肌トラブルの代表格として知られる
あせもアトピーの違いについて徹底的に解説します!

あせもやアトピーを発症する原因やメカニズムについても詳しく紹介。
あせもにならないための対策法とアトピーにならない為の対策法を両方身に付けよう!

あせもは夏、アトピーは冬に症状が現れやすい肌トラブルだという事を理解しよう!

あせもの特徴と概要

2015-07-27b

夏の暑い季節になると大人も子供も大量の汗をかきやすくなりますが、
そんな環境で過ごしているとあせもを初めとした、さまざまな肌トラブルを引き起こすリスクも高くなります。

夏の肌トラブルの代表格としても知られるあせもは、主に大量の発汗が原因で発症すると考えられています。

人間の身体は体温を一定に保つために暑さを感じると毛穴から発汗するように出来ていますが、
大量に発汗すると汗の管としても知られる汗管が詰まって汗が皮膚の外に排出されずに汗管の外に漏れてしまいます。

皮膚の比較的、浅い部分で起きた閉塞の場合、水晶様汗疹と呼ばれる水疱が出来る症状に発展します。

一方で皮膚の比較的、深部で起こった閉塞の場合は
紅色汗疹と呼ばれる赤い湿疹が現れるようになります。

この紅色汗疹が皮膚上に現れた場合は湿疹と共に
かゆみを発症するケースが大半を占めます。

通常、あせもを発症しても数日の内に症状は収まるので
特に治療を必要としない肌トラブルとしても広く認知されています。

子供などがあせもを発症した場合、紅色汗疹が出来るとかゆみを我慢できずにかきむしってしまい、
皮膚のかぶれに発展したり傷痕が残ってしまう事があるので注意が必要です。

あせもを発症しやすい部位としては大量に発汗して
汗が閉塞しやすい首元や腕にある後肘部、お尻や膝裏などが挙げられます。

皮膚をサラサラになることで、かゆみが引くこともありますので
ベビーパウダー等を塗布してあげましょう。
香料がお肌に合わない場合もありますので、無香料がオススメです。

あせもとアトピーについてはこちらの記事もご参考に!

アトピーの特徴と概要

よくあせもとアトピーを混同して考えている人を見かけますが、
この2つの肌トラブルは原因や症状がまったく異なる皮膚の炎症だと言えます。

あせもの場合は汗の通る管が何らかの原因によって閉塞し、
皮膚の内側で汗管から汗の漏出することで皮膚の炎症が起こります。

一方でアトピー性の皮膚炎は、
さまざまな物質に対するアレルギー反応によって引き起こされる
皮膚の炎症だと覚えておけば比較的、あせもとの違いを認識しやすいかと思います。

アトピー性皮膚炎の原因には実にさまざまな素因が考えられますが、
大まかに分けると腸内や表皮、肺や口腔内による細菌バランスの乱れ、
遺伝的要因、栄養的要因、環境要因、その他の説の五つに分類することが出来ます。

この中でもっとも一般的なのは遺伝的要因栄養的要因、そして環境的要因です。

遺伝的要因の場合は親や親族からの遺伝によって引き起こされるアトピー性皮膚炎で、
治療には長期間を要します。

栄養的要因の場合、リノール酸食が蔓延している現代において高い頻度で
リノール酸を含む食品を摂取する事でアレルギー反応が起こり、アトピー性皮膚炎を発症します。

環境的要因の場合は一般的に生活環境の中に
アトピー性皮膚炎を引き起こす何らかの原因が存在しているという可能性が考えられます。

あせもとアトピーの対処法とは

20015-07-27c

あせもアトピーは同一視されがちですが、
実際は原因も症状もまったく異なる肌トラブルだと言えます。

そのため、あせもが発症した場合の対処法と
アトピー性皮膚炎が発症した場合の対処法ではそれぞれ幾つかの相違点が存在します。

あせもを発症した場合、かゆみを伴わない水晶様汗疹に対しては
特に治療を行わずに放置しておくだけで数日ほどで自然と治癒していきます。

しかし、発汗時に汗を拭き取らずに放置していると再発を繰り返すので注意が必要です。

一方でかゆみを伴うあせもとして知られる紅色汗疹に対しては
症状が酷い場合に弱ステロイド外用薬を用いて治療に当たるケースもあります。

また、あせもを発症したら温水で汗管を開いて閉塞を解消すれば
症状が改善するので、こまめな入浴も有効な対処法だと言えます。

一方でアトピーによる皮膚炎が発症した場合は
基本的にはステロイドを用いて治療するか、タクロリムス外用薬を用いて治療を行います。

また、痒みが強い場合は必要に応じて抗ヒスタミン薬
抗アレルギー薬を使用して症状を緩和していきます。