水疱瘡は9歳以下での罹患率が90%という
主に子供の頃に掛かる感染症として知られています。

水疱瘡は水痘帯状疱疹ウイルスによって引き起こされる病気で、
高熱と共に名前の通り特徴的な水疱が全身に現れます。

この水疱は大変痒いのですが、掻いて潰してしまうと痕が残ってしまいます。
その為、この時に炎症や湿疹に効果が高いカレンデュラオイルを使うと
痒みや水疱が酷くなるのを止める事が出来ると言われています。

水疱瘡とは

2015-08-21b

水疱瘡とは水痘帯状疱疹ウイルスによって引き起こされる感染症です。
発疹から始まり、熱が出て、発疹が中に水っぽい液体を含んだ水疱になり全身に広がります。

この水疱は痒みが酷く、
患者の多くは熱よりもこの痒みに酷く悩まされる事となります。

感染力が強く、飛沫感染、接触感染の他に空気感染もします。
感染してからの潜伏期間は約2週間程度です。

水疱瘡は9歳以下での感染が90%と高く、
子供時代に罹る病気として有名です。

1度罹ると2度と罹らないので、
小さい頃に早めに軽く罹っておく事を望む人も多い病気です。

大人になって罹ると多くの場合重症化します。
特に妊婦さんが罹るとお腹の赤ちゃんに影響するので
早めに免疫を獲得しておくべき病気と言えるでしょう。

現在ではワクチンも開発されていて
それにより免疫を獲得するか発症しても軽く罹る事が出来るようになって来ました。

ちなみに水痘ワクチンは生ワクチンなので
接種する事で発症する事があります。確率は6から12%とされています。

カレンデュラオイルとは

カレンデュラオイルとはハーブオイルの一種で、
ハーブのマリーゴールドから作られています。

マリーゴールドはあの黄色味の強い花びらに薬効があり、
抗酸化作用、抗炎症作用を持つ成分である
ルテインやサポニンなどを多く含み、万能薬、若返りの薬として古くから使われてきました。

特に吹き出物などを治療する効果が高い事が知られています。
カレンデュラオイルはこのマリーゴールドの花を
キャリアオイルに漬け込んで成分を抽出した物で、価格的に高価な為、
大体の場合は他のキャリアオイルとブレンドした物を使うようです。

水疱瘡の他にもやけどや日焼けなどのあらゆる皮膚トラブルに
効果的とされていて、シワやたるみにも効果がある事から
美容の為に使う事も多いようです。

使い方としてはそのまま塗布して使う事が出来、
誰でも簡単に使う事が出来ます。

その為常備薬として用意しておくことが望ましいハーブオイルと言えるでしょう。

水疱瘡は潰すと痕が残る?

水疱瘡の水疱は基本的には潰さないのが原則です。
潰すと周囲に炎症を起こして広範囲で痕が残ってしまうからです。

しかし、痒いので子供はどうしてもかきむしってしまいます。
痒いのに我慢しろというのも酷な話です。

小さい頃に罹った場合、大体はしばらく痕が残っているものですが、
成長と共にほとんどが消えてしまいます。

ただ、あまりひどい炎症状態になった場合は
消えずにずっと残ってしまう場合があります。

その為にも抗炎症効果のあるカレンデュラオイルを
塗布するのは正しいやり方と言えるでしょう。

これが大人になるともっと大変で
ただでさえ大人の水疱瘡は重症化しやすいのに
体の代謝機能が子供程活発ではありません。

ちょっとした痕でもかなり長く残る事になってしまいます。
これらの水疱瘡の痕は日焼けをすると目立つと言われています。

大人でもカレンデュラオイルなどを使って出来る限り水疱を潰さないで
治すように利用した方が良いでしょう。

子供の頃に罹っておいた方が良い病気

2015-08-21c

いくつかの感染症は
子供の頃に軽く罹っておいた方が良いと言われています。

この水疱瘡を始めとして、はしかやおたふくかぜがそれにあたります。
その為、昔は小さい子供がこれらの病気になると
小さい子供を持つお母さん達がこぞって
伝染して貰いに罹った子供の家に集まったものです。

特におたふくかぜは大人になってから罹ると
男性は不妊症になってしまう確率が高いとされています。

なんと20%から30%が実際に不妊症になってしまうようです。
また、はしかや水疱瘡は妊娠中の女性が罹ると
胎児に影響が出る恐れがある病気です。

小さい子供がいる状態で妊娠した場合
流行すると高い確率で子供が罹患する為お母さんに免疫がない場合は
それが伝染ってしまう事が考えられます。

それを考えると、女性は特に子供の頃に感染症の免疫を
獲得しておくべきだと考えられます。

今はワクチンがあるので、
小さい頃にワクチン接種を行っておく事も1つの方法として選ぶ事が出来ます。