ADHDという言葉を聞いたことがありますか?

子をもつ親であれば、一度は耳にしたことがあるかもしれません。

これは注意欠陥多動性障害という発達障害のひとつです。
このADHDという発達障害に、
最近話題の亜麻仁油が効果的だということがわかったのです。

ADHDという発達障害についてと、
また亜麻仁油についてご紹介していきます。

ADHDって何?

2015-07-12b

ADHDは、注意欠陥多動性障害という発達障害です。

特に男の子に発生する割合が多いとされているもので、
その原因は前頭前部、尾状核、淡蒼球、小脳虫部が健常児と比べると
小さいという報告や遺伝要因などが考えられています。

その症状の特徴としては、
簡単にいうと不注意や多動性衝動性があります。

具体的には、人の話を最後まで聞くことができなかったり、
そわそわしたり、自制心がみられないようなところがあります。

注意散漫、かんしゃくを起こしやすい、忘れっぽい、
物事を続けることができないなどもあります。

子供の時だけの発達障害だと考えられがちですが、
大人になってもこの障害が出ることは多いのです。

亜麻仁油って何?

亜麻仁油は、アマという植物が原料の油です。
亜麻仁油は、水溶性という特徴をもっているため
そもそもは塗料や印刷インクとして使用されていました。


参照:楽天市場

今でももちろんインクなどに使われていますが、
健康効果が高いということで最近注目を浴び、
食用としてもスーパーなどで売られるようになりました。

亜麻仁油には人間に欠かすことができない必須不飽和脂肪酸である、
オメガ3オメガ9といった成分が入っているのが特徴です。

亜麻仁油のお求めはこちら

ADHDと亜麻仁油の関係は?

ご紹介した通り、亜麻仁油には必須不飽和脂肪酸が含まれています。
この必須不飽和脂肪酸は脳神経や視神経を正常に働かせる効果があります。

ADHDは脳が関係しているものだからこそ、
この必須不飽和脂肪酸が効果があると考えられているのです。

さらに人の脳のほとんどが油で構成されているってご存知ですか?
そのため、質の良い油を摂取することはもちろんですが、
古くなってしまった油を除去するということが脳のためには大切なことなのです。

亜麻仁油にはその働きがあり、古くなってしまった油を
脳内から取り除いてくれるので、脳を活性化させることにつながるのです。

もちろん脳の前頭葉にも作用するので、
ADHDに効果が高いといわれているのです。

実際に、1日1度スプーン一杯摂取することで
その症状が緩和されていくという報告もあるようなのです。

関連記事
亜麻仁油はアレルギーにも効果があるってホント?
亜麻仁油と麻の実油は同じ物?実は違う物なんです!

亜麻仁油のそれ以外の効能とは?

亜麻仁油にはADHD以外にも効果があることがわかっています。

アトピー

子供に起きやすい病気のひとつがアトピーですよね。
このアトピーの原因は、オメガ3が足りないことです。

そのため、オメガ3を含んでいる亜麻仁油が
効果があると考えられているのです。

なかなか幼児が油を飲んだり、ドレッシングをかけたりは難しいので
アトピーのように肌荒れが出来てしまっている部分に
亜麻仁油を塗ることで改善につながります。

もちろん塗ってすぐに効果が出るというものではないので、
毎日続けることが大切です。

ダイエット

調理する際に油は欠かせません。
様々な油がありますが、その中でも亜麻仁油は、
血糖値の抑制や脂肪が蓄積されないなどの特徴があります。

そのため、他の油よりも摂取カロリーを抑えることができるのです。
ダイエットのためにサラダを食べる際にドレッシングをかけるのであれば、
亜麻仁油を使っているものを使うことをおすすめします。

動脈硬化や脳卒中の予防

動脈硬化や脳卒中という死に直結するような病気の原因は、
高いコレステロール値にあります。

亜麻仁油には、そのコレステロールを排出してくれるという働きがあります。

適度なコレステロールは人間が生きていく上で必要なもののため、
普段の食生活に亜麻仁油を取り入れることで
コレステロール値が異常に高くなってしまうことを防ぎ、
結果的に動脈硬化や脳卒中予防につながるのです。

まとめ

2015-07-12c

親にとって子供がADHDであるとわかった場合に、
ショックを受けてしまうこともあります。

ですが、亜麻仁油を摂取することによって
ADHDの症状が治まってくるということがわかっているからこそ
あまりショックを受けず、毎日の亜麻仁油を続けてみてください。

もちろん、ADHDでなくても亜麻仁油は体にとっていい油だからこそ、
普段の生活に取り入れてみてくださいね。