外反母趾という言葉を聞いたことがある人は多いですよね。
ですが、実際にどういう症状が外反母趾かということを
しっかりと知っている人は少ないです。

外反母趾とはどういった症状なのか、
また何が原因でなってしまうのかということを詳しくご紹介していきます。

また、外反母趾の自宅で出来る改善方法についてもご紹介していきます。

外反母趾とは?

2016-02-03b-2

外反母趾とはよく言いますが、
いったいどういったことをいうのでしょうか?

外反母趾は、足の親指が内側つまり小指側に曲がってしまっていることをいいます。

親指の付け根あたりから曲がってしまうのが、外反母趾の特徴です。
また、ただ曲がっているだけではなく、
その曲がった角度が15度以上の場合が外反母趾とされるのです。

調べ方としては、画用紙などに足をのせて足の形を鉛筆などでなぞります。

なぞった足形の、親指の付け根部分から曲がった角度を測ってみれば
簡単に自分が外反母趾なのかどうか確認することができます。

ただ曲がってしまうだけ、
と簡単に外反母趾を考えてしまってはいけません。

なぜなら、外反母趾によって二次的な症状が体に起きることが多々あるからです。

外反母趾によってこういった症状が起きるという断定はできませんが、
腰痛や肩こり、関節痛やヘルニアなど様々な症状が起きてしまうことがあります。

外反母趾によってこういった症状に悩まされている人がたくさんいるのです。
また、こういった二次的な症状はひとつではなく併発することも特徴です。

外反母趾の原因は?

でもどうして外反母趾になってしまうのでしょうか?
外反母趾を引き起こしてしまう原因を考えてみましょう。

外反母趾になってしまう原因は、日常の中にあります。

まず歩き方。
足の指を使わない歩き方をしている人がいます。
この歩き方は、ぺたぺた歩きともいわれますが、
足指を使わないことで足の指のまわりの筋肉が使われなくなってしまいます。

つまり筋力が低下してしまうので外反母趾になってしまうのです。

次に普段履いている靴です。
実は足にあっていない靴を履いてしまうことで、
足の自然な形を崩してしまい足の形を変形させて外反母趾につながります。

また、女性がよく履くハイヒールなど足の先が細くなっている靴や
かかとの高い靴なども外反母趾の原因となります。

つま先が細くなっているタイプやかかとが高いタイプは
足の指のほとんど力がかからないために筋力が低下するだけではなく、
足の指を圧迫してしまうため外反母趾につながるのです。

女性に外反母趾が多い理由が、
こういったハイヒールなどの靴が原因であることが多いからです。

また、それ以外にも運動不足による
足指の筋力低下が原因で起きる外反母趾や
遺伝によって起きやすいともされています。

ただ、多くは靴によるもの。
特にハイヒールなどを履いていないのに
外反母趾になった場合には歩き方が原因であることが多いようですよ。

つま先運動で改善する?

外反母趾の改善の仕方はいくつかありますが、
その中でも特に効果的だとテレビなどでも紹介されているのがつま先運動です。

簡単で自宅でも出来るものになっています。
そのやり方は、まずひざが開かあないようにして両足を揃えて立ちます。

その体制のまま、つま先立ちをして5秒間キープします。
これを1回10セットとし、朝夜1回ずつ行うだけでOKです。

お尻の筋肉を意識して行うと効果的なようですよ。
実際に外反母趾の人がこの運動を試して改善したこともわかっています。

お金もかからず空き時間を使うだけなので、
外反母趾で悩んでいる人はこの運動をしないわけにはいきませんよね。

外反母趾改善法

つま先運動が効果的な改善方法になりますが、
それ以外にも改善方法はあるのでしょうか?

外反母趾の自分で出来る改善方法についてご紹介します。

外反母趾改善法

靴選び
外反母趾になったらおしゃれな靴が履けない!と思われがちです。
もちろんおしゃれのためだけに無理やり靴を履くのは
もちろん外反母趾を悪化させてしまうのでよくありませんが、
おしゃれな靴でもその靴の選び方では足に負担をかけません。

基本的に、必ず靴は試着して足の大きさだけではなく
幅があっている靴を選ぶようにしてください。
また、ヒールは3〜5センチまでにすれば外反母趾の悪化を防ぎ、
かつおしゃれを楽しむことができますよ。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

また、矯正インソールなどもありますので
しばらくヒールは控えて、ぺたんこ靴などにインソールを入れて
改善していくといいですね。
矯正インソールのお探しはこちら

テーピング


参照:http://item.rakuten.co.jp/

外反母趾は足の形が変形してしまっている状態ですが、
これをテーピングによって矯正することができます。

もちろんめちゃくちゃなテーピングは
外反母趾を悪化させてしまいますが、正しく行えば変形を矯正することができます。
テーピングのお探しはこちら

専門医に教えてもらうのが一番ですが、
動画を参考にして正しくテーピングをすることもできます。

まとめ

外反母趾は放っておけば最悪、
腰痛やヘルニアなど体へ重大な影響を与える可能性があるものだからこそ、
放っておくことはいけません。

普段から細い靴やヒールの高い靴を履いている人、
歩き方がぺたぺた歩きをしている人は
外反母趾になる可能性が高いからこそ、外反母趾になる前に予防するようにしましょう。

なってしまった場合には、
まずは病院で一度診てもらうようにして下さいね。