腸内フローラの細菌には、
肥満予防に効果があるものや
老化の改善に効果があるエクオールを作ってくれる細菌だっています。

腸内フローラとエクオールの関係についてご紹介します。

腸内フローラって何?

2015-04-14-2b

腸内フローラって、耳慣れない言葉ですよね。
なんだか腸内にお花畑でもあるようなイメージがしますが、
実は私たちの腸内に存在する腸内細菌の総称なんです。

腸内には約100種類細菌が、なんと100兆個も住んでいます。

人間を形作っている細胞が約60兆個と言われていますので、
それよりはるかに多い細菌が腸に住んでいるわけです。

腸内フローラってどんな事をするの?

腸内フローラは、
人間が生きていく為には必要不可欠なとても大切な存在です。
どんな事に腸内フローラが関わっているのかと云うと…

脂質の代謝を活性化させる

コレステロール中性脂肪を消化・吸収したり、余分な資質の排出を促す。

消化・吸収及び代謝機能へ作用する

たんぱく質糖質を分解・吸収する作用を助けます。

有害物質・発癌物質の分解・排泄

人体に有害な物質を分解して、排泄してくれる

ホルモン・ビタミンの生産

葉酸・ビタミンB群・ビタミンK・ステロイドホルモンなどの
体内生産に大きく関わっています。

免疫系の活性化

腸内環境と免疫機能は密接な関係がある為、
多くの腸内細菌が住みつく事で免疫機能が向上します。

その他にも、様々な生命活動に関与していることから
私たちは腸内フローラに生かされていると言っても過言ではありません。

こちらの動画では腸内フローラについてと、
腸内フローラの増やし方についてわかりやすく紹介してくれています(*^^*)

腸内フローラについてはこちらの記事もご参考に♪

肥満にも関与している腸内フローラ

私たちが健康に生活する為には腸内フローラがとても重要な存在だと、
改めて分かったのは、実はある肥満に関する実験からでした。

それはワシントン大学の生物学者ジェフリー・ゴートン博士が行ったマウス実験です。

博士は、マウスに肥満の人と
痩せた人の腸内細菌(腸内フローラ)を移植して、
同じ内容・量の食事を与え、同じ運動量を行うと云う実験をしました。

そうすると、肥満の人の腸内細胞を移植したマウスのみが、
どんどん脂肪が増えて太ったのです。

この実験により、
肥満の人にはある腸内細菌が少ない事が分かりました。
その細菌とはバクテロイデス等の細菌で、
肥満を予防する働きがある細菌です。

バクトロイデスが出す短鎖脂肪酸に、肥満を防ぐ効果があります。
短鎖脂肪酸には、筋肉に作用して脂肪を燃やす働きと、
脂肪細胞に働き掛けて、
余分な脂肪をため込むのを防ぐ働きがあることから、肥満を予防してくれます。

短鎖脂肪酸を増やすには、水溶性食物繊維を摂取する方法が有ります。
中でも一番効果的だと言われている水溶性食物繊維は
グアーガム酵素分解物の水溶性食物繊維です。

日本では、グァー豆と呼ばれる、
インド・パキスタン地方で採れる豆から作られた水溶性食物繊維
サンファイバー”という食物繊維が太陽化学から発売されています。

また腸内フローラにバクテロイデスが無い場合は
エコサンテ液と云う酵素液を飲むことで、
腸内にバクテロイデスを取り入れる事が出来ます。

エコサンテ液も通販で販売していますので、手軽に手に入ります。

アンチエイジングに効果があるエクオール

腸内細菌は女性ホルモンに似た物質であるエクオールを出しています。
そこで、更年期の女性にエクオールを飲んで貰う実験をしてみると、
被験者のしわが薄くなると云う結果が出ました。

同時に、更年期で起こる顔のほてりや
骨密度の低下の予防にも効果があるとの結果も出ました。

エクオールを作ってくれる細菌が自分の腸内にいてほしいと思いますが、
中には少なかったり、全くいなかったりする人も居ます。

その場合は、エクオールを含む商品を活用する方法が有ります。


参照:楽天市場

大塚製薬では、自然由来の商品エクエルが販売されています。
通販でも手に入りますので、気になる方は試されても良いかも知れません。
エクエルのお求めはこちら

こちらの記事でエクオールについて詳しく説明しています(*^^*)

まとめ

2015-04-14-2c

美容と健康の為に、腸内に住んでいる腸内フローラが大切な事が分かりましたね。

腸内フローラも生きている生物ですので、
元気に働いてもらうためには、きちんと栄養を補給して貰う必要があります。

腸内細菌の栄養物質は食物繊維ですので、
少し意識して食物繊維を摂るようにしたいですね。

お勧めの食材は、ごぼう・玉ねぎ・アスパラガス等の野菜類や
大豆などの豆類ですので、日々の食事に上手に取り入れて、
若々しく健康な体を目指してみませんか?