗ることによって
外部からの刺激をブロックできるので肌荒れも軽減されるんですよ。

また、ワセリンには化学的な美容成分が入っていないので
とっても肌にやさしいというところもおすすめできる理由。

化粧下地として使う場合は、
大豆1個分くらいの量を目安として顔に薄くのばして使います。

コツとしては、ワセリンを手に取った後、
少し温めると成分が溶けて伸ばしやすくなりますよ。


保湿されるので化粧ノリも良くなるんですね!

ワセリンには様々な種類の商品がありますが、
最も流通しているものは白色ワセリンでしょうか。
薬局などでも手に入れることができます。


半透明で、肌の水分蒸発を防いでくれる優れモノ!
赤ちゃんにも使えるのが良いですね。

ちなみにこっちは黄色ワセリンです。
見た目のクリームの色だけでなくパッケージの表記で確認して
お間違いのないように(^^)

肌荒れで悩む人が化粧をするときに気を付けること!

肌荒れはしているけれど、化粧をしないで外に出るのも・・・
そんな時に、できるだけ肌を傷つけない方法で化粧が出来たら良いですよね!

肌荒れ時の化粧では、
隠すことに力を入れる人が多いと思いますが、実際に大切なのは保湿すること、

つまり与えることなんですよ!

まず、化粧水でしっかりと保湿。毛穴を引き締めましょう!
毛穴が開いたまま化粧をしてしまうと、
余計に毛穴が開いて肌荒れが酷くなってしまうんです。


ファンデーションに化粧水を混ぜるのも効果的だそう!

また、油分を出来るだけ控えた化粧を心がけることも大切で
ファンデーションを使う場合は
リキッドタイプよりも本当はパウダータイプの方が効果があるんだそう。

肌にやさしいミネラルファンデーションだとさらに良いです。
毛穴のつまりを防ぎましょう!

「エトヴォス」というメーカーのミネラルファンデーションです。
使用方法もわかる動画です!

リキッドファンデーションを使う時は、
美容成分が入ったものや肌にやさしいもの、
それから上に書いたように化粧水を少し混ぜて使うのもおすすめですよ!

まとめ

2016-04-10c

いかがでしたか?
肌荒れの強い味方であるワセリン、効能について分かっていただけましたでしょうか。

ワセリンは保湿というイメージが強いかもしれませんが
花粉をブロックしたり、あとはひび割れが起きそうな革製品にも使えたり、
虫刺されも治してくれたりと色々な場面で効果を発揮してくれる万能薬!

しかも原料も石油に含まれる不純物を取り除いて精製したものなので
「石油は何となく使いたくない…」と言う人も心配の必要なく使うことが出来るんですよ。

また、肌荒れをしているときの化粧で大切なのはベースメイクでしたね。
ファンデーションを塗る前の肌の保湿の大切さや
ファンデーションの選び方なども参考にしてもらえたらと思います!

隠す化粧はもう終わりにしましょう!