コールドプレスジュースってご存知ですか?
熱を加えずに作る100%ジュースの事です。

野菜や果物に含まれる栄養素には
熱を加える事で失われてしまう物があります。

それらを失わないように絞ってジュースにするのが
コールドプレスジュースなのです。

これらは購入すると普通のジュースよりかなり割高になります。
しかし、自宅で手作りするには特殊なジューサーが必要となるのです。

コールドプレスジュースとは

2015-08-13b

今までの100%ジュースはその作る過程で熱が加わっていました。
なぜかというと、ジューサーのカッターは
高速で回転する事によって素材を砕いていますが、
高速で回転する物には必ず摩擦熱が生じるからです。

その為どうしても熱に弱い栄養素は元の素材から
ある程度減った状態となっていたのです。

そこでその余分に加わっている熱をなるべく発生しないようにして
ジュースを作ったのがコールドプレスジュースです。

では、どうやって熱を加えずにジュースを絞るのでしょうか?
コールドプレスジュースは
熱が発生しないように時間を掛けてじっくり押しつぶして絞るのです。

その為、普通のジューサーでは作る事が出来ず、
価格も割高になってしまいます。

このコールドプレスジュースは
アメリカから人気が火が付いた健康ドリンクです。

セレブが積極的に取り入れているので注目が集まったようです。
さすがアメリカは健康大国だけあってこの手の流行は大体がアメリカ発ですね。

加熱で失われる栄養素

野菜や果物は体の健康や美容にとって重要な食物です。
それはこれらにはビタミン群や酵素が多く含まれる為です。
しかし、ビタミン群の中のビタミンB1やビタミンC、
そして酵素は熱に弱く、加熱調理をするとその多くが失われてしまいます。

サラダやジュースが推奨されるのはそういう事情の為です。
しかし、サラダは量を食べられない為、
どちらかと言えばジュースの方がより良く栄養を摂取出来るのですが、
ジュースにする過程で摩擦熱が加わる為ある程度の損失があります。

また、市販のジュースは衛生上、加熱処理をする必要があるので
その時点で純粋な野菜や果物の栄養素の多くは失われてしまいます。

販売メーカーではそこで失った分の栄養素は別途補填しているようです。
そうなるとある程度人工物になってしまいますね。

これらの現状をなんとか打開しようと開発されたのが
コールドプレスジュースという訳です。

コールドプレスジュース用ジューサー

コールドプレスジュース用のジューサーは
素材を砕いてそれをゆっくりと押しつぶすという方法が取られています。

出来るだけ熱が加わらない工夫をしているという訳ですね。
業務用、家庭用でそれぞれその機能にある程度の差はありますが、
基本は熱をなるべく発生させないという所にあります。

家庭用はスロージューサーや
サイレントジューサーと呼ばれる事も多いようです。

基本的な機能は石臼方式で、
しかも回転数を出来るだけ低くして作動させるようになっているようです。

価格は業務用だと100万を超えるのが普通ですが、
家庭用は大体平均3万円前後、高い物だと10万円近く、
安いものでは1万円以下の物もあるようです。

家庭でコールドプレスジュースを作るには
これらのジューサーが必要となります。

コールドプレスジュースカフェと手作りジュース

2015-08-13c

コールドプレスジュースのブームの到来を感じて専門店が展開されつつあります。

既に何店舗かがオープンしていますが、
価格としては1杯500円以上1000円以内辺りが相場のようです。

コールドプレスジュースを作る時間と手間を考えると
仕方ないとは思いますが、やっぱり高いですね。

偶に出掛けて飲むぐらいの利用なら
別にこれらのショップに行って飲むというやり方でも問題ないと思いますが、
健康の為に毎日飲みたいという事であれば
ジューサーを手に入れたいと思うのは当然です。

このジューサーを購入する際に注意しておく事があります。
コールドプレスジュース用のジューサーは
総じて管理の手間が大変な傾向があるようです。

とは言え、その手間を省くと細菌が繁殖したりして危険なので
購入前にどの程度の手間が必要かを確認しておきましょう。

ある程度熱が発生して栄養素が減衰するようなジューサーでも
一般的なジューサーよりは栄養素を維持出来ます。
それぞれのプラスマイナスを考えて購入してみてください。