クーラー病って知っていますか?
名前の通りクーラーなどの冷房による病気です。

クーラー病になると色々な身体の不調が現れて来ます。
手のしびれ倦怠感、肩こりや胃腸の調子が悪くなったりと広範囲の不調が特徴です。

これらの症状は身体の状態を調整する自律神経が疲弊してしまう事が原因とされています。

クーラー病ってどんな病気?

2016-04-14b

クーラー病は夏に罹る病気です。
簡単に言うとクーラーなどの冷房によって身体の機能がおかしくなってしまう病気の事です。

人の身体は夏になると熱が逃げやすいように身体の機能を調節します。
この調節を行っているのが自律神経です。
自律神経とは人が意識をする事無く身体を環境に合わせて調整する働きをしてくれています。

そのため、気温が上がる夏は体温の上昇を防ぐ為に
毛細血管を広げて熱が逃げやすいように身体の状態を変化させているのです。

ところが冷房が効いた室内に入ると、
逆に寒いぐらいに温度が下がっている場合もあり、
そうなると夏型の身体の状態では身体が冷えすぎてしまいます。

健康な状態なら自律神経はその環境に合わせて身体の状態を微調整するのですが、
室内と外気の差が大きく、その間を何度も移動すると自律神経の調整機能が疲弊して
上手く働く事が出来なくなってしまいます。

そうなると身体が冷えすぎて血液などの循環が上手くいかなくなり、体調不良に陥ってしまうのです。

クーラー病の手のしびれや倦怠感

クーラー病による手のしびれや倦怠感は根本にあるものは自律神経の失調などですが、
直接の原因は血行不良によるものと考えて良いでしょう。

正座を長くしていると足がしびれる事からも分かるように、
血行が悪くなるとその部分の筋肉が緊張状態に陥って固くなりしびれるようになってしまいます。

また、倦怠感の場合は直接的な毛細血管の血行の悪さとは一見関係なさそうですが、
全身の器官に対する血の巡りが悪い事による酸素不足、栄養不足が発生し、
疲労物質も溜まってしまうなど、やはり冷えによる血行不良が大きく関与しています。

この血行不良により内臓の機能も低下して食事をしても
栄養補給が上手くいかないというような事も倦怠感の原因となるのです。

この場合、その対策としては、
まずは身体の冷えを解消する事から始めるのが良いでしょう。

クーラーに長時間あたる場合は上着や保温用のストールなどを用意する、
お風呂に入ってマッサージをしてこまめに血行を回復するように努めるなど、基本的な冷え対策が大切になります。


仕事の都合でどうしてもクーラーの効いた場所で仕事をする場合は
夏でもあえて防寒対策をして自分の身は自分で守るようにしましょう。


参照:楽天市場

バッグに入れてもかさばらず、会社や電車の中、喫茶店などで
さっと羽織れるカーディガンなどが便利ですね。
シンプルなものであれば、何にでも合わせられるのできやすいですよ。
カーディガンのお探しはこちら

クーラー病対策

先にいくらか書きましたが、クーラー病対策は冷える場所での防寒がまず大切です。
更には内側から身体をあたためる方法も効果があります。

身体の内側からあたためるというのは、温かい飲み物を口にしたり、
運動によって筋肉による発熱を促すなどの対策です。

食事も内臓に負担を掛けない消化に良い物を摂取する事、
また、暑いからと身体を冷やすアイスや冷えた飲料を多く口にしたりすると
内臓を疲弊させるので出来るだけ控えましょう。

極端な話をすれば使い捨てカイロなどや湯たんぽを
クーラーの効きすぎた職場に持ち込んで身体を冷やさないようにするという方法もあります。
今はクールビズなどが推奨され、社会的にエコロジーを考えた節電が風潮となっています。

この風潮に乗っかってクーラーの温度を
あまり下げないようにするのが一番良いのですが、
もちろん職場によっては無理な所もあるので、その環境に合わせた対策が大切なのです。

季節感の消失による体調不良

2016-04-14c

人間の生活は便利になり、
夏に涼しく、冬にあたたかく過ごせるのが当たり前になっています。

しかし、便利になった一方で身体の機能はなかなか上手くそれに合わせる事が出来ません。
ずっと涼しいならその環境に合わせるのでしょうが、
通勤時間には外の環境に晒されてしまうので
どちらか一方に合わせるとどうしても上手く調整出来なくなってしまうのです。

また、だからと言って、ずっと快適な生活を送るようになれば良いという考えも危険です。

なぜなら、ずっと快適な環境で生活するようになれば人間の身体はそれに慣れてしまい、
環境に大きな変化があった時に対応が遅れ、大きく体調を崩す可能性があるからです。

人間の身体は高性能なのですが、
その一方でとても繊細で不調を起こしやすいという事を理解しておく事はとても大切です。