女性は誰でも、潤った肌を保っていたいものです。
顔はもちろんですが、体だって同じこと。

だからこそ乾燥している時期でもそうでない時期でも、
保湿を心がけているのです。

保湿のために使用するものも、たくさん種類があります。
ボディローション、ボディクリームそしてボディミルク

でもその違いを詳しく知っている人は少ないと思います。
今回はその保湿剤のボディミルクについてご紹介していきます。

安心して使える手作りボディミルクも紹介します!

ボディミルクの特徴は?

2015-07-09b

ボディミルクはどういった特徴があるのでしょうか。
ボディミルクの特徴は、
水分を多く含んでおりテクスチャーとしては乳液状になっています。

ボディミルクの成分は、水分
そのため、保湿力が高く、テクスチャーもべたつきがないのが特徴です。

仕上がりはべたつきがなくさらっとしているので、
汗が気になるような暑い季節の保湿には
もちろん大切な洋服を汚さない場合にも最適な保湿剤なのです。

ボディミルクとボディクリームは似ていますが、
ボディミルクは伸びが良く肌に馴染みすいです。

ですが、その分早く成分が消えてしまい、
保湿作用が劣るという点が欠点でもあります。

さらっとしたテクスチャーが好きな人や、
ボディクリームのべたつきが苦手な人にはおすすめしたい保湿剤です。

ボディミルクの効果的な使用方法

ボディミルクを塗る際に、ポイントをおさえて塗ることで
より保湿効果が高まります。

まず500円玉ぐらいを手に取ります。
手に取ったボディミルクを塗りたい部分につけていきましょう。

体につけたボディミルクを全体にまんべんなく塗っていきます。
その中でも更にかさつきが気になる部分には、
また500円玉ぐらいを手に取り塗り込んでいきましょう。

ボディミルクを塗る時、かさついている部分に
一度にたくさん塗り込もうとすることがありますが、実はこれは間違い。

ボディミルクの長所でもあるさらっとしたテクスチャーを消して、
べたつかせる原因になってしまうのです。

そのため、乾燥が気になる!という部分には一度にたくさん塗るのではなく
500円玉ぐらいを何回も繰り返し塗るようにしましょう。

そうすれば、ボディミルクのさらっとした仕上がりそのままに
しっかりと保湿をすることができるのです。

ボディミルクを手作りするメリット

ボディミルクはもちろん多くのメーカーから販売されています。
ですが、自分の体につけるものだからこそ
自分が好きな香りテクスチャーにしたいと思います。

もちろん市販品にそういったものがあればいいですが、
それを探すよりも自分で作った方が早いです!

材料さえ手に入れれば簡単に
フレッシュなボディミルクを作ることが出来るというのが手作りのメリットです。

また、敏感肌の人など肌が弱い人には自分がわかっている成分だと
安心して使用できるというのもポイントですね。

ボディミルクを手作りしてみてみよう!

それでは実際にボディミルクをどのように作ればよいのか、作り方を紹介しますね(*^▽^*)

ボディミルクの作り方1

【材料】

スイートアーモンドオイル
15㎖
シアバター
10㎖
ピュアウォーターまたは精製水
30㎖
植物性乳化ワックス
小さじ1
エッセンシャルオイル
12滴までお好みで調整
(何種類か混ぜてもOKです)

【作り方】

  1. スイートアーモンドオイルと乳化ワックス、シアバターを
    湯煎にかけてしっかり溶かして混ぜます。
  2. 70℃くらいにあたためた精製水を
    数回に分けて、1にいれてよく混ぜます。
  3. 湯煎からおろして、容器に
    エッセンシャルオイルを入れてふたをして強く振ります。
  4. 冷ましたら出来上がりです。

ボディミルクの作り方2

【材料】

ホホバオイルピュア
15㎖
オリーブスクワラン
5㎖
植物性乳化ワックス
7㎖
精製水
60㎖
ビタミンC誘導体パウダー
2㎖
ビューティフルローズ精油
20滴ぐらい

【作り方】

  1. ホホバオイル、オリーブスクワランと植物性乳化ワックスを
    耐熱容器に入れて、植物性乳化ワックスが溶けるまで湯煎にかけて温めます。溶けたらオイルと混ぜ合わせます。
  2. 1と同時に別の容器に精製水を入れて、湯煎にかけて温めます。
  3. 2の精製水が60~70℃ぐらいまで温まったから、
    湯煎からおろして1に加えよくかき混ぜてください。泡だて器で乳液状になるまで、じっくりよく混ぜ合わせます。
  4. 乳化してトロトロになったら、ビタミンC誘導体パウダーを加えます。
  5. 次にビューティフルローズ精油を加えて、もう一度よく混ぜ合わせると出来上がります。

どちらのレシピにも出てくるエッセンシャルオイル、精油は
お好みの香りのオイルを使うと、リラックス効果も高くなりますよ。
好きなものを選んでみてくださいね(*^^*)

まとめ

2015-07-09c

材料もネットを使えば簡単に手に入れることが出来るものばかりです。
自分好みのボディミルクは保湿だけではなく、リラックス効果にもつながります。

ただ手作りのデメリットとして、添加物などを入れていない分
保存がきかないという点があります。

作っても冷暗所に保存して1~2週間ほどしたか持ちません。
なので、作るときには大量ではなく少しずつ作るようにすることがポイントです。