大人になるとついつい飲みすぎてしまうお酒ですが、
飲み過ぎてしまっても気持ち良く翌朝を迎えるためには
何をすれば良いのかを徹底的に解説します!

お酒とアセトアルデヒドの関係性や人の持つアルコール分解能力についての豆知識。

二日酔いを効果的に防止する為には
どんな成分を含んだや食べ物を摂取すれば良いのかを知ろう!

お酒とアセトアルデヒドの関係について

2015-04-05-2b

大人になれば誰もが一度は口にする機会を持つお酒ですが、
人によってはまったくお酒を受け付けない体質の人や
極端にアルコールに弱い人も居るので飲酒の強要は絶対に避ける必要があります。

ただ、付き合いの上で
どうしても飲まなければならない場面もあるので、
そのような場合に備えて効果的な二日酔いの防止策を立てておくことが大切です。

どんなにお酒に強い人でも、
飲み過ぎてしまえば翌日は辛い二日酔いで頭痛吐き気に襲われてしまいます。

その原因となっているのが、
肝臓でアルコールが分解される際に発生する
アセトアルデヒドと呼ばれる成分です。

体内に摂取されたアルコールは腸内で吸収された後、
血液中を通って肝臓へと運ばれます。

その後、アルコールは肝臓で脱水素酵素の働きによって
水とアセトアルデヒドに分解されて血中アルコール濃度は下がっていきます。

しかし、ここで発生したアセトアルデヒドは
人間の身体にとって有害な物質であるため、
排出能力が追いつかない量のアセトアルデヒドが血液中に残ってしまうと
吐き気や頭痛など二日酔い特有の症状が現れます。

そのため、二日酔いを予防するためにはお酒の飲み方を工夫したり、
二日酔い予防に効果的な食べ物や薬を摂取することが重要になってきます。

効果的な二日酔い対策とは

せっかくお酒を飲むなら翌日のことを気にせずに
楽しく飲みたいと思うのは当然の心理です。

しかし、飲み方を間違えてしまうと翌日まで体内にアルコールが残ってしまい、
分解されずに残ったアセトアルデヒドの作用で辛い吐き気頭痛など
二日酔い特有の症状が現れてしまうので注意が必要です。


このような辛い症状に悩まされないためにも、
お酒を飲む際には飲み方に注意したり、
効果的な二日酔い対策を講じることが大切です。

楽しくお酒を飲みつつ、効果的に二日酔いを防ぐには
幾つかのポイントを把握しておく必要があります。

二日酔いにならない為には、
アルコールの吸収を遅らせるという事が重要になってきます。

アルコールの吸収を抑える方法としてもっとも一般的なのは
食事やお茶を一緒に摂ることです。

特に脂肪分カテキンを含む食べ物やお茶は
アルコールの吸収を遅らせる効果が高いので、
二日酔いを予防するのであれば
お酒を飲みながら揚げ物などのつまみを食べたり、
お酒の割り方をお茶割りにする等の工夫が重要となります。

また、二日酔いの主な原因となるアセトアルデヒドは
飲酒中に分解を促すことで効果的な二日酔い対策となります。

最近ではアセトアルデヒドの分解に必要な成分が含まれている薬なども
一般販売されているので、飲酒前に最寄のドラッグストアや
コンビニエンスストアで購入しておく事をオススメします。

予防をしても、二日酔いになってしまった場合は、
アセトアルデヒドの分解を早め、アルコールの排出を助けてくれる、ノ・ミカタがオススメ。

粉末なので重たくないし、かさばらないので女性には嬉しいサプリです。

二日酔いの予防法や対処法はこちらの記事もご参考に♪

二日酔いになってしまった場合の対策

2015-04-05-2c

どんなに気をつけていても、
ついついお酒を飲み過ぎてしまう時はあるものです。

その場の楽しさからつい限界を忘れて飲酒してしまい、
翌日に辛い吐き気頭痛など二日酔いの症状を発症してしまった人は、
効果的な二日酔いの解消法を実践することで辛い症状を和らげることが出来ます。

二日酔いにはさまざまな原因があり、その治し方は一通りでは無いので、
まずは自分が二日酔いになった原因を探った上で
効果的な二日酔い解消法を実践することが重要となってきます。

まず、ズキズキとした頭痛を感じる二日酔いの場合は
アデノシンと呼ばれる血管を拡張する作用を持つ成分が原因と考えられます。

この場合、脳の血管が拡張されて炎症を起こしている事で
頭痛が発症していると考えられるので、
血管を収縮させる効果を持つ頭痛薬や牛乳、コーヒーなどを
摂取することで症状を緩和することが出来ます。

また、アルコールによる脱水が原因の二日酔いの場合、
頭痛だけでなく吐き気やだるさなども現れます。

この場合、スポーツドリンクなどの体液に近い飲み物を摂取したり、
アルコールの分解を早める効果のあるしじみの入ったお味噌汁を飲むことで症状を緩和することが可能です。