雨の日にはなぜか息苦しい、そう感じている人は案外多いようです。
それはなぜなのでしょうか?

それは、雨の日というのは言ってしまえば低気圧の日だからなのです。
低気圧の時には周囲の気圧が下がります。

そうなると体内の水分は膨張し、むくんだり、血圧が下がったりと、
周囲の環境に引っ張られて身体の中が変化してしまうのです。
その為様々な体調不良が起こってしまうという訳です。

雨の日に起きる事

2015-05-22b

雨の日は大抵、低気圧です。
低気圧というのは噛み砕いて言うと、周囲の空気が薄い状態を言います。

なぜ薄くなるかというと、水蒸気が上昇するからです。
つまり、一緒に上昇した空気中の水分も薄くなっています。

そうすると、流動物は常に少ない方に流れるので、
私達の身体の水分も外へと流れようとします。

それによって細胞や血管が膨張してしまうのです。
そうすると、身体がむくんだり、血圧が下がったりします。

そして、その状態を感じ取った脳が、
今の環境は活動するのに不都合だと判断して、副交換神経を優位にします。

つまり休眠モードに切り替えてしまうのです。
その為、身体の活動は全体的に鈍くなり、
だるくなったり、息苦しくなったりしてしまいます。


https://twitter.com/oimimio/status/784925000893550592


雨の日はなんとなく気分が上がらなかったり、
不調が出たりする人は多いようです(*_*)

更に元々体調にどこかに問題がある場合には
当然ながらその場所に負担が掛かります。

その為、雨の日には体調が悪くなる人が多いのです。

雨の日の不調については、こちらの記事でも詳しく説明しています。

急激な気圧の変化に注意

急激に気圧が下がると、
身体はその変化に追いつこうとして自らもまた急激に変化します。

すると脳はその変化に反応して指示を出します。
そんな場合には、人は自分の身体に急激な変化が起きた事を
感じ取りますからそれを体調が悪いと感じます。

息苦しくなったり、だるくなったり、眠くなったりと、
いつもと違う身体の状態を察知するのです。

それはストレスとなって脳に負担を掛け、
脳のコントロールが乱れ、自律神経の働きが乱れます。

そうすると更に体調が悪くなるという悪循環に陥ってしまい、
ますます体調が悪化してしまいます。

それを避けるにはそのような時には落ち着いて、
出来るなら一旦身体を休めて、
周りの環境と自分の身体の変化に適応するようにしましょう。

雨の日に体調が悪い人が台風などの時に
特に体調が悪くなるのは、急激な気圧の変化が起きるからなのです。

気管支喘息の人は特に注意

気管支喘息の主な原因は、
気管の慢性アレルギー性炎症と言われています。

実は低気圧の時には
ヒスタミンが多量に分泌される事がわかっています。

ヒスタミンは免疫機能を司る成分ですが、
アレルギー体質の人の場合、このヒスタミンによって症状が悪化してしまいます。

つまり、喘息が酷くなってしまうのです。
もしも喘息の症状が悪化した時は
安静にして医師の指示に従うようにしましょう。

もし吸入ステロイド薬が処方されているなら
すぐに使って症状を落ち着かせましょう。

吸入ステロイド薬はほとんど副作用がなく、
効果は高いので、喘息にとってとても役立つ薬です。

気管支喘息が激しくなると呼吸困難に陥ってしまう事があります。
我慢せずに辛い時は辛いと言って指示を仰ぎましょう。

雨の日はのんびりする日

2015-05-22c

雨の日は身体が休めと言っているのですから、素直に休むべきでしょう。
もちろん仕事を雨だから休むという訳にはいかないので、
意識的に緩慢な動きを心掛けてみましょう。

お気に入りの雨の日のグッズを見つけると
逆に雨の日が待ち遠しくなりますよ!

かわいい傘やおしゃれな長靴、、
雨の日しか使えないグッズを探してみてください。

呼吸を深くゆっくりとして、
急激な動きはせずに静かに慎重に行動します。

水分の補給を怠らずに、食事は普段より少なめに摂ると良いでしょう。
身体が求めている通りに振舞っていると、その方が活動が楽なはずです。

息苦しい時に無理に活動的に動きまわると、
低下している器官に無理をさせる事になります。

そうなると身体が意識に付いていかずに、苦しくなってしまうのです。
雨の日は生き物はゆっくりとする日となっているのだと理解して、
慌てず騒がず、静かに過ごしてください。

おそらく、仕事の効率もその方が上がるはずです。