高い殺菌作用や消炎作用があることで有名なアロエベラ
そのアロエベラが、虫刺されにも効果的なのはご存知でしたか?
更に、アロエベラはヘルペスにも効果があるようなのです。

アロエベラとは?

2016-12-06b

アロエベラは、ユリ科の多年草多肉植物で、日本でよく見るキダチアロエと違い、
大きな肉厚な葉が特徴の植物です。
葉の大きさは、長さは80cmほど、幅は10cmくらいで厚みも3cmくらいと、
とても大きいのがアロエベラの特徴です。

やけどや傷などの治療によく使われていますが、
整腸作用もあるので、便秘の解消にも役立ちます。

そんなアロエベラですが、実は虫刺されにも効果的なのです。

アロエベラは自宅で培するも良し、
ネット通販などでお手軽に手に入れることも可能ですよ(*^^*)

アロエベラの虫刺されへの効果

では、アロエベラはどんな虫刺されに効果的なのでしょうか?

アロエベラは、夏場に多いダニに刺されたときに使うと効果的です。
アロエベラの強い殺菌作用と毒素の中和作用によって、
虫刺されのかゆみや腫れが自然にひいていきますよ。

かゆみが強いときは、数回にわけてアロエベラを使うと、より効果的です。

アロエベラだけじゃ効かない?

虫刺されも蚊やダニに刺されたときは、アロエベラを塗るだけでも効果的ですが、
毒素の強い虫に刺されたときは、アロエベラを塗る前の処置が必要になります。

ハチムカデのような、刺されたときに強く痛むような虫に刺されたときは、
刺された場所を強く押さえて、身体に入った毒素を外に出すようにして下さい。

しっかり毒素を身体の外に出したら、刺された場所にアロエベラを塗りましょう。
そうすることで、虫刺されの痛みや腫れが早めに引くようになる作用があるのです。

twitterでも、アロエベラが虫刺されに効くことが話題になっています。


ムカデに刺されたときにも、アロエベラは効果があるようですね。


虫刺されには、やっぱりアロエベラが効くという書き込みです。
家にアロエベラがあれば、虫に刺されたときにすぐ使えるから便利そうですね。


虫刺されだけでなく、アレルギーにも効果がある人もいました。
アロエベラの持つパワーがよくわかります。

虫刺されについてはこちらの記事もご参考に♪

症状別の使用方法

虫に刺されたときにアロエベラを使うには、どうすればいいでしょうか?

まず、アロエベラの葉を1枚とって、外側の固い緑色の部分をナイフなどで剥きます。
中の透明なジェル状の物を患部に当てることで、虫刺されの症状を抑える効果がえられます。

では、実際にどんな虫刺されの症状に、どのようにアロエベラを使えばよいのでしょうか?
症状別に見ていってみましょう。

かゆみのある虫刺されには?

かゆみのある虫刺されには、剥いたアロエベラから出るエキスを
虫に刺された箇所に塗ることで、かゆみがおさまっていきます。
かゆみがおさまらないときは、数回に分けて塗ると効果が出てきますよ。

赤みのある虫刺されには?

虫刺されで赤く炎症してしまったときも、
アロエベラのエキスを塗ることで炎症を抑えることができます。
アロエベラには高い消炎作用があるので、アロエベラのエキスを塗ることで、
赤みも自然に引いて、綺麗に治ります。

ハチやムカデのような毒素の強い虫刺されには?

ハチやムカデのように、刺されたときに強い痛みが出るような、
毒素の強い虫刺されには、アロエベラを塗る前の処置が必要になります。

まずは、刺されたところを強く押さえて、身体の中に入った毒素を外に出しましょう。
しっかり毒素を出したら、刺された箇所にアロエベラのジェルを乗せてシップのように貼って下さい

アロエベラのジェルが乾いたら、新しいジェルに取り換えましょう。

発熱するような虫刺されには?

毒素の強い虫に刺されると、発熱してしまうこともあります。
そんなときは、アロエベラの葉をすりおろして、お湯で煎じて飲むと効果的です。

アロエベラが体内から毒素を外に出してくれる効果があるので、
直接飲んで身体に取り込めるのは、アロエベラの嬉しいところですね。

アロエベラはヘルペスにも効果的?

そんなアロエベラですが、実はヘルペスにも効果があるのです。

ヘルペスは、ウイルスによって発症する吹き出物です。
ヘルペスは、ヘルペスができている人の患部に接触することで移ってしまいます。

自分の身体にできたヘルペスに健康な肌が触れたときも、触れた箇所に感染してしまうので、
なるべく触らないようにすることが重要です。

そんなヘルペスの治療にアロエベラを使うと、早めに症状が治まるのです。
使い方は、ヘルペスができている患部に、アロエベラのエキスを塗って乾かして使います。

アロエベラによるヘルペスの治療は、特に男性に効果があるようですよ。

ヘルペスの予防にはどうすればいいの?

アロエベラでヘルペスが早く治るとはいえ、できればヘルペスにならない方がいいですよね。
ヘルペスを予防するには、どうすればいいでしょうか?

ヘルペスは、疲れが溜まっているとできやすくなります。
だから、1日の終わりにお風呂につかってリラックスしたり、
早めに眠ることで、その日の疲れをとるような生活習慣を身につけておきましょう。

また、ストレスがたまっているときも、ヘルペスができやすくなります。
気分転換したり、好きなことをしたりして、上手にストレスを発散しましょう。

また、強い紫外線を浴びてもヘルペスができやすくなってしまいます。
アウトドアを楽しむときや、夏など紫外線が強くなる季節には、
日焼け止めを使用するなどして、しっかり紫外線対策をすることで、ヘルペスの予防につながりますよ。

まとめ

Asian beautiful girl with knitted shawl in wheat f

虫刺されヘルペスに、アロエベラが効果的なことがわかっていただけたと思います。

虫刺されもヘルペスも、肌に違和感があってイヤなものだから、
できるだけ早く治したいものですよね。
アロエベラを上手に使って、虫刺されやヘルペスの治療に役立てて下さいね。