太陽と地球の影の関係で月が欠ける、月食
とても神秘的な天体ショーで、日食と並んで天体観測愛好家のみならず
一般の人の間でもたびたび話題になります。

この月食の日には、願い事をすると良いという言い伝えをご存知でしょうか。

今回は、月食の言い伝えと、
直近の月食の予定日についてお話しします。

月食の種類と頻度

月食には何種類かあり、
全てが隠れてしまう皆既月食、部分的に欠ける部分月食、
そして輪郭がぼやけるように色が薄くなる半影月食があります。

2015年の4月4日に観測された皆既月食の様子です。
本来なら長時間かかる天体ショーですが、
早送りして欠ける様子をわかりやすくしています。

やはり、部分月食や半影月食よりも、
全てが隠れる皆既月食の方が、見応えがあるという人もたくさんいるようです。

20世紀の100年間で、皆既月食と部分月食の回数を合わせると、
合計142回も観測されたそうです。

ただ、月食が無い年も何年かあり、
年に必ず1回以上観測できるというわけではないようです。
逆に、年に5回も起こるような月食の当たり年もあり、
定期的に起こるものではないことがわかります。

次の月食はいつ?

では、日本で月食が観測できるのは、次はいつなのでしょうか。

まず、残念ながら来年の2016年は、
月食が一度もない数少ない年となります。
そのため、直近の月食は2017年以降です。

一番近いものは部分月食で、2017年8月8日に起こります。
この部分月食は、最大で約25%、
月の1/4ほどが欠ける様子が観測できるそうです。

その次に訪れるのは皆既月食で、2018年1月31日です。
時間にして約1時間17分続きます。

この2018年にはもう一回皆既月食を観測できる日があり、
7月28日となっていますが、残念ながらこの日の皆既月食は、
北海道では部分月食としてしか見ることができません。

しかし、夏休み中ですから、皆既月食も部分月食も、
お子様たちの自由研究には持ってこいの題材ですね。

これらの日には、曇天になることなく、
くっきりとした月食の様子を見られるように、願いたいものです。

月食にまつわる言い伝え

月食はその神秘性から、昔から様々な言い伝えがあります。
まず、月食は、悪魔や狼、犬などが月を飲み込んだせいで、
月が見えなくなるという話があります。

これは、色々な宗教や地域で見られるものですが、
月食を不吉なものと捉えるという意味合いは、一致しています。

神秘の象徴である月が隠れてしまうのですから、
昔の人々は、何かしらの不安を覚えてきたのでしょう。

逆に、占星術の世界では、
月食は人の成長を促すきっかけとなるという説もあり、
この日に頭に浮かんだ願い事を忘れずに、
その目標へと歩み続ければ必ず願いが叶うとも言われています。

月食は人の深層心理を露わにする時のため、
この日に思いついたことは、自分が本当に求めているものだという理屈です。

皆さんも、月食の日には月に向かって願い事をして、
自分に本当に必要なものは何かを再確認してはいかがでしょうか。

スピリチュアルに興味があるなら、
占星術について少し勉強すれば、違った見方ができ、
月を見るのが今まで以上に楽しくなるかもしれませんね。

まとめ

2015-11-13c

いかがでしたでしょうか。
月食についての簡単な知識と、月食の予定日、
そして各地に伝わる言い伝えなどについて、ご説明しました。

月食は、日食ほどではありませんが、
とても回数の多い天体ショーとされています。

ただ、日食に比べ、見え方が天候に左右されやすいため、
極端に回数が少ないように感じられるのかもしれません。

しかし、ながら、はっきりと月の輪郭が見える天候で、
周囲に明るいものが無い環境で見る月食は、とても神秘的で印象深いものです。

次に起こる皆既月食は2017年1月31日、真冬の最中です。
雲さえ無ければ、冬の澄んだ空気の中、美しい皆既月食が見られることと思います。

あなたも、真冬の皆既月食を見ながら、
何か願い事をしてみてはいかがでしょうか。