最近話題のスーパーイソフラボンのエクオール
バストアップ効果が期待出来るのだそうです。

そもそもスーパーイソフラボンと呼ばれている
エクオールとはどういった物でしょうか。

なぜバストアップ出来るのかを調べてみましょう。

スーパーイソフラボン、エクオールとは?

2015-04-28b

エクオールとは、
人の腸内で作られる物質でイソフラボンを原料にしています。

だからこそスーパーイソフラボンと呼ばれているのです。
エクオールは女性ホルモンと似た働きをするため、
エクオールが沢山作られると女性らしい体型になって行き、
バストアップも図れるという訳です。

素晴らしい物質ですね。

しかし残念ながら、このエクオールは
誰の腸内でも作られるものではありません。

日本人では二人に一人が作れると言われていますが、
逆に言えば二人に一人は作る事が出来ないという事です。

このエクオールを作れない人は、
イソフラボンを摂取しても
女性らしい身体になる可能性はほとんどなく、
バストアップの効果は無いとか、がっかりですね。


何も知らずにイソフラボンを摂取していて
実は効果がなかった!ってことに気づいた日にはもう…(*_*)

このエクオールを産出できるかどうかは尿検査で分かるそうです。
ネット上や病院でも検査をしてくれる所があるので、
一度検査をしてみると良いかもしれません。

エクオールを作れる身体になる

エクオールを産出できる腸内環境とはどうすれば作れるのでしょうか?

まず大切なのは、
イソフラボンからエクオールを作り出す細菌が必要だという事です。

そのような細菌が生まれる土壌には当然ながら
イソフラボンを常に摂取してきた環境が必要です。

イソフラボンが無ければイソフラボンを分解する細菌は必要有りません。
つまり常に大豆製品を摂取して来た人なら、
体内にエクオールを作る細菌が存在している可能性は高いという事です。

逆に子供時代から大人になるまで大豆製品をほとんど摂取していなかったら
この細菌は存在していない可能性が高いのです。

腸内細菌環境は一度出来てしまうと、変化し辛くなると言われています。
また、エクオールはバストアップだけに効果があるわけではありません。

更年期障害骨粗鬆症などの
女性の罹りやすい高齢後の障害を和らげる効果があるとされています。

こちらの記事でもエクールについて詳しく説明しています。

食事で腸内環境を変化させる

腸内環境が一度決まってしまうと
なかなかそれを変える事が出来ませんが、
しかし、食生活の改善によって、少しずつ変化させる事は出来ます。

エクオールを産出する腸内環境を意識して整えるのです。
エクオール産出出来る人の割り合いには、興味深いデータがあります。

先ほど、エクオールを作れる人は二人に一人と言いましたが、
これは日本人の割り合いです。

これが欧米人になると20から30%と、かなり低くなります。
実は日本人でも低年齢になると
エクオールを作れない割り合いが20から30%、
つまり欧米人と同じ程度に落ち込んでいるのです。

これはおそらく
大豆製品の摂取量の違いであろうと言われています。

前述したように、大豆製品、つまりイソフラボンを摂取しなければ
それを分解する菌は必要ないのです。

逆に言えば、大豆製品を摂取する事で
腸内環境が変化する可能性があるという事です。

まずは、毎朝豆乳を飲む等から始めてみましょう。

美味しくないイメージを持っていても安心してください。
様々な味があってカナリ飲みやすくなってます(*^^*)

なぜバストアップが必要なのか

2015-04-28c

さて、ここで根本的な問題に立ち返りましょう。
なぜ女性はバストアップをしたがるのでしょうか?
単純に考えれば異性に対してアピール力が高まるからという事だと思います。

バストの大きさは赤ちゃんへの授乳力には直接関係ありません。
とすればやはり見た目の女性らしさ、
セックスアピール力をアップしたいからという事でしょう。

そもそも女性ホルモンエストロゲンに比べれば
エクオールの影響力は小さいのです。

ここはもっと積極的にエストロゲンの分泌を増やしてみる方向で
バストアップを計っても良いのではないでしょうか?

エストロゲンは、恋をすると増えます。
もっとばっさりと言うと、何かに夢中になるとエストロゲンは多く分泌されるようです。

それはアイドルだったり、子供だったり、ペットだったりでも同じようなのです。
更に男性の臭いを嗅ぐことでもエストロゲンは分泌されます。

つまり、命短し恋せよ乙女ではなく、胸を育てよ恋せよ乙女という事ですね。