スキンケアに市販の化粧品ではなくキャリアオイルを使っている人が増えています。
キャリアオイルの中でも人気のあるアーモンドオイルは、これでアトピーが改善!
ではなく悪化する事もあるんです。

なぜアーモンドオイルでアトピーが悪化するのか説明していきますので、
アーモンドオイルを使う前に読んでみてください。

アーモンドオイルの特徴は?

2015-04-08-2b

アーモンドオイルは、アーモンドの種から取れるオイルです。
粘性があるオイルで、食用からスキンケア用まであり、
刺激が少ないので赤ちゃんや敏感肌の人でも使う事ができちゃいます。

アーモンドオイルにはスイートアーモンドオイル
ビターアーモンドオイルがあるんですが、
一般的にアーモンドオイルというのは、
スイートアーモンドオイルになります。

ビターアーモンドオイルからは、
キャリアオイル精油が作られますが、
精油の場合、作られる途中で青酸カリができて
有毒になってしまう事があるので、普通出回ってはいません。

ただスイートアーモンドオイルの場合は、
無毒で全く問題がないようなので安心して使ってください。

それに値段が高いオイルが多い中、お手頃価格なのも嬉しいですよね。

アーモンドオイルの効能は?

アーモンドオイルは、旧約聖書のような古い書物にも登場するんですよ。
それくらい昔から美容に、また薬として使われていたんです。

アーモンドオイルには、
ビタミンEリノール酸がたくさん含まれているんですが、
ビタミンEには抗酸化作用があり、アンチエイジングが期待できるんです。

また食用では悪玉コレステロールの酸化を減らす事ができ、
心臓病動脈硬化を予防出来るとされているんですよ。

それにシミの元であるメラノサイトが作られるのを抑えてくれたり、
紫外線が当たるとメラニンを黒くしていく
チロシナーゼという酵素が働くのも抑えてくれるので、美白効果だってあるんです!

伸びが良く炎症なども抑える働きがあるので、かゆみのある肌にも使えます。
一般的にはアトピー肌にも良いとされているんですよ。

アーモンドオイルの使い方はこちらの記事もご参考に♪

アーモンドオイルでアトピーが悪化するのは?

ではなぜ、アーモンドオイルでアトピーが悪化してしまうのでしょう。
これは、ナッツアレルギーに関係があります。

アーモンドはナッツ類になりますが、
ナッツはアレルギーを起こしやすい食べ物なんです。
一番多いのはピーナッツになりますが、
カシューナッツやクルミなどと一緒に
アーモンドもアレルギーを起こしやすいものと言われています。

酷い時にはアナフィラキシーショックを起こす事もあり、
子供だけでなく大人でも発症する事があるとされているんです。

この為、ナッツアレルギーの人が
アーモンドオイルを使うと肌に湿疹ができたり、
アトピー肌の人は悪化してしまう事がありますので注意が必要なんです。

最近ナッツアレルギーは増えているようですし、
ベビーマッサージでアーモンドオイルを使った事で、
赤ちゃんがアレルギーを発症してしまったというケースがあるんです。

赤ちゃんだけじゃなく、
大人も突然アレルギーになる事もあるので注意が必要です。
アーモンドオイルを使いたい時には、パッチテストなどを行いましょう。

またアーモンドを食べて口の中が痒くなる場合は、
口腔アレルギーが出ている可能性があるので、使用しない方が無難です。


アトピーに効果を感じている方もいますので
まずはパッチテストをして、使っても大丈夫かを確認しましょう(*^^*)

アトピーの人は使う前にチェック!

2015-04-08-2c

いかがでしたか?
一般的にはアトピー肌でも問題なく使えるアーモンドオイルですが、
悪化しちゃう事もあるってわかってもらえたでしょうか?

アーモンドアレルギーが増えているので、
アトピー体質の人はアレルギーがないかチェックが必要なんです。

ナッツアレルギーは、
ピーナッツの場合、結構重篤な症状になってしまう事があるようです。
アーモンドも心配ないかというと断言はできません。

またベビーマッサージを行う人も増えているようですが、
お母さんが大丈夫だからと、赤ちゃんに使うのも危険です。

それでアレルギーが発症してしまったケースがあるので、
必ずパッチテストしてくださいね。

アトピーの人でもテストして問題なければ、
アーモンドオイルは赤ちゃんからお年寄りまで使えるオイルなので、
安心してたっぷり使っても大丈夫!