女性の間で高い人気を誇るまつげエクステに潜むリスクに注意しよう!
まつげエクステにはどのような危険性が潜んでいるのかを徹底解説!

まつげエクステの魅力や特徴についても詳しく紹介します。
まつげエクステでアレルギー性結膜炎を発症する人が急増中!?

気をつけたい事とは?まつげエクステの注意点をご紹介!

まつげエクステとは

2015-07-16b

最近、日本人女性の間で目を大きく見せるための
まつげエクステと呼ばれる施術がブームとなっています。

まつげエクステとはその名のとおり
まつげに取り付けるエクステンションのことですが、
自まつげに一本ずつエクステンションを装着していくことによって
まつげにボリューム長さを持たせて目を大きく見せることが出来るようになります。

そのため、まつげのエクステは
目が一重で細い人が多い日本人女性の間で爆発的に流行する事になったのです。

まつげエクステは一度装着するとまつげが生え変わるまでは
そのままの状態を維持する事が出来るというメリットがあります。

また、一口にまつげエクステと言ってもその施術方法は実にさまざまで、
まつげをカールさせただけのエクステを取り付ける施術から
長さを変えたりボリュームを出すための専用エクステを用いた施術まで幅広く用意されています。

ちなみに一重や奥二重で瞳が小さく見える人にはLカールと呼ばれる
まつげの毛先だけをカールさせたエクステを取り付ける手法がオススメです。

Lカールには毛先だけをカールさせたエクステを取り付ける事で、
奥二重のようにまつげの長さが短く見える人にとっては
まぶたとカールが被らないので非常に持ちが良いといったメリットがあります。

また、まつげに取り付けるエクステを太くする事によって
マスカラを塗り直す手間が省けて、瞳を大きく見せることが出来ます。

ただし、最近ではまつげエクステによる目のトラブルが急増しているので、
まつげエクステを装着する際は
きちんとした衛生管理を行っているお店を選ぶことが大切です。

まつげエクステのリスク

女性の間では今、まつげを長く見せるための
まつげエクステが密かにブームとなっていますが、
それに伴う形でまつげエクステに関するトラブルも急増しています。

実際、全国の消費者センターでは
毎年100件以上のまつげエクステに関するトラブルや
被害の相談があると言われています。

まつげエクステに関するトラブルでもっとも多いのが
目に痛みかゆみを覚えたという相談ですが、
これはまつげにエクステンションを取り付ける為に使用する接着剤
関係している事が確認されています。

通常、まつげエクステを自まつげに取り付ける際は
特殊な接着剤を使用しますが、
人によってはこの接着剤に対してアレルギー反応を起こす場合があります。

そのため、人によっては
まつげにエクステンションを取り付ける際に使用する接着剤が
目の周辺の皮膚に付着すると、アレルギー反応が起こって
目の痛みやかゆみを覚えるようになります。

また、酷い場合には接着剤による
アレルギー性結膜炎を発症する可能性もあるので
皮膚が弱い人やお肌が敏感な人は注意が必要です。

こういった市販薬で治ればいいですが、あくまでも応急処置と考えて、サロンや病院に相談しましょうね。

まつげエクステによるアレルギー性結膜炎

2015-07-16c

まつげエクステによるトラブルや被害が急増する中、
エクステンションを自まつげに取り付ける際に使われる接着剤によって
アレルギー性結膜炎を発症する人が増加傾向にあります。

アレルギー性結膜炎とはその名のとおり、
まつげエクステで使われる接着剤に含まれる成分が原因で
アレルギーを引き起こし、目に結膜炎の症状が現れる状態を言います。

結膜炎の代表例としては花粉が原因で現れる目のかゆみや違和感、
充血などのアレルギー症状などが挙げられます。

まつげエクステで使用される接着剤の中には
アレルギー物質を含む製品もある為、
アレルギー体質の人がまつげエクステをするとアレルギー性結膜炎を発症してしまうのです。

また、まつげエクステで使用される人工毛が目に入って傷を付ける事によって
結膜に炎症が起こり、結膜炎を発症するケースもあるので、
まつげエクステを行う際は必ず信頼できるお店をチョイスするように心掛けることが大切です。