夏の時期に流行する感染症にアデノウイルスがあります。
アデノウィルスは、プールを介して、口や鼻、咽の粘膜、
または眼の結膜から入り込んで、感染します。

その為、プール熱と呼ばれる事もあります。

しかし、アデノウイルスの感染力は非常に強い為、
実際は咳やくしゃみ、糞便など様々形で、プールを介さなくても感染しますので、注意が必要です。

現在のところ、アデノウイルスには、効果的な治療薬やワクチンがないのが現状です。
その為、重篤な合併症を招く恐れがあります。

ですが特効薬がなくてもアデノウイルスによるウイルス性感染症は、
対症療法のみで十分治る病気が多いですので、諦めずに適切な対処を行うことが重要です。

そこで今回は、アデノウイルスに効くと言われる
アロマでの対症療法についてご紹介します。

アデノウイルスとは

2015-07-22b

アデノウイルスは、風邪の原因となるウイルスの一つです。
「アデノ」とは、腺と言う意味です。
アデノウイルスに感染すると咽の扁桃腺が肥大するという特徴があることから
その名がついたと言われています。

現在、アデノウイルスは血清型という分類法で、51種類に分かれています。
51種類のうち、3分の1は、病気になる事はないとされています。

咽頭結膜熱(プール熱)とは

アデノウイルスは、その種類によって、
引き起こす病気が異なるのが特徴です。

アデノウイルス感染症の代表的な病気に、
咽頭結膜熱(プール熱)があります。

その為、アデノウイルス感染症は一般的には、
咽頭結膜熱(プール熱)と言われます。

咽頭結膜熱を引き起こすアデノウイルスの多くは3型、或いは4型、7型です。

アデノウイルス感染症(咽頭結膜熱)の症状とは

アデノウイルス感染症(咽頭結膜熱)の代表的な症状は以下の通りです。

  1.  発熱(3~7日程、39度~40度の熱が続く)
  2.  咽頭炎(3~5日程、痛みを伴う)
  3.  結膜炎(痛み、痒み以外に目ヤニや涙が出る)

上記以外にも頭痛や食欲不振、倦怠感、吐き気、
腹痛、下痢などの症状が起こる場合もあります。

咽頭結膜熱(プール熱)の治療法とは

現在のところ、アデノウイルス感染症に効果がある抗ウイルス剤はありません。
その為、アデノウイルス感染症は対症療法のみとなります。

対症療法とは、発症する各症状に応じて、治療法を考える治療法です。
アデノウイルスの代表的な感染症である
咽頭結膜熱(プール熱)の対症療法の基本は以下の通りです。

  1. 安静にする
  2. 咽頭炎を緩和する抗炎症剤を服用する
  3. 結膜炎を緩和する点眼治療を行う
  4. 高熱を下げる解熱剤を投与する

関連記事
ヘルパンギーナとアデノウイルスの違いとは?
アデノウイルスから赤ちゃんを守るため、覚えておきたい大切なこと

アロマによる対症療法とは

そして、もう一つ効果的な対症療法があります。
それはアロマによる対症療法です。

アロマに使用されるエッセンシャルオイルには、
抗ウイルス作用があるとして、ウイルス感染症の治療に有効であると言われています。

エッセンシャルオイルは、非常に優れた殺菌効果がある為、
アロマセラピーを行うと空気感染を防ぐことで、
アデノウイルス感染症を予防する事が出来ます。

またアデノウイルス感染症にかかった後の症状の緩和にも有効となります。

柑橘系のエッセンシャルオイルには、リモネンと言う殺菌作用に
優れた成分が豊富に含まれていますので、ウイルスの感染防止には、特にオススメです。


参照:楽天市場

  1. レモン
  2. レモングラス
  3. グレープフルーツ
  4. オレンジスイート

上記のエッセンシャルオイルで、うがいや手洗いを行うと良いでしょう。
まとめて3種類のオイルを購入できるものがありましたのでご参考までに。

50ミリリットルのお水かお湯に2滴~5滴程のオイルを垂らして、
帰宅したらすぐにうがいを習慣づけましょう。
選べるアロマオイルのお求めはこちら

まとめ

2015-07-22a

未だ特効薬やワクチンがないアデノウイルス感染症の治療法は、
対症療法による治療のみとなります。

しかし、アデノウイルス感染症の多くは、
自然治癒力による回復が十分期待出来るとされていますので、
アデノウイルスに感染した場合、まずは安静第一にして、自然治癒を待ちましょう。

そして、殺菌・抗菌作用に優れたアロマエッセンシャルオイルを活用して、
アデノウイルス感染症を予防・改善させましょう。

また単に風邪と思いがちになることで、対処が遅れる場合がありますので
気になる症状や症状が重いと感じたら早めに医療機関を受診し、
医師の指示や処方を受ける事も大切です。