エボラ出血熱はエボラウイルスに感染して発症する感染症であり、
既に世界中で何度もアウトブレイクを起こしている恐ろしい病気です。

多くの人がこの病気で亡くなっていますし、
出来れば根絶したい病気の1つである事は間違いありません。

人類は以前、
同じように多くの人を脅かしていた天然痘ウイルスを克服しました。

同じウイルスならエボラウイルスも克服出来るのではないか?
と思うのは当然でしょう。

しかし、実はエボラ出血熱と天然痘のウイルスは
性質が違う為、根絶は出来ないと考えられます。

エボラ出血熱とは

2015-08-03b

エボラ出血熱はエボラウイルスによる感染症の名前です。
エボラウイルスはいくつかの種類があり、
中には致命率はそこまで高くない種類もあります。

しかし中には致死率6割を超える種もあり、
更にアウトブレイク、つまり地域内での集団感染が起こると
その致死率は一挙に跳ね上がって9割にも達してしまう事になります。

エボラウイルスの感染症は初期はエボラ出血熱と呼ばれていましたが、
最近は出血性の症状が出る事が少ない為
単にエボラウイルス病と呼ばれるようになっているようです。

エボラウイルスはその感染力の高さが更にその危険性を高めています。
感染源は患者の血液や体液などですが、
それに触れるとほとんどの場合感染してしまうのです。

空気感染こそしませんが、この感染力の高さと、致命率の高さゆえに
非常に危険なウイルスとなっています。

エボラ出血熱のアウトブレイクは、
今までそのほとんどがアフリカで発生しています。

これはエボラウイルスへの危険性の周知が徹底していない為
短期間で医療関係を中心に感染が拡大してしまう事が原因とされています。

天然痘とは

天然痘は古代からその致死率の高さと、
治った後に酷い痕が残る事で知られていました。

酷い時には何万人が数百人を残して全滅したり、
数百万人が一度に死亡したりといった記録があります。

天然痘に罹ると、急激な発熱、頭痛を始めとする全身の痛みに襲われ
顔面を始めとした全身に発疹が出来てしまいます。

この発疹痕は治癒後も残り、
特に女性にとっては治癒しても辛い病気となっていました。

天然痘が克服されたのは
英国の医師が、牛の乳搾りをしている女性に
天然痘にかかる確率が極端に少ない事を発見したからです。

調べると牛には天然痘と似た病気である牛痘があり、
乳搾りの女性はこれに先に感染したため
天然痘に罹らないという考えを元に
実験を行ってワクチンによる予防接種を確立しました。

こうして天然痘に対する備えをした結果
天然痘ウイルスは地上から消え去り、現在まで天然痘の再発生は報告されていません。

天然痘のようにエボラ出血熱が根絶されない理由

では、天然痘ウイルスが根絶されたように
エボラ出血熱もエボラウイルスに対するワクチンによる封じ込めが出来れば
根絶出来るのではないか?

という考えに至るのは自然な事でしょう。
しかし、たとえエボラウイルスのワクチンが発見されたとしても
エボラウイルスは天然痘ウイルスのように根絶する事は出来ないと言われています。

それはなぜかと言うと、一番大きな理由は、
エボラウイルスは人間だけに感染するウイルスではないという事が挙げられます。

天然痘において、その宿主となる生物は人間のみでした。
その為、人間だけがワクチンを接種する事で
ウイルスを完全に封じ込める事が出来たのです。

しかし、エボラウイルスは元々動物から感染したと言われているように
その宿主は人間だけではありません。

その為、たとえワクチンが発見されたとしても
根絶は出来ないだろうと言われているのです。

感染症が広がりやすい現代社会

2015-08-03c

現代社会は感染症を封じ込めるのが
難しい社会構造となってしまったと言われています。

昔なら感染した患者が病気が発症する前に
移動出来る距離はそれ程広範囲ではありませんでした。

しかし現代社会には新幹線や飛行機など
短時間で長距離を移動出来る乗り物があります。

このため、感染はしていても発症していない患者が
その事に誰も気付かないまま国境を超える事も起こりえる事となってしまいました。

実際にそのような事態は何度も発生しています。
しかもこれは人間だけに限りません。

病原菌を持った生き物が
飛行機に紛れて入国してしまうという事もあり得るのです。

人間ならば追跡調査のしようもありますが、
それが蚊や蝿などの場合は追跡など出来るはずもありません。

以前は島国であった事から
大陸の感染病から守られていた日本も
今や海外で起こったアウトブレイクをも地続きのお隣で起こった出来事と
考えなければならない時代となっているのです。

そのためにも、できることは積極的に予防し
まだ見ぬウイルスから少しでも自分を守らなくてはいけません。
こまめな殺菌消毒など、簡単にできることを心がけることが大切です。
このような消毒スプレーを常備しておくと便利ですね(*^^*)