美肌を作る為に必要な効果を多く持っているビオチンは、
美肌を作る上で欠かせない大切な栄養素です。

そんなビオチンの大敵が、実は便秘だったりします。
今回は、便秘の解消が美肌作りの近道になると云う事を、説明します。

ビタミンの一種ビオチン

2015-05-03-2b

1935年にオランダのケーグル博士によって
卵黄から発見されたビタミンの一種がビオチンです。

ビオチンはビタミンB7、ビタミンHと呼ばれる事も有ります。
ビオチンは肌の機能を正常に保つと云う作用があり、
この作用が美肌を作る上で、とても重要な効力となります。

肌の機能を正常に保つだけでななく、
肌の炎症を抑えたり、コラーゲンの生成にも関わっています。

また、皮膚の再生能力を高める力もあります。
肌に張りが欲しい場合に、ビオチンを摂るとすぐに効果が現われます。

糖の代謝を促してくれる酵素の働きを助ける補酵素としても、
役割も持っているビオチンは、肌を茶色に着色する肌コゲの防止効果も有ります。

逆にビオチンが不足すると、湿疹ができやすくなったり、
爪が割れやすくなる等の症状が現れます。
と云う訳で、ビオチンを摂るだけで直接的な美肌効果が沢山あります。

ビオチンはサプリでも摂取可能なのでお試しください。

美肌の大敵「便秘」

美肌の強い味方のビオチンですが、ビオチンは通常腸内で産出されます。
たんぱく質と結合している状態で含まれているビオチンは、そのままでは吸収できません。

腸内で腸内細菌の一種である酵素ビオチニダーゼによって、
タンパク質から分離されて初めて体内に吸収されます。

つまり、ビオチンは腸内細菌の働きによって、
初めてビオチンとして体内に吸収出来る訳です。

ビオチンをしっかり体内に吸収する為には、
腸内環境が良好でなくてはいけません。

腸内環境が悪化すると、
ビオチンを分離する酵素ビオチニダーゼも減る為に、ビオニンが不足してしまいます。

便秘は腸内環境が悪くなると起こりますので、
腸内環境が改善されれば便秘も改善される事から
腸内環境の状態を知る上でのバロメーターの役割をします。

美肌には欠かせないビオチンを十分に体内に取り入れる為には、
まずは腸内環境を整えて便秘を改善することが、大切というわけです。

アトピーなどのアレルギーにも関係するビオチン

アレルギー物質が体内に入ると、
痒みなどを伴うヒスタミンなどの化学物質が出てしまい、
皮膚の炎症を引き起こしてしまいます。

ビオチンには、ヒスタミンの素であるヒスチジン
身体から排出する作用がある事から、
アレルギー性の皮膚炎の原因を減少させる効果があると考えられています。

ビオチンについては、こちらの記事もご参考に♪

様々な働きをするビオチン。

肌やアレルギー以外にもビオチンは様々な働きをします。
細胞の成長を助けたり、血糖値の維持を行ったり、また貧血を予防します。

毛髪の健康維持にも関わっている為に、
ビオチンが不足することで、脱毛白髪になる事も有ります。


他の国では髪の毛が増える薬として扱われているのかも?(゚O゚)

その他にも、疲労感食欲不振、筋肉痛、うつ症状が起こるなど、
健康で若々しく生き生きとした生活を送る為には必要不可欠な栄養素です。

ビオチンの摂取を阻害する物

ビオチン自体は多くの食物に含まれているのですが、
生卵白・抗生物質・完全非経口栄養食は、ビオチンの吸収を阻害します。

生卵白のアビジンと云う物質が消化管(胃)でビオチンと結合してしまう為に
腸内でのビオチンの分離吸収を阻害します。

ですが、一日に10個以上食べた場合ですので、
普通の食生活をされている場合は、それ程気にする必要はありません。

抗生物質は腸内細菌を殺してしまう為に、
ビオチンの産出量が減少しますので、
体調が回復して抗生物質の服薬が終わりましたら、
積極的に乳酸菌等を摂って、腸内細菌を増やすと良いです。

まとめ

2015-05-03-2c

美肌の強い味方であるビオチンは、肌を綺麗にしてくれるだけでなく、
健康な生活を送る上でも必要不可欠な栄養素です。

ビオチンをしっかり摂る為には、腸内環境が良くなくてはいけません。
便秘は腸内環境悪化のバロメーターになりますので、
便秘を軽く考えずにしっかり便秘を退治して、
良い腸内環境を作る事が美肌への近道となります。


筆者の私はアレルギー体質で皮膚炎を起こすことがあり、
ビオチン単体では効果がないと聞き、この組み合わせで飲んでいます。
ものすごく悪化してしまうことはここ数ヶ月ないです(*^^*)

美容と健康の為に、今日から腸内環境に気を付けましょうね。