寝汗は気になるものですよね。

朝起きて寝間着やシーツがぐっしょりとしているとちょっとびっくりしてしまいます。
しかも暑い時期ならともかく寒い冬にびっしょりと寝汗をかいて
目覚めたとなったらなんだか心配になってしまいます。

これはもしかして怖い病気なのではないか?と気になってしまいますよね。
実は女性はホルモンバランスの関係で、その時々の状態によっては
異常な寝汗をかきやすいという所はあるようです。

しかし、異常な寝汗は体の異常を警告しているものである事も多く、
また、その症状を起こす病気には危険な物もあります。
あまりにも続くようなら病院できちんと診察を受けた方が良いでしょう。

なぜ寝汗をかくのか?

81d8014cbb14f9f264de61d0c5a2c1ee_s

寝汗をかくのは体温調整の為に自然と体が行っている事で、
基本的には当たり前の体の機能であっておかしな事ではありません。

成人ではコップ1杯程の寝汗は普通にかいていると言われています。

しかし、これが異常な量となると話は違います。
夏の暑い時、病気で熱がある時、悪夢で動悸が激しくなるような目覚め方をした場合。
これらは大量の寝汗をかく理由になります。

この場合の寝汗は健全とは言い切れませんが、正しい体の反応で、
多くは心配するようなものではありません。

しかし、冬の寒い日でもずっと毎日のように寝間着もシーツも
ぐっしょりとなる程に寝汗をかく場合は、
身体的精神的な問題を抱えている可能性がありますΣ(゚口゚;

一度記録を付けてみて、何日も連続して症状が起こっているかどうかを確認してみましょう。

女性にとっての寝汗

女性の場合その時々の状態で冬でも寝汗が酷い場合はあると前述しましたが、
それは妊娠時生理更年期などのホルモンバランスが乱れた時などです。

また甲状腺の異常などもその原因になる場合があります。

しかし一方で寝汗が酷い病気として怖い物に夜間低血糖という物があります。
低血糖と言えばインスリンを投与している糖尿病の人が起こす症状と思われがちですが、
低血糖は健康な人にも起こる症状です(`・ω・´)!

しかもこの夜間低血糖の症状は女性が陥りやすい食生活に関連している為、
女性にとって身近な症状とも言えるのです。

夜間低血糖の原因は、寝ている間に血糖値が急激に下がる事です。
血糖値が急激に下がる条件は事前に糖質を多く摂取しすぎるせいだと言われています。

甘い物が好きな女性は仕事のストレスや疲れから、
帰ってつい甘いものを摂取してしまう事がありますが、
それがこの症状を引き起こす場合があるのです。

また逆に極端に少ない食生活を送っている場合でも起こるので、
ダイエット中にも陥りやすい症状でもあります。

寝汗に関してはこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

冬にも酷い寝汗をかく夜間低血糖の危険とは

夜間低血糖は寝ている内に知らずに低血糖になってしまっている症状です。
なぜこの夜間低血糖が怖いのかというと、無自覚の内に低血糖を引き起こし、
それを回復するという事を繰り返しているからです。

知らない内に回復しているのなら良いのではないか?(゚ペ)?

と思うかもしれませんが、この症状の怖い所はこの無自覚な所にあります。
糖尿病ではない健康な人の場合、自分が低血糖に陥っているとはまず考えません。

朝起きて体がだるかったり、酷い寝汗をかいていたりしても、
まさか低血糖になっていたとは思わないでしょう。
この無自覚状態で症状を繰り返す事によって、自律神経からの警告が段々鈍って行き、
自覚症状の無いまま危険な状態になるまで気付かないで、

突然低血糖昏睡を起こしてしまうまで悪化してしまうのです。
低血糖昏睡はすぐに治療を受けないと死亡や植物状態に至る症状です。
とても恐ろしい病気なのですΣ(・ω・;|||

冬に酷い寝汗が続いた時に

lgf01a201501081300

寝る前にお腹が空いてつい食べてしまうという人は、
糖質の少ない物を口にして就寝するようにしましょう。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

糖分の入っていない乳製品豆類などが良いと思います。
空腹なまま寝るのも危ないので少しは何かお腹に入れておく方が良いからです。
これでも症状が改善されない場合は低血糖とは別の所に問題がある可能性があります。
低糖質豆乳のお求めはこちら

体が引き起こす異常な状態というのは体に何かが起こっているサインである事を理解して、
症状が続く場合は一度お医者さんに相談してみるのが良いと思います。

毎晩悪夢を見て飛び起きて寝汗が酷かったりとか、
いびきが酷いという場合も、何らかの病気を体が知らせている事もあるのです。

ちょっと恥ずかしいからと一人で悩んだり落ち込んだりせずに一度相談してみましょう。
とりあえず何もないと分かれば、逆に安心してぐっすり眠れるようになるかもしれませんよOo。。( ̄¬ ̄*)